« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月28日 (火)

神鍋高原

Img_8770

先週土曜の夜は道の駅「神鍋高原」で車中泊。

僕が夜に子供会の会合に出ている間に、子供たちは待ちわびてキャンピングカーの中ですでにスヤスヤ。

起こさないようにそっと移動して、夜中に到着。

目覚めれば高原!

Img_8777

午前中は、例によって車中で宿題をして、のんびり散策をして過ごす。

Img_8778

神鍋山の噴火口を覗く。

Img_8783

神鍋山の頂上から北側に降りて

Img_8785

午後からはグラススキー。

僕もグラススキーは20年ぶり。

板(キャタピラ)は重く、雪上のスキーよりはるかに難しい。

板をズラして滑ることができないので、滑りにごまかしが効かないし、とにかく足が重いので脚力がないと滑られない。

子供たちはすぐに音を上げると思いきや、なんのなんのしっかり滑っているし、コケない!

冬に鍛えただけのことはあったね!

Img_8801Img_8819

道の駅で夕食を摂り、隣接する温泉に入って帰宅。

子供たちは、また来る気満々のよう。

今度はグラススキーをメインで来るかな。

| | コメント (2)

2010年9月23日 (木)

赤松PA~木下大サーカス

Img_8709

昨日は仕事を終えてから、夜の内に中国道赤松PAに移動。

赤松PAは下りの方がリニューアルしたばかりできれいだけど、今回は上りで車中泊。

自宅から30分ほどで行ける所なので、別に夜の間に移動しなくても良いのだけど、そこは旅行気分ということで。

Img_8710

朝から雨模様だったけど、早くに起きて子供たちは車中で宿題もして、PAで朝食。

有名な赤松コロッケ定食を。

やっぱり揚げたては家に持って帰って食べるより美味い。

Img_8715

それからイオンモール神戸北に移動して、そこの特設会場で開催されている木下大サーカスを観る。

Img_8744Img_8757

約2時間もの間、間断なく次から次へと、ありとあらゆるショーが繰り出されてくる。

飽きの来ない演出と驚愕の技の数々は、世界3大サーカスを謳うだけあって素晴らしい。

僕が子供の頃に観たことがあるオートバイが球状の網の中を走り回る芸は、今も木下サーカスの売り物のようだけど、走り回るバイクが3台にパワーアップされていて、さらにビックリ。

| | コメント (2)

2010年9月22日 (水)

紀ノ川SA~せんなん里海公園

Img_8659

19日(日)は運動会が終わると子供たちをシャワーに突っ込んで、キャンピングカーのディーラーへ。

発電機の搭載と先週壊してしまったサイドオーニングの修理が完了。

車を受け取って、近くのラーメン屋で夕食を摂り、阪和自動車道に乗って、紀ノ川SAへ。

奥の方のサブお手洗いエリアが、アイドリングしっぱなしの大型車や本線の騒音から離れて静かで快適で、そこで車中泊。

朝は7時から焼き立てのパンを売っているし、「たこばやし」のたこ焼きや、柑橘類の特産品がいっぱいで、朝から胃が持たれそうなくらい食べまくる。

Img_8682Img_8686Img_8691Img_8701Img_8704

その後は和歌山ICでUターンして、せんなん里海公園へ。

海水浴シーズンには賑わうだろう公園も比較的空いていて、遊具でたっぷり遊ぶ。

とにかく広くて、遊具も大きくて、海はあまりきれいじゃないけど、小学生以下なら一日十分楽しめる公園。

ビーチ・バレーの試合会場としても有名みたい。

人工磯浜が整備中で立ち入り禁止だったのはちょっと残念。

| | コメント (0)

2010年9月21日 (火)

運動会

Img_5278_2Img_5368

APS-Cの方が距離的に有利かと思ってKX2と5D2の2台体制で撮ってみましたが、フォーカス性能の歴然とした差が分かっただけでした。

3.9枚/秒で、動きものよりは風景にといった印象の5D2ですが、子供の動き程度なら十分。

ちなみに前回の写真が5D2で、今回がKX2。

KX2では、動く子供に対してなかなかシャッターが降りず、思った瞬間を収められないことが多数。

| | コメント (0)

2010年9月19日 (日)

運動会

Img_8560

| | コメント (0)

2010年9月18日 (土)

山下達郎 Performance 2010

Dsc00840

夢のような3時間。

今回も達っつぁんに心底楽しい時間と暖かい励ましを貰いました。

詳細はまた後日。

| | コメント (0)

2010年9月15日 (水)

五代松鍾乳洞

Img_8435

先週末の土曜日は、午後から奈良の道の駅「吉野時黒滝」へ。

Img_8441

川のほとりで川遊びも出来るロケーションだけど、僕らが着いた夕方には閑散としていた。

Img_8436

道の駅で夕食を摂って、すぐ隣の温泉で汗を流して、車中泊。

Img_8451

翌朝早くに、天川村洞川に移動し、今回の目的の五代松鍾乳洞へ。

鍾乳洞の向かいは、名水百選にも選ばれている「ごろごろ水」の汲み場があり、早朝から水を求める車で渋滞。

業者が汲みに来ているのか、20リットル・タンクを何十個も積んだバンで乗りつける人も。

Img_8453

さて、五代松鍾乳洞。

入口まではご覧のようなミカン山などに設置されるトロッコ(モノレール)で移動する。

Img_8459

このトロッコ、草刈り機のような小さなエンジンで、ウチの家族6人+大人4人を乗せて、30度以上はありそうな山の斜面をグイグイ直上していく。

スピードはゆっくりだけれども、ちょっとしたジェット・コースター並みにスリルがある。

Img_8471

鍾乳洞内はさほど険しくはないものの、次女をおぶって通り抜けると、次女の頭を打ちそうになることもしばしば。

ヘルメットを着用した頭を何度もぶつける。

Img_8485Img_8492Img_8506

蝙蝠も飛び交う見事な風景に感嘆しながら歩き続けると、入口からは10メートル近くも登ったところにある出口に出る。

Img_8507

鍾乳洞の後は道の駅「吉野路大塔」に移動。

ここでちょっとトラブル発生。

通り道の洞川温泉街の細い道で、対向車をよけてすれ違う際に、古い温泉宿のトタン屋根とキャンピングカーのサイド・オーニング(可動式の庇)が接触。

トタン屋根の被害は僅かなもので助かったものの、サイド・オーニングが破損。

発電機を設置する予定で、どのみち帰途にディーラーに車を預ける予定だったので、タイミングとしては悪くなかったけど(笑)、参った参った。

Img_8526

吉野路大塔はバイカーたちのメッカ。

爆音を聞きつつ(旧車会の連中はちょっと自重して欲しいが・・・)、となりの芝滑りで遊ぶ。

この道の駅はプラネタリウムもあるようで、また時間を作って来てみたい。

Img_8530

| | コメント (2)

2010年9月10日 (金)

バイク三昧

Img_8433

ムルティストラーダを車検に出している間、TT250Rで似非モタード乗りを練習していたら、すっかり嵌ってしまった。

もちろん、パワースライドするわけでもカウンターを当てるわけでもないけど、思いっきりリーンアウトしながらフロント加重~リア加重に体重移動させつつクルクルやっている。

車検後のムルティも絶好調で、今度は似非ハングオフでドコドコやっている。

Img_8428_2

懲りもせずに昼休み(夕休み)の20分間走り回っては、また仕事を再開するという毎日。

台風が過ぎて、ちょっとだけ秋の気配も感じられるようになってきた。

近所の稲刈りは今がピーク。

| | コメント (3)

2010年9月 6日 (月)

先週末

Img_8378

土曜日は午前の仕事がようやく2時ごろに終わり、それから大急ぎでキャンピングカーに子供の自転車とおやつを積んで、近所の公園に。

あまりの猛暑に、ほとんど誰もおらず、広大な公園は貸し切り状態。

でも、こんな風に、水遊び場ではちゃんと水が流されていて、子供たちには暑さは関係ない様子。

こうやって写真だけ見ると、日本じゃないみたい。

Img_8395

夕方に子供たちを風呂に入れた後は、高速の渋滞を避け、バイクで大阪へ。

久しぶりにバンド練習。

今回は、ギターはスタジオで借りたパシフィカ。

SSHでお手軽に弾くには悪くない。

Dsc00748

夜の11時に練習を終え、そのまま居酒屋へ。

僕は翌朝早くから大阪で仕事。他のメンバーと一緒にカプセル・ホテルで一泊。

日曜日は朝7時半にホテルを出て、夜まで仕事。

何とも目まぐるしい週末。

| | コメント (2)

2010年9月 2日 (木)

バイクに乗るのが楽しいぞ! 内圧コントロールバルブ・インプレ

Img_8321

前述の内圧コントロールバルブ。

これを着けてからバイクに乗るのがいっそう楽しい。

エンジンを回すのが面白いと書くと、高回転・高速での面白さかと思われるかもしれませんが、コーナーの立ち上がりで、アクセル全閉から全開にする時の滑らかさが気持ち良く、別に飛ばしていなくても、低速からその面白みが味わえます。

比較的大柄な割にはコーナーでのヒラヒラ感が味わえるムルティストラーダ。それが尚いっそう際立って、コーナリングが楽しい楽しい!

Lツイン独特の中・低速でのドコドコした鼓動感は少し減るけれども、低速トルクが削がれる印象はなく、特にネガティブなところはないように思います。

もっと早く着けときゃよかったなあ。

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »