« 長崎旅行 | トップページ | 柚こしょう »

2010年8月20日 (金)

島原~雲仙~再び長崎市

Img_8076

翌日は島原へ。

Img_8060

島原城の天守閣からは、西に雲仙の眉山。

Img_8061

東には海を挟んで阿蘇山を臨む。

Img_8059

お昼は島原名物の具雑煮。名店「姫松屋」にて。

これが予想以上に美味い!!

ちょっと甘い味付けの雑煮。

結構な混みようだったけど、客の回転が速く、すぐに食べられた。

まあ、昔のファースト・フードみたいなもんだしね。

Img_8079

昼からは雲仙岳災害記念館へ。

Img_8081

あの火砕流・土石流は今もなお記憶に新しい。

43人もの人命を奪い、多くの人々の生活を奪った。

改めて、自然に対する畏怖と、自然と闘い自然に寄り添ってきた人間の努力と叡智に思いを馳せる。

Img_8105

仁田峠に登る。

Img_8119

先の噴火の溶岩ドームで出来た平成新山。

いまだ火砕流の跡も生々しい。

山頂は天候が悪く、ほとんど雲を被っていた。

Img_8134

ロープウェイで雲仙妙見岳山頂へ。

山頂はすっかり雲の中。

その夜は雲仙の西へ降りて、小浜で食事と温泉。

車中泊のガイドに載っていた海岸沿いの駐車場で寝ようとするが、走る車と花火をしに来る人の喧騒に追い出されて、再び雲仙へ。

雲仙温泉の駐車場で車中泊。静かで涼しく快適。

明け方は窓を開けていれば寒いくらいだった。

Img_8145

長崎最後の日。

島原から再び長崎市へ。

Img_8156

最後に龍馬ゆかりの地に行きたいという子供たちのリクエストに応えて、ひたすら坂を登る。

汗だくで辿り着いた「亀山社中跡」。

入館者は長蛇の列で、外回りだけ見る。

Img_8161

龍馬もここから長崎を見下ろした?

亀山社中跡の隣にある龍馬ぶーつ像から市街を臨む。

その後は平和公園横の和泉屋で昼食とお土産。

つい長崎に長居し過ぎた。

フェリーの時間が迫る。

Img_8171

大慌てで、長崎道~九州自動車道の復路200km。

新門司港からフェリーに乗る車は、大阪南港で見た車よりはるかに多かった。

Img_8192

予定時間に遅れて出航。

さよなら九州。さよなら長崎。

長崎の皆さんありがとう。元忍者N君一家ありがとう!

Img_8201_3

朝焼けの中に大阪南港が見えてきた。

帰宅すれば僕はそのまま仕事へ。次女はそのまま保育園へ。他の子供たちは宿題をして・・・

いつもの毎日が待っている。

|
|

« 長崎旅行 | トップページ | 柚こしょう »

キャンピングカー」カテゴリの記事

日々雑感」カテゴリの記事

コメント

どもです。 家族全員での長崎旅行お疲れさまでございました。
ひさしぶりに皆さんに会えてうれしかったですよ〜
ホントはゆっくり酒でも酌み交わしたかったのですが、またの
楽しみにとっておきましょう。
島原も結構楽しんでいただけたようで安心しました。
具雑煮は結構おいしかったでしょう?
いろんな具材から良い出汁がでてるんですよね。
私もたまに食べたくなってふらりとでかけたりします。
こりずに、また遊びにきてください。
皆さんのまたの来崎をお待ちしてます。  ニンニン

投稿: 元忍者 | 2010年8月21日 (土) 10時52分

元忍者殿

この度は本当にお世話になりました<(_ _)>
子供たちも大喜び・大満足の長崎行脚でした。

具雑煮の味は忘れられません。
ただの雑煮と侮って、足をすくわれました。

また、行きますよ!
長崎はこれが5回目(かな?)ですが、何度行っても新しい発見のある大好きな街です。

ありがとう!
ご家族にもよろしくね(^^)

投稿: akamatsu | 2010年8月22日 (日) 00時23分

おお~実現したのですか!
忍者様GWに続き地元観光名所ご案内お疲れさまでした。
マティ家の子供たちの馬力に対抗できたかな?

行きも帰りも名門大洋使ってくれてありがとマティ♪
フェリー最高!九州最高!長崎最高!

投稿: しっぽ | 2010年8月26日 (木) 16時32分

しっぽさん

忍者殿には世話になりっぱなしでした。
子供たちもすっかり忍者殿になついておりました。
感謝・感謝です!

フェリーの旅は独特の旅情があって大好きです。
がんばれ名門大洋!

投稿: akamatsu | 2010年8月26日 (木) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長崎旅行 | トップページ | 柚こしょう »