« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月30日 (木)

2010年を振り返って

Img_7097

2010年も残すところあと2日。

例年通り、なるようになったことも、なるようにならなかったことも沢山あった。

仕事面では、今年も昨年に引き続いて、基本的に頼まれた仕事は断らない姿勢で、内田樹氏の言うところの「オーバーアチーブ」に当たる仕事に積極的に当たった。

いわゆるボランティアという範疇に入る仕事だ。

こういった仕事は、近くの人たちからよりも遠くにいる人たち(居住圏外に住んでいる人たち)に評価される傾向があり、それはちょっとしたジレンマだったが、地元のメディアでも取り上げてくれたし、これから徐々に遣り甲斐が出てくることを期待したい。

けれども秋口からはこういった仕事が忙しすぎて少々体調を崩した。

その他にも人前で講演をする仕事などをいくつか引き受けたので、子供たちを寝かしつけてから深夜まで仕事をすることも多かった。

結局、家事や子供たちの相手をする以外の時間はほとんど仕事をしていたような気がする。

せいぜい週に1-2回、夕方の隙間時間にバイクに乗ることくらいがストレス発散法だった。

今年は読んだ本も観た映画も極端に少なかった。

本は、もう少し隙間時間をうまく使えば読めるはずなので、そこは一番の反省点か。

最近、子供たちが競い合って「子供文学全集」なんかを読んでいるので、示しがつかないな。

プライベートでは、今年も子供たちとよく遊びに行った。

週末はほとんど出ずっぱりなので、仕事疲れを休める間もなかったけれども、これは無理をしているというより、そういう性分なのだから仕方ない。

何にもしない週末なんてもったいない。何もしないのなら、どっかに出かけて、そこでのんびりしようってね。

そんな訳で、思い切ってキャンピングカーを買った。

おかげで貯金は底をついてしまったけど、土曜の仕事が終わるのがいくら遅くても、子供たちとたっぷり遊べるようになった。

子供たちにとっては寝ている間に別世界に連れて行ってくれる魔法の車だ。

我が家ではキャンカーで連泊することはまずないので、居住空間というより、外に出かけるためのフットワークを軽くする道具といったところ。

本当に思い切った買物だったけど(そのために色々と諦めたことも多かったけど)、改めて買って良かったと思う。

今年は音楽活動にも力を入れるつもりで色々と準備だけは整えていたが、こちらに廻せる時間はほとんどなかった。

人前で演奏をしたのは、6月に誘われてEagles Sessionに参加した時くらいだ。

これは来年も課題だな。中学生の時から思い出してみると、音楽活動をしなかったのは浪人していた時くらいだもの。

来年はどんな年になるかな? いや、どんな年にしようかな。

公私共にもっともっと忙しくなるだろうから、とにかく時間の使い方を上手く考えることが一番の課題かも。

今年お世話になった皆様、本当にどうもありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、我が家はこれからスキー合宿だ(笑)!

| | コメント (0)

2010年12月29日 (水)

今年買ったバイク・グッズ

今日でやっと仕事納め。

11月頃からは忙しくて、あまりバイクに乗られなかった。
寒い時のライディングは結構好きなんだけど。

9月にはムルティストラーダの車検を通した。
乗り換える気になるほどに他に魅力を感じた車種もなかったし、そもそも予算の目途も立たなかったし。

で、3年ぶりにヘルメットだけ買った。生涯5個目かな。
SHOEIによるとヘルメットの寿命は3年(!)ということらしいので、20数年バイクに乗って5個だから、結構長く使っている方か。
そのうち3個は今も使っているし。

その3個はSHOEIばかりで、マルチシステムタイプのMULTITEC、オフロードタイプのHORNET、と今年買ったフルフェイスのX-TWELVE

Img_9045

3つのヘルメットを比べると

便利さはMULTITEC>>HORNETX-TWELVE

軽さはHORNETX-TWELVEMULTITEC

風切り音はX-TWELVEMULTITECHORNET

空力特性はX-TWELVEMULTITEC>>HORNET

といったところ。

X-TWELVEMULTITECと比べると軽いけれども、風切り音はそんなに大きく変わる印象はなかった。長距離になると疲れが違うという話も聞くけど。

そういう意味では、MULTITECはマルチタイプのヘルメットとしてはかなり健闘していると思う。何と言ってもヘルメットをしたままデジイチが使えるのはありがたい。

それから、以前から使っていた有線のライドコムをオークションに出して、ブルートゥースのB+COMというのを買った。

Img_9121

ほとんど携帯電話と音楽を聴くのにしか使っていないけど、音は非常にクリアで、接続も楽。

充電池もかなり長持ちするし、これは買い替えて良かった。

そして、ブーツのインソールがへたったので、アウトドアの専門店で買ったSUPER feetというのを入れた。

Img_9050

これが思いのほか良かったので驚いた。

初めは安いペラペラのやつを買うつもりで、間違えてこのSUPER feetのサイズ合わせ様サンプルをレジに持って行き、値段を聞いてびっくりしたが、せっかく合うサイズを探しだしたんだし、まあいいかと思って買った。

歩きやすいし、足裏の操作が実にし易い。

スポーツ選手の靴ややトレッキング・シューズに使われていることが多いようだけど、謀らずしてライディングにも適していることが分かった訳だ。

これはお勧め。

| | コメント (2)

2010年12月28日 (火)

最近聴いたアルバムから 「Clapton」 「Guitar Heaven」

最近は新譜をじっくり聴くことが少なくなったけど、今年は後半に斉藤和義とスピッツの新譜に加えて、この2枚をよく聴いた。

51jous2g6fl__sl500_aa300_ 「Clapton」 Eric Clapton

言わずと知れた神様からのお届け物。

商業主義だの、下手くそだのアマゾンでは散々な言われようだけど、クラプトンがソロ1作目以来40年ぶりにアルバムに自分の名前を付けたんだから悪かろうはずがない。

たしかにブルーズマンが聴いたら、ジャズマンが聴いたら、笑っちゃうかもしれないけど、「枯葉」のソロの頭の「チョーキング(!)」を聴いてクラプトンだと分からないロックファンはいない。オレは素直に気持ちいいぞ! このソロ。

最初は何だかしっくりこなかったこのアルバムも、車の中で繰り返し聴いていたら、ここ最近のクラプトンのアルバムの中ではベストのような気がしてきた。

ドイル・ブラムホールIIのギターは巧いと思ったことはないけど、プロデューサーとしては結構やるじゃん。

ロックとかブルーズとかジャズとか、どうでもいいんだよね。

ジャンルは「クラプトン」です。

妙にほっこりします。

それでいいんです。

519hzphelgl__sl500_aa300_ 「Guitar Heaven」 Santana

これも結構評価が分かれているけど、ボクは好きです。

単なるコピーとか何とか言われているけどね。

クラプトンと共通して言えることは、ほんの一音のトーンを聴いただけで、サンタナだと分かること。

これだけ説得力のある音が出せれば、曲なんて何でもいいんです、って極論だけど。

どの曲を聴いてもゲストボーカリストはみんな上手いんだけど、誰も印象に残らない。みんなギターのトーンに喰われてるから。

それでもって、僕の好きな往年のロックの名曲で埋め尽くしてくれたら、なかなか聴き飽きませんよ。何度も何度も聴いています。

| | コメント (0)

2010年12月26日 (日)

今シーズン、スタート!

Img_0894

昨日のクリスマスパーティーの後、みんなでキャンピングカーに飛び乗って、子供たちはすやすや寝ながら、夜中の内に着いたのはハチ高原

夜の間、すごい吹雪で車が揺れる揺れる。

それでもFFヒーター全開の車内は暖かく、朝7時までグッスリ。

朝焼けを見ながら、スキー場を見渡してみると、全体的に雪化粧はされているものの、やはり滑走できそうなのは人工降雪コースのみ。

Img_0896 Dsc00897

日中も結構な吹雪で寒い寒い!

一日中雪が降ったりやんだりの天気だったけど、風が強すぎて積もらないみたい。

昨シーズンで終わりになるかと思っていた次女をおぶってのスキーは今シーズンも何とかできそう。このところものすごい大食漢と化しているものの、去年に比べると体重は3Kgも増えていない。

ただし、以前と違って「寒い~、お家に帰る~」と叫ぶようになった(笑)。
そりゃ寒いよね。ごめんね。

それにしても今日は寒過ぎ。

3時ごろには全員引き揚げて、但馬楽座で温泉に入って帰った。

今シーズンはこんな週末が続く予定。

| | コメント (2)

2010年12月25日 (土)

クリスマス

Img_0865_2

サンタさんは、男子チームにでっかいスターウォーズのレゴ(リパブリック・アタック・ガンシップ)とダースヴェイダーのTシャツ、長女には真っ赤なコート、次女にはミニーマウスの携帯電話をプレゼントとして置いて行きました。

子供たちは朝4時から起きていて、眠い眼をこすりながらプレゼントを開けている。

サンタさんは子供たちが用意したラスクを食べて「ありがとう」って言って帰って行ったみたい。

Img_0860Img_0849Img_0892

ディナーはステーキにラタトゥーユ。ケーキはお母さんの手作りのシフォンケーキとガトーショコラ。

Img_0876Img_0882

| | コメント (0)

2010年12月24日 (金)

クリスマスイブ

Img_0844_2

サンタさん来るかな?

| | コメント (0)

2010年12月23日 (木)

子供会のクリスマス会

Img_0804

今日は子供会のクリスマス会。

今年は、この地元出身の方だが、宝塚を中心にして、ご夫婦で腹話術や南京玉すだれや皿回しやと多彩なお笑いをいろんな施設に届けていらっしゃる「ひまわり座」のお二人をお呼びした。

普段は敬老会やデイサービスなどで高齢者を対象に芸をすることが多いそうだが、今日は40名余りの子供の前で1時間以上も色々な出し物を見せてくださり、幼稚園児から大人まで大受けだった。

Img_0818

僕はクリスマスツリーになって司会進行。

ビンゴゲームや食事会の後、昨年に引き続いて偽サンタになって、プレゼントを配った。

何だか妙に疲れた。

| | コメント (2)

2010年12月21日 (火)

同窓会

Img_0437

年に一度、予備校の同期の仲間4人が、全員の両親や配偶者・子供も入れた家族ぐるみで同窓会をしている。

もうかれこれ四半世紀も続いているこの不思議な会を立ち上げた、友人の御母堂がご病気で亡くなって15年。

今年はその友人の御尊父もご病気で鬼籍に入られた。

昨年の会には、もうそれが最後の挨拶だと思われたのだろう、闘病中に病院を抜けて顔を見せてくださった。

僕はその後、一度だけお見舞いに行くことができ、その時に昨年の会の集合写真をパネルにしてお届けした。

その写真の原版は僕の手元にあるが、友人・子供・孫たちに囲まれて(総勢24人! 4人の18歳の浪人生が出会った頃には想像できたろうか?)、静かに笑みをたたえておられ、既に達観されていたかのようにも見える。

毎年、長い文章だけで綴られる年賀状を頂いていたが、もうそれも届かなくなった。

僕らが通った神戸の予備校も5年前に閉鎖したと聞く。

今年は、その友人のご両親を偲んで、第1回の会が開かれた神戸ポートピアホテルで会を行った。

毎年持ち回りで、4年に一度幹事が回ってくるのだが、今年は大阪に住む友人夫妻がこの会を企画してくれた。

Img_0753

今年集まったのは22人。

皆の予定がなかなか合わず、12月に入ってからの開催となったが、子供たちにはささやかなクリスマスプレゼントもあり、僕たち・妻たち・子供たち・両親たちが銘々に心から楽しめる会だった。

いつまでも話の尽きない僕らを尻目に、子供たちは少々あきれ顔だった様子。

Img_0766

来年は僕ら夫婦が幹事。

どんな会を企画しようかな。

| | コメント (0)

2010年12月12日 (日)

キャンピングカー・クリスマスオフ

Img_0417

アネックスというキャンピングカーのメーカーのオーナーさんたちが主催するメーリングリストでクリスマスのオフ会が催され、お誘いを受けて行ってきました。

会場は赤穂市立野外活動センター

Img_0367

お菓子の交換会があったり

Img_0390

超豪華商品のビンゴで大いに盛り上がり

Img_0393

子供たちはそれぞれお気に入りの賞品をゲット!

あまりに参加人数が多すぎて、誰が誰やらよく分かりませんでしたが、僕は美味しいお酒も頂いて、キャンピングカーの中でシャワーを浴びて、朝までグッスリ。

Img_0419

土曜日は雨模様だったけど、翌朝はいい天気。

海の向こうに見えるのは家島。素晴らしい眺め。

スタッフのみなさん、ご苦労さまでした。お世話になり、ありがとうございました!

| | コメント (6)

2010年12月 8日 (水)

Nobody Told Me

このビデオ、よく出来てますよね。

Nobody told me there'd be days like these

ときどきこんな風に思うことがあるけど、僕らはがんばって生きていくよ

今夜はまたため息をつくかもしれないけど

あしたの朝にはもう一度ねじをまいてね

Strange days indeed !

| | コメント (0)

2010年12月 7日 (火)

七五三の写真撮影

Img_0332

長女が数えで7歳、次女が数えで3歳ということで、七五三の写真撮影をしてきた。

七五三というのはもともと関東の地方風俗だそうで、そういえば自分もしてもらったことはない。

お参りはしなかったけど、せっかく女の子2人がそろう歳だし、写真だけは撮ることにした。

12月に入ると写真屋さんも空いてて安いし。

控室で緊張の面持ちの次女を撮っていたら、「撮影はご遠慮ください」と言われた。

そりゃそうだ。写真屋だもんな。

というわけで、次女の写真しかない。

写真は生データ(といってもJpegだろうけど)を貰う契約にしたので、年賀状に使えるかな。

| | コメント (4)

2010年12月 6日 (月)

ひょうご子どもの作文と詩コンクール表彰式

Img_0259

次男が夏休みに書いた詩が、ひょうご子どもの作文と詩コンクールで入賞し、表彰式に参列してきました。

Img_0275

入賞作品集にはイラストまで入れてもらえて、なんだか感動しました。

| | コメント (2)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »