« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月25日 (火)

たこ焼きパーティー&「アバター」

Img_6513

昨日は前日から降り続いた雨で大雨洪水警報が出て、幼稚園・小学校は休み。

大雨の降り始めた日曜日は、家族全員ウチにこもって、のんびり。

まずは、たこ焼きパーティー。

最後の方はタコが余ったので、ひとつのたこ焼きにいくつもタコが入っている豪華版。

昼ごはんとなったたこ焼きは、夕食にも、翌朝の朝食にも登場しましたが、温めなおしたものでも子供たちは大喜び。

Img_6520

午後からは数日前に借りてきていた「アバター」を観賞。

2時間40分余りのこの作品、子供たちも退屈することなく観通せたのは驚き。

我が家では155インチの大画面ではあるものの、話題になった3Dではなく、2D画面。

でも、外は大雨だし、大音響にして観賞。結構な迫力でした。

作品は、よく言われているように、「もののけ姫」なんかの世界観の影響を強く受けたものでしたし、あからさまにアフガン戦争・イラク戦争を反映したものではありましたが、万人に受け入れやすいように仕組んでいくキャメロン監督の構成には脱帽でした。

異形の「パンドラ星人」たちの描き方は、あくまでも「地球人」の眼を通して作られたものにすぎないのですが、それも確信的で、「地球人」である観客が不快感を覚えない程度に「異形」に作られていて、やがて観客が「異形の者」たちに自然に感情移入していくように仕組まれています。何だかんだ言っても、観る者のほとんどが、キャメロン監督の術中に嵌められている訳です。

「パンドラ星人」の描き方って類型的過ぎて創造性が低いなあと思ってしまった僕の完敗。

| | コメント (0)

2010年5月20日 (木)

誕生パーティー

Img_6478

僕の好きなチョコレート・ケーキと長女が作ったハートで。

僕はどちらでもよかったんだけど(笑)、子供たちはパーティーをやるのが当然だったみたいで、急遽、外での仕事を切り上げて帰宅。

家内は知らない間にプレゼント(財布とTシャツ)を買ってくれていた。

みんなありがとう。

| | コメント (4)

2010年5月18日 (火)

45歳

Img_6469

今日で45歳。

5年前には今日の自分は想像できていなかったな。

せいぜい2割程度かな。予想と違わないところは。

良いとも悪いとも言うつもりはないけれど、予想と違う今を生きているのなら、また先が楽しみだということにしておこう。

| | コメント (2)

2010年5月17日 (月)

隠岐結結

Img_6467

隠岐の島で買ってきた”はっさくリキュール”「隠岐結結」。

隠岐の島は、はっさくの最北端の産地だそうです。

この4月に発売されたばかりの新作のようですが、わずかな甘味と酸味と苦味が混ざり合ったすっきりした味わいで美味しかった。

話のタネに買ってきたのだけれど、また取り寄せてもいいかも。

でも、分量から考えると結構値が張るね。

| | コメント (0)

2010年5月16日 (日)

PTAのリサイクル活動~公園~図書館

Img_6402

今日は朝早くからPTAのリサイクル回収活動。

僕は家内と軽トラを借りて、回収地区内をグルグル。

子供会会長として準備がいろいろ大変だったけど、沢山の人が協力してくれて、思いのほか早く終了。

あまりにいいお天気なので、子供たちにはドラゴンボールを見せておいて、ちょっとひと回り。

すっかり田植えも終わり、新緑が目に眩しい。

Img_6400Img_6444

昼からは子供たちを連れて近所の公園へ。

Img_6414Img_6460Sh3g0017

公園の後は図書館。お決まりのコース。

遠出はしなくても、充実の日曜日。

| | コメント (2)

2010年5月10日 (月)

母の日

Img_6316

昨日は母の日。

午前中、西宮神社会館でちょっと仕事があったので、家族全員を連れて行って、仕事中はその付近で遊ばせて

その後、甲陽園にある僕ら夫婦が結婚式をしたレストランで食事。

ここ最近はせいぜい年に一度くらいしか行っていないのだけど、ずっと僕ら家族の写真を店内に飾っていてくれて、行くたびにお土産まで持たせてくれる。

奇妙な縁で、ここで結婚式を挙げたのだけど、今ではその縁に感謝している。

Img_6275

ランチとは言え、コース料理を取るにあたって、一番心配だったのがこの人。

僕らが分け与える料理はほとんど食べてくれなかったけれど、ご覧の通り、始終フランスパンをかじって、割と大人しくしてくれていた。

しかし、まあ、この悪たれのような顔(^^)。

Img_6324

食後は、すぐ近くの甲山森林公園を散策。

Img_6333Img_6335Img_6342

最初は、遊具はないのかと文句を言っていた子供たちも、みんなで走り回って遊んでいる。

このへんが兄弟が多くていいところ。

Img_6357

家に帰って、西宮えびすの近くで買ったタイ焼きをパクつく。あんこたっぷりで、美味かった!

| | コメント (0)

2010年5月 9日 (日)

さよなら隠岐~境港

Img_6193

5月5日。隠岐を離れる日。

フェリーの時間は午前10時20分だったので、朝はホテルの周囲を散歩。

Img_6197

この澄んだ水!

Img_6204

さよなら隠岐。

Img_6206

帰りのフェリーは割と空いていた。

Img_6212

到着は境港港。ターミナルの目の前は水木しげるストリート。

Img_6222Img_6223

山のような妖怪のブロンズ像がお出迎え。

Img_6237Img_6242Img_6269

鬼太郎、ねずみ男と記念撮影。

楽しかった連休。無事に帰ってこられたよ。ありがとう!

| | コメント (2)

2010年5月 8日 (土)

隠岐の島~島前(知夫里島)

Img_6010

5月4日は朝から島前内航フェリー「どうぜん」に乗って、西ノ島の南に位置する知夫里島へ。

「どうぜん」の乗船料は大人300円、小人100円。車載の予約も必要なく、バス感覚。

Img_6028

航路でも凄まじい風。

Img_6036

上陸して最初に通りかかったのが河合の地蔵さん。島根名水百選に選ばれた水が湧いている。水はまろやかで美味。

5月4日はたまたま年に一度のお大師さんのお祭り(弘法大師の命日のお祭り)だったようで、知夫村内の7つの地区でお賽銭をあげれば、それぞれの地区で食事を振舞ってもらえるらしい。

地蔵を洗っていたおじさんに「どこの息子さんですか?」と尋ねられる。

最初は意味が分からなかったけれど、お祭りに合わせて帰郷してきた者と思われたみたい。

こういう訊き方をするということは島の中の人はほとんど知り合いということなんだろうなあ。う~ん、離島らしくていい感じ(笑)。

Img_6043

小さな島なので、とりあえず島の外周の道を巡ることに。

Img_6049

車一台がやっと通られる道は牛や馬の糞だらけ。

Img_6050

一本道に導かれるままに丘に登って行けば、そこは赤ハゲ山の頂上展望台。

野大根の花が咲き乱れる。

海の向こうに見えるのは、前日に登った西ノ島の鬼舞。

Img_6053

ここもすごい風、風、風。

Img_6060

展望台の中に書かれた大陸の地名も、ここでは妙に現実的。Img_6084

Img_6063

赤ハゲ山を西に下りて行けば、これまで様々な映画のロケにも登場したという赤壁(せきへき)に。

Img_6068

途中すれ違ったバスの運転手さんに、柵がないから子供は気をつけて!と言われたけれど、まさにこんな感じ。

これまで落ちた人はいないのかな。

あんまり人も来ないので、落ちても発見されないかも。

Img_6083Img_6088

ここは一部では風が弱く、お昼&おやつタイム。いつものように、のんびりと過ごす。

Img_6093

意を決して、恐る恐る壁の上の丘に這い上がる。

つまづいて転げ落ちたらハイそれまで。

Img_6108

家族でビビりながらセルフタイマー。

Img_6124

また島の外周を回り、島の東へ移動して、牛の海泳ぎがある渡津海水浴場付近へ。

Img_6127

海が荒れて、牛の海泳ぎはしていなかったけれども、お祭りの食事が振舞われているところで、いらっしゃいと声を掛けられる。

お賽銭をあげて、お惣菜をいただく。極めて普通の家庭料理が美味しかったようで、さっきお昼を食べたばかりの子供たちもほおばる。

Img_6134

そのまま海水浴場付近を散歩して、またおやつタイム。

Img_6137Img_6142Img_6145Img_6153Img_6158

のんびりと、のんびりと時が流れる。

Img_6165

誰もいないフェリー・ターミナル。

NHK連続テレビ小説「だんだん」のロケが行われたらしく、その時の写真が掲示してある。

Img_6169Img_6175

西ノ島に戻るフェリーがやって来た。

翌日には隠岐を離れる。

| | コメント (2)

2010年5月 7日 (金)

隠岐の島~島前(西ノ島)

Img_5780

5月3日は朝からフェリーで島前(どうぜん)の西ノ島に移動。

今回の旅では島前がメインなので、これからが本番!

Img_5785

別府港に降り立った後、大正時代に手作業で作られたという船引運河の上を渡り、浦郷で食事。

Img_5787

浦郷の町並。「軽食あすか」の食事はとても美味しかった!

Img_5793

浦郷から南へ向かい、丘を登りつめると・・・

Img_5797Img_5806Img_5817

そこは鬼舞。遥か向こうに見えるのは西ノ島の南に浮かぶ知夫里島。

とにかく凄い強風。立っているのもやっと。風に向かって歩くのは困難だったので、風速20m/s近くはあったはず。

360度に広がる牧草地と海と、吹きすさぶ風。そこはまさに鬼も舞うところ。

Img_5828

そこから少し北へ向かい、西ノ島の西海岸、赤尾展望台。

Img_5829

ここも凄まじい風、風、風。

次女は疲れ切って、車の中で爆睡。

Img_5837

はしゃぐ子供たち。

凧のように風に舞っていきそう。

Img_5843

そして西ノ島の西海岸を北上し、国賀海岸の摩天崖の絶景!

Img_5849Img_5879

ここも風、風、風。

家内と長男・次男・長女はここから徒歩で海岸へ向かって下り・・・

Img_5889Img_5901Img_5921Img_5923

僕は次女と車で海岸下の駐車場へ回り、そこから次女をおぶって海岸を少し登り、みんなで落ち合う。

ここは比較的風が弱く、のんびりとおやつタイム。

Img_5927Img_5948

国賀海岸の通天橋をバックにパチリ。

Img_5956

海岸の神社にお参り。

Img_5972Img_5976

島の南東に移動し、400-500mの山道からなる参道を登りつめると焼火(たくひ)神社。

1732年に建てられたという社殿は国の重要文化財ということだけど、結構な荒れ様。

でもこういった管理されていない風景も隠岐の魅力かも。

Img_5983

この参道周辺の植物群は焼火神社域植物群として島根県天然記念物に指定されているとのこと。

確かに見慣れない植物が散見。これは何かな?食虫植物の一種?

Img_5988

夕方にはコテージ形式のホテルに到着。

なかなか快適。食事も海産物中心にすごい量。美味しかった!

| | コメント (4)

2010年5月 6日 (木)

隠岐の島~島後

Img_5598

この連休は隠岐の島に行ってきました。

その昔、米子に住んでいた時にも訪れたことがありませんでしたが、離島好きの友人が絶賛するので、家族全員で大移動。

5月1日の午後に出発し、高速道路の混雑を避けて、地道(国道9号線)で鳥取経由米子入り。鳥取県の海岸線をのんびり楽しみながら走り、東伯辺りで夕食をとって、米子で一泊。

5月2日の朝9時、七類港から西郷行きのフェリーに乗船。車は、往復のフェリーと隠岐諸島内の航行がすべて一括のフリー切符を使えば意外に安価。

2等客室内は足の踏み場もないほどの混雑でしたが、西郷に上陸した後は、出会う人や車の少なさが不可思議。あの溢れんばかりの人々はどこに消えたのかな??

Img_5604

午前11時30分に下船して、とりあえずガイド・マップに載っていたレストランで食事。

隠岐そばを食べたけど、まあ普通。

Img_5615

島後ではあまり計画を練っていなかったので、行き当たりばったりで、近くの「日本の滝百選」に選ばれたという檀鏡の滝へ。

Img_5623

確かに神社の左右に落差40mで流れ落ちる2本の滝は壮観。

Img_5632

その後、また行き当たりばったりで、白島海岸の観光船に乗ろうということになり、出発時間に間に合うように大慌てで島を縦断北上。

Img_5645

ギリギリ間に合った船から観た海岸では、有機的な岩肌が、日本海一透明度の高いという水に洗われて、次々に眼の前で舞い踊る。

Img_5652Img_5663Img_5667Img_5681Img_5693

湾内の海は静かでも、少し外海に出ると2~3mの高波。

この連休中は、お天気には恵まれたものの、とにかく風が強かったようで、夕方から予約していたローソク島の観光船は欠航に。

Img_5712

そこで、白島海岸の観光船の出ている中村港でのんびり過ごすことに。

Img_5716

長男は学校の宿題!

Img_5731

乙女チームは貝殻集め。

おやつを食べて、みんな思い思いに海辺で過ごす。

今回の旅行では、一日一度はこんなゆったりした時間を作って過ごし、あくせく観光するよりもずっと楽しい時間が過ごせました。

Img_5743

サザエ鬼のスケッチをする長男。

Img_5746

翌日は島前・西ノ島へ。

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »