« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

2011年を振り返って

Img_2465

2011年も残すところあと数時間。

日本においても世界においても、ありとあらゆる意味で激動の年だったのは言うまでもない。きっと何十年たっても「あの2011年」として記憶されることだろう。

日本を襲った災厄については特にここで語るつもりはない。

今の自分にとって出来るだけのことはしようとしたが、僕の中では「現実」ときちんと向かい合えていないという気持ちやわだかまりは強い。

僕が属する職業団体でボランティア登録もしたが、結局は声がかからないままだったし、それ以前に自分自身が体を壊して仕事を3週間も休むことになってしまった。

しかし、何をしたからと言ってこのわだかまりが消えることはないと思う。

仕事に復帰してからはがむしゃらに働いた。

僕としては、ただひたすらに自分の家族を守り、働き、納税をする、それだけができることだった。

夏以降、小学校5年生になる長男が中学受験をしたいと言い、塾へ通わせることになった。

中学受験は親としては特に勧めていなかったが、本人が挑戦したいと言い、進んで勉強しているところを手助けしないわけにはいかない。

自宅周辺の田舎には中学受験のための塾はなく、遠くの街まで送り迎えする生活が始まった。

仕事を終えてから車で長男を塾まで迎えに行く。往復2時間近く。

その生活が続くようになり、僕自身の時間はトイレと睡眠時間を除けば限りなくゼロになった。

この数カ月、映画(DVD)は1本も観ていない。本もほとんど読む時間がなくなった。

秋には両親に子供を預けて夫婦でコンサートに行ったが、3分の2ほど観たところで帰らなければならなかった。

仕事をし、家事をし、送り迎えをし、そしてまた家事をして仕事をして寝る。せいぜいトイレでFace BookやTwitterを見るくらいしか自分自身の時間は確保できない。

そうこうしている内に強い抑鬱気分にさらされるようになった。

秋以降、仕事の忙しさが増し、日中はほとんどトイレに立つこともままならないことも多く、それがさらに抑鬱気分に拍車をかけた。

そんな気分を晴らそうと色々と画策してみたが、どうにもならない。

ほとんど衝動買いのようにバイクを買い替えてみたが、乗る時間はなく(何とか慣らしをするために早朝や夜に走ってみたこともあった)、その費用を捻出するために時間外の仕事を増やしたことも却って事態を悪化させた。

一時は薬を飲むことも考えたくらいだが、わずかな隙間時間に短編小説くらいなら読めるだろうと、昔好きでよく読んでいた村上春樹訳のレイモンド・カーヴァーの短編を読みだしてから少し精神状態が良くなってきた。

子供のころから小説は好きだったが、小説にそんな「効用」があるとは思いもよらなかった。いや、頭では分かっていたが、自分自身がそのような経験をするとは考えてみたこともなかった。

たまの休みくらい子供たちを連れ出さずに自分が休むべきだと言われることもある。

ウチでは子供たちにテレビは見せないゲームもさせない生活をさせている(もちろん親もテレビは見ないしゲームもしない)。それでも彼らが一言も文句を言わないのは、その代わりにそれだけ遊びに連れて行っているからだというのが僕ら夫婦の見解だ。

子育てに「正解」はないだろうし、将来彼らがグレないという保証もない。いつか子供のころにテレビを見せてもらえなかったということを恨まれないとは限らない。

それでも彼らから反抗的な(反動的な)態度が出て来るまで、この生活は続けようと思う。

このブログはそもそも自分の趣味だけについて綴るつもりで7年前から書き始め、敢えて仕事や政治的なことを避けてクルマや音楽のことだけをテーマとしてきたが、ここ最近はほとんど子供のことばかり書いているように思う。

まあ、今の趣味は「子供」ということで特に不満はなく、基本的に自分自身のことは二の次でいいと思っているが、やはり自分自身の精神的な安定のためには常に前向きに自身の精神的な開拓をしていなければならないのだろうと思う。

「忙しい」ということにかまけて、仕事や(子供のことも含めて)人のことばかりをしていると精神的にシュリンクしてしまうのだろう。

もっとタフにならなければならないと思う。

タフになるというのは、自分のことが全くできなくても耐えられる精神状態のことではなく、どんなに時間がなくても、自分のことをする気力と時間を生みだすことだと思う。

来年は更に仕事を増やす予定だ。これ以上、どう増やすのだという問題もあるのだが、諸般の事情で増やさざるを得ない。

子供たちのことも更に忙しさが増すことになる。

どうやって乗り切っていくか。

まあやってみるしかないな。

スキーでレースをやっていた頃のスタート台に立つような気持ちで新年を迎えようと思う。

出走順が遅くてコースが荒れているかもしれないけれど、コースアウト・途中棄権だけはしないようにゴールを切りたい。

どんなタイムでもタイムが出なければスタートを切る意味がないからね。

| | コメント (9)

2011年12月25日 (日)

やったー!サンタがやってきた

Img_4091

25日の夜が明けると外はうっすらと雪景色。

空は晴れ渡り気持ちのいいホワイトクリスマスの朝!

Img_4147

我が家にもサンタさんはやって来ました!!

Img_4092
Img_4126

女子チームにはオルゴールの宝石箱。

Img_4132

男子チームにはスターウォーズのレゴ。

Img_4152

今年はお母さんにも!

Img_4184

お父さんには?

みんなの笑顔がプレゼントです(^^)。

| | コメント (2)

2011年12月24日 (土)

やったー!サンタがやってくる

Img_4053

今夜はみんな揃ってクリスマス・パーティー。

みんなで手を合わせて世の中の平和と幸せをお祈りして、いただきま~す!

Img_4042

お母さんが作ってくれたお料理は、サイコロステーキに煮込みハンバーグにふわふわ卵のキッシュ。

Img_4063

ケーキはお母さんの手作りのシフォンケーキに自分の好きなホイップクリームを載せて。

Img_4086

やったー!サンタがやってくる!

明日はみんな早起きだろうなあ。

| | コメント (0)

2011年12月23日 (金)

初滑り

Dsc01447

昨日の深夜に自宅を出てハチ北ゲレンデ駐車場で車中泊。今日はハチ北で今シーズンの初滑りをしました。

全てのコースが滑走可能ではありませんでしたが、リフトの動いているコースではブッシュもほとんど見られず、気温が低くて雪質も良好でした。

ずっと雪が降りっぱなしで、それがちょっと辛かったですが。

今回はとうとう3歳の次女がスキー・デビュー。

すぐに泣きべそをかいてやめるかもと危惧していましたが、割と果敢に挑戦しておりました。

意外に上手に板の中央に良い姿勢で立つので感心。

早く上手になってお兄ちゃんお姉ちゃんについて行こうね!

Dsc01442

| | コメント (4)

2011年12月21日 (水)

今年もこの季節が来ました。

Dsc_0074

極寒の夜中のガレージでワキシング。

あぁ~、時間がない。スクレイプは明日の昼休みだ。

今年は忙しくて滑走日数も多くなさそうだから、ホット・ワキシングは今回とシーズン最後だけにして、なるべくペースト・ワックスで乗り切ろう。

しかし、毎度5本(近いうちに6本に・・・)やるのはつらいなあ。早く子供たちもチューンナップを覚えてくれないものか。まだ5-6年先にはなるだろうなぁ。

| | コメント (0)

2011年12月19日 (月)

Heart Beat Club Band 練習~忘年会

Dsc_0071

週末(土曜日)の夜は、久しぶりにバンド練習。

東京に転勤中のベーシストも駆け付け、久しぶりに4人でセッション。

僕は今回はEVHを持参。

とにかく弾きやすいギターなので、ブランクがある時や思いっきり弾き倒したい時には最適。

グチャグチャに弾きまくってストレスを発散。

練習の後は忘年会。

今年も4人でカプセルホテルを予約して、オールナイトロング。

と行きたいところだけど、酒の弱い僕は日付の変わる頃にリタイヤ。

リズム隊の2人は2時まで飲んでいたみたいだけど。

みんな忙しくてまたしばらく逢えないけれど、今回は長らくなかった新曲も決めたし、また来年ものんびりやりますか。

社会人バンドは続けることに意義があると言うことで。

| | コメント (0)

2011年12月10日 (土)

皆既月食

Img_3966_2Img_3993_2

天気にも恵まれて素晴らしい天体ショーでした。

あまりの寒さに三脚で撮ってもちょっとブレちゃってるけど、そそくさと引き上げました。

でもホント星も月もきれい。

| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »