« 入学式 | トップページ | 江戸東京博物館~お台場 »

2010年4月 9日 (金)

Jeff Beck in 尼崎

Sh3g0009

昨日はギタリストの友人と一緒にジェフ・ベックの尼崎公演に行ってきました。

何で尼崎かと言うと、大阪はフェルティバルホールがなくなり、厚生年金会館がなくなり、やるところがなくなったからでしょう。前日はグランキューブ大阪で演っていますが、連日は抑えられなかったんじゃないかな。

今や大阪にまともな音楽大ホールはないですから。山下達郎の今年のツアーも大阪は外されて、関西公演は神戸と滋賀しかありません。

これからどうなるのでしょう。

さて、1年ぶりのジェフ・ベック。

相変わらず元気でした。

いつものように信じられないような超絶プレイを決めまくったか思えば、何てことはないところでミストーンを連発したりして、そんなところも相変わらずで、ファンを楽しませてくれました。

チケットはウドーの会員サイトで簡単に取れたのですが、当日はチケットを求めて声を掛けてくる人も多くて、一般売り出しでは取りにくかったのかな。

席は1階9列目と申し分なく、オペラグラスなんてなくても、そこそこ指の動きも観られるくらいでした。

来日の度に観に行っている僕としては、いつものジェフ以上でも以下でもなくて、それはそれで大満足なのですが、今回はドラムがナラダ・マイケル・ウォルデンで、その繰り出してくる力強いリズムの気持ちいいこと!

ナラダのドラミングを聴いていると、思わずニヤけてしまいました。

70-80年代のフュージョン・ファンには堪らない組み合わせでしょう。

アンコールで、レス・ポールに捧げると言って、往年のオックス・ブラッド・レスポール(!)(レプリカでしょうね)を抱えてレス・ポールの曲(メリー・フォードとのデュオ「How High the Moon」かな?)をやったのは大変なサプライズでした。

レスポールを握りしめて登場したときのファンのざわめき!

しつこくアンコールを求めるファンに応えて、いったん客電が上がりかけたのちに2度目のアンコールで登場し、グランキューブではやらなかったらしい「哀しみの恋人たち」を演ったことも嬉しいサプライズでした。

客席を見回してちょっと驚いたことは、意外に若い女性が多かったこと。

で、彼女たち、結構オペラグラスでガン見しているんですよね。

ギター、弾くのかなあ。

ジェフは、体型も変わらず、むしろ観る度に若返っているようにさえ感じましたが、ちょっと頭頂の地肌が見えていたのが気になりました・・・

|
|

« 入学式 | トップページ | 江戸東京博物館~お台場 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

akamatsuさん
昨日はお誘い頂き有難うございました。
楽しいライブでした。
いや~、相変わらず凄かったですよね。
しかし何でギター1本であそこまで表現力が出せるのか?まるで歌を歌っているようでしたね。

頭・・・実は私も気になってました。

投稿: ドバイ | 2010年4月 9日 (金) 23時55分

ドバイさん、お付き合いいただきありがとうございました。
ジェフ・ベックが弾くギターは、僕らが弾くギターとは別の楽器のようです。
どうやったらあんな風に弾けるのか、想像すらできません。

頭・・・やっぱり気がつきますよね・・・

投稿: akamatsu | 2010年4月10日 (土) 01時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 入学式 | トップページ | 江戸東京博物館~お台場 »