« アトミック | トップページ | 「カールじいさんの空飛ぶ家」 »

2010年1月12日 (火)

ハチ高原

Img_4951

この連休はハチ高原へスキーへ行ってきました。

土曜日は仕事で動けなかったので、日曜の早朝に家を出て1時間半で到着。北近畿豊岡自動車道が和田山まで開通したおかげで、ずいぶん早くなりました。

僕は幼い頃には年末年始はここで過ごし、小学生の頃には冬休みの間は独りでここのロッジに預けられて過ごしていたので、ホーム・グラウンドという感じなのですが、訪れたのは4年ぶり。

昔は結構牧歌的なスキー場だったのですが、今では隣のハチ北と合わせてスキー場全体で環境整備に力を入れているようで、利便性が良くなったように思います。

けれども、リフトとリフトの繋ぎが悪いのはあまり昔と変わっていないかな。

日曜の午後には、長男・次男と、今回からスキーを始めると宣言した長女もスキー・スクールに入れて、僕と家内は交替で次女の面倒を見ながら滑走。

次女は前回岐阜に行った時と同様で、相変わらず外に出ると冬眠状態。次回からはおんぶ紐を持って行って、おんぶしながら滑ろうかな。

翌日の午前中もスクールに入った長男・次男はシュテムターンもどき、長女はボーゲンもどきができるようになり、午後には勝手に林間コースを滑るほどで、あまり手がかからなくなって助かりました。

上手くできなくてすぐベソをかくかなと思っていた長女は、意外にも「もっとやりたい」と言って、ほとんど休みなしで滑っていました。

やっぱり、幼稚園くらいから始めると、変な力が入らず乗り方が素直だから、上達が早い早い。

Img_4971

買った翌日におろしたアトミックD2 DEMO TYPE-Aは、中回りから大回りの安定感は抜群でした。

かなり荒れた急斜面でも、暴れずにカーヴィングしながら加速していけます。

板が硬過ぎず柔らか過ぎずに雪面の状況に追従していくので、荒れた雪面でも板の返りで跳ねられることも少なく、かなりコントローラブルです。

無理なく自然にニュートラルな位置に乗れ、中級以上の人であれば、こういう板に乗れば上達しやすいかも。

ただし、この板はオールラウンドを謳ってはいるものの、中回りから大回りの板を基本にしているので、小回りについては、少し意識的に乗っていかないと振り回せない印象でした。

いずれにしても、思った以上に乗りやすいし、コントロールしやすいし、乗った人の技量に応じて素直にポテンシャルを引き出せる板だと思いました。

Img_4849Img_4856

|
|

« アトミック | トップページ | 「カールじいさんの空飛ぶ家」 »

日々雑感」カテゴリの記事

コメント

ボクも昔はハチ北野間ゲレンデの王者と言われたのだ。
緩斜面にはめっぽう強いが、北壁等のコブ急斜面には「ここはリアス式海岸か!」と伝説のツッコミを入れて下りのリフトに乗るくらいヘナチョコだったのだ。
懐かしいなー、ハチ北。

投稿: Joeforest | 2010年1月13日 (水) 02時33分

いや~珍しく素の名前で出てきたJoeさん、その後、手の具合はいかがですか?
Joeさんが野間ゲレンデの王者だったとは知りませんでした!
「ここはリアス式海岸か!」ってのはいいですね(笑)。
北壁は子供の頃は大喜びで行きましたが、今は行きません。腰をいわしそうです。

投稿: akamatsu | 2010年1月13日 (水) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アトミック | トップページ | 「カールじいさんの空飛ぶ家」 »