« 白川郷 | トップページ | アトミック »

2010年1月 5日 (火)

スキー

Img_4925Img_4936Img_4937Img_4948

31日からは毎日、ホテルから車で15分ほどのところにある荘川高原スキー場に通いました。

30分ほどで高鷲スノーパークまで行けたのですが、子供が小さいので、混雑を避けて、近場の小さなスキー場にしました。

でも、これが大正解。

駐車場の目の前にゲレンデはあるし、リフトも食事も混まないし、未就学児はリフトは無料だし。

9歳と6歳の男子チームはスキー・スクールに入れて、僕と家内が交代で女子チームの面倒をみることに。

男子チームは、スキー・スクールの若い女性インストラクターに教えてもらってデレデレ。

5歳の長女は「今年はソリをする。スキーは来年になったら始める。」と自分で宣言して、黙々とソリで滑っては登り滑っては登り・・・雪だるまを作って遊んでは、また滑っては登り・・・。時々、リフトに乗り抱っこして上から滑り降りて欲しいとせがむので、連れて上がり、お姫様抱っこで滑り降りてやると大喜び。

まだ1歳の次女は、こんこんと降り続く雪がつらかったらしく、外へ出たとたんに冬眠状態。建物の中で休憩すると元気に動き出すものの、また外へ出たら冬眠・・・の繰り返しでした。

僕は、幼いころから冬休みは兵庫県のハチ高原のロッジに預けられてスキー三昧で、大学は競技スキー部でアルペン・スキー(回転・大回転)をやっていたのですが、社会人になってからは年に1-2回しか滑りに行かない上に、この4年ほどは全くブランクが空いていました。

古くて長いレース用の板(今のカービングスキーじゃないやつ)は数年前に粗大ゴミにしてしまい、お気に入りのダイナフィットのレーシング・ブーツのみを残して、あとはレンタルしていたのですが、久々に使ったダイナフィットは、今回使っているうちにシェルが割れてしまいました。

まあ、古いから仕方ないのですが、そこで初めてレンタルのリア・バックルのブーツを借りてみたところ、滑りにくい滑りにくい。あんな前に乗りにくいブーツでみんなよく滑っているなあ。あれはどう考えても、一般スキーヤーの上達を妨げているとしか思えないのだけど。

男子チームはすっかりスキーが気に入った様子で、ふたりともボーゲンで中級コースを滑り降りてこられるようになり、また連れて行ってほしいとせがんでいます。

これから度々行くことになるのなら、ノルディカのドーベルマンでも買おうかな。

|
|

« 白川郷 | トップページ | アトミック »

日々雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白川郷 | トップページ | アトミック »