« 東北地方太平洋沖地震によせて | トップページ | 次女3歳の誕生日 »

2011年3月13日 (日)

東北地方太平洋沖地震によせて~未曾有の災害の時に

次々と映し出されてくるテレビ画面を目にし、新しい情報が入ってくるたびに、暗澹たる気持ちになる。

今「安全なところにいる」僕らにできることは、自分たちのできる範囲内での支援をすることと、自分たちのこれまで通りの生活を粛々と続けることだろう。

もちろん色んなことを「自粛」しないといけないだろうし、節電や節約が必要な時と場所においては、そういったことを最大限努力すべきだろう。

けれども、行きすぎた「自粛」や、これまで通りの生活を続けようとする人たちを非難することが、日本全体にとって良いはずはない。

オール・ジャパンで苦しんでいる人たちをサポートしていくためには、経済活動を停滞させる方向に向かうのは好ましくないだろうし、国全体の活気を損なう空気を作ることも好ましくないだろう。

今の生活を元気良く継続することが、ひいては被災者たちのためにもなることを信じて毎日を送りたい。

今日の内田樹氏のブログを読んでそう思った。

|
|

« 東北地方太平洋沖地震によせて | トップページ | 次女3歳の誕生日 »

日々雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東北地方太平洋沖地震によせて | トップページ | 次女3歳の誕生日 »