« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

2009年を振り返って

Img_4559

2009年も今日で終わり。

僕自身にとっては、4月に新しい仕事を始め、とにかく仕事に奔走した一年だった。

基本的には父親の事業を引き継いだのだけど、スタート・ダッシュでどれだけ飛ばせるかというようなアプローチをしてきたので、年の後半にはちょっと疲れも出てきた。

ボランティア的な仕事も含めて、頼まれたことは断らない方針でやってきたので、周囲の評価は悪くなかったと思う。

でも、今後も30年くらいは続けていかないといけない仕事なので、もう少し長距離ランナー的な走法に変えていかなければ。

来年は、仕事の協会の理事や子供会の会長や、雑用のまとめ役としての役職がいろいろと回ってきて、更に忙しくなりそうだし。

プライベートでは、家族は健康で大過なく過ごせているし、忙しいながらも車を使って小旅行もした。

XC90は大活躍だったな。おかげで距離も伸びた。運転して楽しい車ではないけれども、家族6人が安全・快適に移動するには文句の付けようはないと思う。

バイクではロング・ツーリングは出来なかったが、平日でも仕事の合間にちょこちょこと30分程度のチョイ乗りをしていた。こういう乗り方は田舎ならではだろうけど、結構いいストレス発散になった。

ファミリー・カーではない僕自身の趣味の車を手放して3年ほどになるけれども、バイクは残しておいて良かったな。

いつかはまた趣味の車も欲しいとは思っている。でも、まだまだ経済的にも家族の状況的にも当分は難しい。そうこう言っているうちに、僕の好きなマニュアル・トランスミッションのガソリン車に乗られる時代ではなくなってしまうかもしれない。

音楽活動については、春からバンドのメンバーのひとりが東京に転勤になってしまい、何とか秋には活動を再開したものの、練習のペースは落ちている。まあ、しかし、社会人バンドにはありがちな状況で、こういったことも乗り越えて細く長くやっていければいいと思っている。

それから、今年は僕の精神形成に大きな影響を与えた人たちが多く亡くなった年でもあった。

特に、忌野清志郎と加藤和彦の死は、いまだにボディ・ブローのように効いている。

ひとり・ふたりの音楽家の死がこれほどまでに衝撃を与えるとは自分でも理解し難かったが、それくらい僕の精神的支柱に強く食い込む作品を残してきた人たちだったのだろう。

時の大きなうねりを感じる。

強く流れに逆らうのではなく、しかし流されるままでもなく、目指すところへ漕いで行きたいと思う。

来年は創意のあることをしようと思う。

| | コメント (0)

2009年12月30日 (水)

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」

51sxw4k2b9jl__sl500_aa240_DVDで「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」を観ました。

「時がこぼれおちていく・・・」

1918年にこの世に生を受けた時は80歳の様相であり、外見的に徐々に若返っていく数奇な人生を歩んだ男ベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)。彼の視線を通して、彼の生涯の心の恋人デイジー(ケイト・ブランシェット)や周囲の人々の人生が描かれていく物語。

167分にも及ぶ大作ですが、通して観る時間がなくて、3回に分けて少しずつ観ました。

主人公ベンジャミンの人生そのものは通常ではありえない「数奇な」ものですが、その周辺を流れていく時間と人々の人生は極めて「普通」のものです。

「普通」の人生を、ベンジャミンの視点というフィルターを通して見ることによって、その普遍的な喜びや悲しみやおかしみを焙り出していく構成になっている映画だと思います。

普通に描けば単調になりがちな20世紀に人生を送った人々の大河ドラマを、他ではあり得ない(そして一度使ったら二度と使えない)方法で描いていきます。

デヴィッド・フィンチャー監督の意図通り、決して退屈することなく、167分を観通せる作品です。

単調な人生の中にある静かなドラマが心に沁みてきます。

スコット・フィッツジェラルドの短編が原作だそうですが、こういう短編があったのは知らなかったな。

| | コメント (0)

2009年12月29日 (火)

「クリスマスの約束2009」

20091201mog00m200074000p_size5 今年も楽しみにしていた「クリスマスの約束」。

仕事納めだった今日、やっと録画で見ました。

「総勢21組34名に及ぶアーティストたちが一堂に会し、それぞれの代表曲を全員で支え合い、歌い継いで行く、ノンストップの大メドレー」という内容を事前にネットで観た僕は、今年はどうも面白くなさそうだと思っていました。

理由は、この企画を作り上げていく過程でスキマスイッチの二人が小田和正に言ったのと同じ。企画として安直で、全員で歌うとアーティストの個性も出なくてつまらない。

けれども実際出来上がったものを観て、プロデューサー・アレンジャーとしての小田和正の力量は、僕の想像をはるかに超えたところにあるということを痛感させられました。

単純に「音楽の力」「歌の力」などと言いますが、これだけの歌い手が同時に歌ったときに、それを引き出すアレンジやミキシングの絶妙さには言葉も出ませんでした。

本当にいいものを観させてもらいました。

少し遅くなりましたが、最高のクリスマス・プレゼントでした。

| | コメント (0)

2009年12月27日 (日)

斉藤”弾き語り”和義 十二月 in 大阪城ホール

Img_4567

昨日は、斉藤”弾き語り”和義のライブ、十二月 in 大阪城ホール~月が昇れば弾き語る~に行ってきました。

現在、秋に出たニューアルバム「月が昇れば」に伴う全国ライブ・ツアーが展開中ですが、昨日の城ホールは、そのツアーとは一線を画して、全くの独演で弾き語りをするものです。

斉藤和義は以前にも同様の試みで、武道館で弾き語りライブ(2004年)を行っていますが、今回はその続編とも言えるイベント。

セットも演出もこの一夜限りのもので、かなり気合が入っています(このライブは来年3月にCD&DVDとしてリリースされるそうです)。

照れ隠しのエロトーク全開で始まったライブですが、だんだん緊張もほぐれてノッてくると、尻上がりに声の艶も冴えわたり、アコギのストロークも鬼気迫る勢いでした。

一部でリズム・ボックスを使ったくらいで、すべての演奏をギターとピアノとドラムの独演で行い、休憩なしで突っ走った3時間でした。

弾き語りのみだと、やはり演奏は単調になりがちですが、アコギのカッティングからフィンガー・ピッキングまでその単調さをカバーするテクニックは素晴らしいもので、観客を飽きさせない演出も見事でした。

しかし、何といっても1万人の観客を前に、たった一人で3時間歌い続けるパワーに圧倒されました。

斉藤和義は僕よりひとつ年下だけど、パワーをもらったなあ。

来年のバンド・ツアーも行こうかな。

| | コメント (0)

2009年12月26日 (土)

「月が昇れば弾き語る」

「月が上れば弾き語る」

| | コメント (0)

2009年12月25日 (金)

クリスマス・プレゼント

Img_4500Img_4512

子供たちが朝眼を覚ましたら、布団の足元にクリスマス・プレゼントが置いてありました。

みんな朝のお着替えもそこそこに、一心不乱にプレゼントを開けています(笑)。

サンタさんは子供たちが欲しがっていたものがよく分かっていたみたい。

長女・次女には赤ちゃん人形ポポちゃんのベビーカーにドレスにワードローブ。

次男には双眼鏡とポケモンカード。

どうやら、何でも話をしてくれる人型ロボットが欲しかったらしい長男(インフルエンザで祖父母宅に隔離中)のところには、「レゴ・エデュケーションWeDo」が届いたみたいです。これで、ロボットの組み立てやプログラミングに興味を持てば、「マインドストーム」にレベルアップするのもいいのかもしれません。

レゴ・エデュケーションの画像はまた後日。

| | コメント (0)

2009年12月24日 (木)

クリスマス・ディナー

Img_4479

今夜は、祖父母宅に隔離されていた長男も一時的に呼び戻して、クリスマス・ディナー。

メニューは牛ステーキのマデラ酒ソース・フォアグラ添え。

子供たちにはタマネギソースのフォアグラ抜きで。

普段あまり肉を食べつけていない魚好きの子供たちには不評・・・。

Img_4485

ケーキは、近所のケーキ屋さんのデコレーションと、家内手製のシフォンケーキ・ココア味の生クリーム添え。

シフォンケーキが好評で、デコレーションは僕ら夫婦が一切れずつ食べただけ。

Img_4490

メリー・クリスマス!

| | コメント (0)

2009年12月23日 (水)

長男がインフルエンザに

Img_4470

長男がインフルエンザになってしまい、今日予定していた京都の友人宅でのクリスマスパーティーをキャンセル。

長男は昨日から隣家の祖父母宅に隔離。

リレンザを1度吸入しただけで熱も下がり、今日は退屈そうにしている。

クリスマス・パーティーに行けなかったのは残念だけど、次男も長女も特に文句も言わずに、みんなで幼稚園のクリスマス会でもらってきたカード・ゲームをする。

Img_4471

負けて悔しがる次男。

単純な絵合わせのゲームだけど、慣れてくると、数手先を読んでカードを切ったり、他人の絵合わせを妨害したりと、結構楽しめる。

| | コメント (0)

2009年12月21日 (月)

子供会のクリスマス会

Img_4419

昨日は子供会のクリスマス会。

にせサンタとして司会をする。

行き当たりばったりの司会を喜んでくれる素直な子供たちばかりでホッとする。

来年度は子供会の会長をすることに。

仕事の協会では理事をすることにもなっていて、仕事は増えるばかり。

| | コメント (2)

2009年12月18日 (金)

寒波―35年分をフリーズ・ドライ

Img_4400

この冬一番の寒波が訪れた今日。

日常業務の合間を縫って、先週仕事をした中学校へ行き残務。

片道30分余りを寒風の中バイクを飛ばす。

その中学校の校長先生は、何と僕が小学校4年生の時の担任の先生でした。

彼女(市内でただ一人の女性の中学校校長です)が大学を卒業して間もないころ、初めて担任を持ったクラスが僕らのクラスだったそう。

いつも弾けそうな笑顔で子どもたちとよく遊んでくれた、男子にはもちろんのこと、女子にも大人気の先生でした。

今日、校長室に招かれてみると、その35年ぶりの笑顔で、昔の写真やら文集やらを見せてくれました。

仕事の話もそこそこに、昔話に世間話に、時の経つのも忘れて話し込み―

帰り道には寒さも忘れていました。

一日の仕事を終えて、見上げると星も凍りそうな夜でした。

Img_4414

| | コメント (0)

2009年12月13日 (日)

クリスマスの飾りつけ

Img_4385

子どもたちが、おじいちゃんおばあちゃんと一緒に飾り付けてくれました。

| | コメント (0)

2009年12月 8日 (火)

斉藤和義 ジェラス・ガイ

素朴な言葉をそのまま突っ込んだ感じがいいですね。

好き嫌いはあるでしょうが、「意訳」を超えた斉藤和義の歌になっています。

僕は好きだなあ。  ちっちゃな奴さ・・・

| | コメント (0)

2009年12月 6日 (日)

スケート、自転車の練習

Img_4736_2Img_4748_2

今日は朝から近くのスケートリンクへ。

子どもたちは、昨シーズンに続いて2度目の経験。

転んでも転んでも、まだまだやりたいと言って昼過ぎまで。

Img_4287Img_4300

昼ごはんを食べて、ドラゴンボールの録画を観て、おやつを食べたら、 自転車の練習。

疲れて帰ったら、早めの夕食を済ませて、みんなで「カーズ」の録画を観賞。

疲れきって、あっという間に爆睡の子どもたちでした。

| | コメント (0)

2009年12月 3日 (木)

Multistrada 1200

Multistrada_1200

11月9日に発表された来年発売予定の新型

ミラノショーでは、昨年のStreet Fighterに続いて「最も美しいバイク」に選出されたようです。

水冷になって、車重も増え(Multistrada 1200Sで220Kg)、電子制御サスペンションや前後連動ABSシステムを備えるなど、名前こそ「Multistrada」ですが、全く別のバイクで、BMW R1200GSと同じ土俵に上がったと言えるかもしれません。

Multistrada 1100を購入するときに、BMW R1200GSと比較試乗しましたが、同じようにマルチパーパスを謳っているものの、車格からも装備からも比較にはなりませんでした。

僕は今の空冷Multistradaをとても気に入っていますが、販売台数ではR1200GSに遠く及びません。

スーパーバイクだけでなく、ネイキッドにモタードにと、順調にラインナップを広げているDucatiが、Multistradaの階級を変更して、R1200GSに真っ向から勝負を挑んだという感じがします。

実車を見てみない限りはなんとも言えませんが、スタイリングは素直にカッコいいと思います。

でも、スポーツ走行やツーリング性能もさることながら、気軽にチョイ乗り出来るところに重きを置いている僕としては、車格が上がっちゃうのは何だかなあ、ですが。

| | コメント (2)

2009年12月 2日 (水)

時間がないので仕事もバイクで

Img_4676

最近、週末も夜も含めて、仕事以外のことはほとんど何もしていない日々が続いている。

昨日は、片道30分ほどかかる中学校で仕事の打ち合わせ。

時間がないので、昼の隙間時間にバイクを飛ばして行く。

天気も良く、結構ストレス発散になる。

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »