« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月30日 (金)

「新三銃士」

Wp01cl10_121920_1200 このところ子どもたちが嵌って観ているNHKの「新三銃士」。

最初の2週間は月~金の毎日やっていたのに、3週目から毎週金曜日だけになり、子どもたちは大ブーイングです。

脚色が遅筆で有名な三谷幸喜なだけに、こりゃ絶対原稿オトしたんだ!と勝手に決め付けていましたが、どうやら最初からそういう予定だったみたい。

でも、僕らが子どものころにやっていた人形劇って月~金でやっていなかったっけ?

これって遅筆の三谷幸喜にNHKが配慮した?(失礼)

でも、週に一回、20分っていうのも、最初の盛り上がりからすると、ちょっと尻すぼみな感じがしない?

ちなみに僕が一番記憶に残っている人形劇は「新八犬伝」かな。

南総里見八犬伝はあらゆる少年小説・少年漫画の元ネタと言われるだけあって(「ドラゴンボール」しかり!)、大興奮で観たのを憶えています。

思えば、僕が今の長男ぐらいの年齢の時だなあ。

| | コメント (0)

2009年10月29日 (木)

「目線を上げろ」

510223umzl__ss500_ 51hoaop0jtl__sl500_aa240_ 甲斐バンドの新譜「目線を上げろ」。

一度は「終了宣言」をして解散したはずの甲斐バンド。その舌の根も乾かないうちに再結成(何度目になるでしょう)をしたこと自体は別に構わないと思っています。

かつてギターの大森氏が健康を理由に脱退した時、甲斐さんは決して新しいメンバー入れずに活動を続けると断言しましたが、結局すぐに田中一郎氏を迎え入れています。

その時に、さまざまな批判に応えて、甲斐さんがサウンド・ストリートで述べたことを今でもよく憶えています。

確かに一度言ったことを守り通すのも大切なことだが、過去の自分の発言に縛られていては前に進むことはできない。翻す勇気も必要。といったような内容だったと思います。

これはこれでひとつの正しい意見だと思いますし、そういった選択をしてよりよい結果が出せれば、それが批判的な意見を言う人への回答となるでしょう。

で、今回の新譜。

全体的には悪くないと思います。

甲斐さんらしいメロディーと歌詞が、あの歌声に乗って、「甲斐バンド」として聴けるのは往年のファンとしては嬉しい限り。

でも、このアルバムは誰に向けて作られたのかな。

昔を懐かしむ歳とった少年たちや青年たち?

それとも新しいファン?

ちょっとプロデュースの方向性が見えません。

「朝まで待てない」のカヴァーは、選曲としてもアレンジとしても秀逸だと思いますが、「胸いっぱいの愛」のセルフ・カヴァーの意図は?

アレンジはほとんど原曲と変わらないし、あれじゃオリジナルの方が勢いがあってカッコいいというのを再認識させるだけでは?

それに、このアルバム・ジャケットは・・・う~ん。準メンバーとも言える佐藤英二氏やMac清水氏と一緒に写真に写るというのはいいと思いますが、何か「甲斐バンド」と「そのファン」や「時代性」との微妙なズレを感じるような気もするのですが・・・

甲斐さんは、ソングライターとしてもヴォーカリストとしても、まだまだ四半世紀前と変わらないポテンシャルを持っていると信じていますが、プロデューサーとしてはどうなのかなあ。

あのニューヨーク三部作を世に出した時のような突き抜けた感じを今求めるのは難しいのかな。

このアルバムはSing Like Talkingのギタリスト西村智彦氏との共同プロデュースだけど(アレンジは全曲西村氏)、今の甲斐バンドをもっと動かせるプロデューサーはいないのかな。

プロデュース次第で、もっともっとすごい作品が作れそうで、何だか勿体ない気がした新譜でもありました。

(結局、昔のアルバムが聴きたくなっちゃったなあ。今夜は「破れたハートを売り物に」を聴いて寝よう。)

| | コメント (0)

2009年10月26日 (月)

六甲山~須磨での週末

友人たちと例年持ち回りで行っている同窓会が、今年は須磨であったため、前日の土曜日から六甲山へ行って遊んで宿泊。

Img_3215

六甲山牧場。寒かったけれど、子どもたちは馬に乗られて大満足。

Img_3278

ハイジ・パスチャー・カフェ。食べ物も飲み物も大したものはありませんでしたが、ハイジ関係のグッズが欲しい人にはいいかも。

Img_3294

ホール・オブ・ホールズ六甲。オルゴール博物館です。めちゃめちゃ高そうなアンティークのオルゴールがいっぱい。

Img_3307

ちなみに入館料も高かった・・・。でも、館内のショップにはお土産によさそうなオルゴールを使った小物がたくさんあり、オルゴール・コンサートも楽しめました。

Img_3321

同窓会があった須磨離宮公園に面した神戸迎賓館須磨離宮

こんなところで子どもたちが大人しくしていられるのか、相当に不安でしたが、スタッフがバルーン・アートで楽しませてくれ、何とか破壊行動には至らずに済みました。

さすがに子どもの数より大人の数のほうが多かったので、大人たちも久しぶりに少しは料理を楽しめたといったところです。

それでも、結局は子どもたちに振り回されて、1年ぶりに会った友人たちと話す時間はあまりなかったなあ。

| | コメント (2)

2009年10月23日 (金)

秋ねぇ

Img_4604Img_4602_2

すっかり秋らしくなった近所の山あいを、KX2をタスキ掛けにしてTTRで散歩。

KX2はお散歩カメラとして本当に優秀。 普段5D2を持ち慣れていると、コンデジぐらいの気軽さに思えます。

| | コメント (0)

2009年10月21日 (水)

加藤和彦氏について

51rwixdebll__ss500_ 加藤和彦氏が亡くなってから、彼のことばかり考えている。

遺書には「これまでに自分は数多くの音楽作品を残してきた。だが、今の世の中には本当に音楽が必要なのだろうか。『死にたい』というより『生きていたくない』。消えたい」とあったそうだ。

彼の孤独と絶望を思うと背筋がうすら寒くなる。

インタヴューでは「92点ぐらいまでの曲ならすぐ書ける」と言っていた。そのあまりに厳しい作品主義が多くの名作を生んだのだろうし、また自分を追い込んだのだろう。

それだけの高いハードルで音楽を作り出してきた彼が、「今の世の中には本当に音楽が必要なのだろうか」と言う。

確かにそうかもしれない。

今の世間には、「音」は溢れているが、「音楽」は満ちていないような気はしている。

「音」はあまりに安くなり過ぎ、「音楽」の価値まで下げてしまった。

CDのような音楽媒体が売れない以上、常にライヴで「音楽」を必要としている人たちと接していない限り、自らの存在意義は確認できないかもしれない。

「売れない」ということは、「評価されない」、「存在意義を認められない」ということと同義語だ。

彼の知人・友人たちは皆口をそろえて、明るい人だった、あんなにやさしい人はいなかった、と言う。

彼はきっと気が遠くなるような孤独の沼の淵に立っていたのだろう。

福井ミカがクリス・トーマスの元へ去った後、パートナーとして安井かずみを得て数々のきらびやかな作品を作り続けた。

世に送り出した楽曲ばかりでなく、彼らのライフ・スタイルさえもが「作品」だったように思う。

安井かずみが病死した翌年に中丸三千繪と再婚した時は驚いたが、きっと独りでいることができない人だったのだろう。

「彼は世界で一番やさしい人だった」と言う中丸三千繪は「自分から離婚をお願いした」そうだが、彼女は安井かずみの影に耐えられなかったのかもしれないと思うとあまりに哀れだ。

あの頃、マリーローランサン」のカップルたちが、若くして病死し、絶望のため自ら死を選ぶ。こんな物語の結末を誰が予想できただろうか。

暗澹たる気持ちになる。

友人たちに感謝の言葉とともにギターを贈り、自分を育んだ土地・京都で旧友たちと会食をし、病気の老母を見舞い・・・、孤独と絶望の淵で、死を選ぶべく、あまりに周到に「準備」を整えていく中で何を思ったのだろう。

胸が張り裂けそうになる。

| | コメント (0)

2009年10月18日 (日)

質志鍾乳洞公園リターンズ!

Img_3173

9月27日に遊びに行って大受けだった質志鍾乳洞公園

釣り堀でマスを釣って、炭火で塩焼きにしたら、子どもたちが取り合いで食べたものだから、今回は「釣り」だけを目的に再襲撃! いざっ!

Img_3172

・・・と意気込んでいったものの、入れ食い状態だった前回とは打って変わって、マスたちは餌に見向きもしません・・・。

すっかり昼ごはんにするつもりで、おにぎりとサラダだけ持って行ったのに・・・

取らぬ狸の何とやらで、結局お昼はおにぎりと3時のおやつの前倒しで何とかすることに。

どうも夏場の釣れ残りの魚のようで、サヴァイヴァーたちは賢い賢い。

結局、子どもたちは釣り上げられなくて、最後に僕と家内が意地になって、3時のおやつに間に合わせました。

Img_3165Img_3176

釣り立て、焼き立てのマスは格別! 今回も争奪戦でした。

| | コメント (0)

2009年10月17日 (土)

誕生パーティー

Img_3136Img_3137Img_3142Img_3143Img_3148 

| | コメント (0)

加藤和彦氏逝去

11gcwn20vdl 我が耳を疑うニュースですが、どうやら本当のようです。

軽井沢のホテルで亡くなっているのが見つかったと。

享年62歳。

あまりにも若いですが、亡くなった場所といい、そういう亡くなり方も加藤氏らしいと言えばそうかもしれませんが・・・

紛れもなく、僕が10代のころ一番敬愛していた「作家」でした。

加藤さん、トノバン、ありがとうございました。

パパ・ヘミングウェイ」のオリジナル盤が聴きたいな。

| | コメント (0)

2009年10月16日 (金)

次男 6歳の誕生日 かめはめ波!

Img_3079

今日は次男の6歳の誕生日。

長男・次男・長女の三人は、朝5時半に起き出して、用意してあったプレゼントを開けて遊んでいました。

プレゼントの目玉は、このところドラゴンボールに虜の次男が、先日トイザらスで悩みに悩んで選んだ「激震サウンドかめはめ波」。

左手首に付けた磁石を、右手首の本体に合わせると、スイッチが入って、悟空の「かめはめ波~!」という雄叫びと共に、振動し、光り、爆発音が鳴るおもちゃです。

なかなかよく考えられています(笑)。

その他には、双方のおじいちゃんおばあちゃんに買ってもらったポケモンカードが多数。これは半分は長男がけしかけて買わせた物のような気がしますが。

誕生パーティーは明日。

次男のリクエストの料理はポケモンカレー。レトルトのやつです(笑)。

まあ、親としてはそうもいかないので、子どもたちが寝静まってから、家内は特製カレーの仕込み中。

| | コメント (4)

2009年10月12日 (月)

自転車の駒なし練習

Img_3036

気持ちのいい秋晴れの続いた連休の最終日。

秋祭りのおかげで僕は腰痛。

今日はのんびりみんなで庭で昼ご飯を食べて、午後は長女の自転車の練習。

1歳年上の次男は去年の春には駒なしで乗れるようになっていたので、長女は半年遅れ。

僕も家内も忙しくてつい忘れていました。

そこで今日は思い立って、長女の自転車の駒を外し、ペダルも外して、後ろから勢いよく押してやってバランスを取る練習から。

ペダルを外しているので、倒れそうになっても楽に足を着くことができて、長女も安心感があるようです。

強く押し出してやってスピードが乗っていれば、比較的簡単にバランスが取れるみたい。それを何度か繰り返しているうちに、少し遅いスピードでもだんだん体重の掛け具合とハンドルの微妙な操舵でバランスを取るようになってきました。

これをもう一日くらいやって、その次にペダルを付けようかな。

| | コメント (0)

2009年10月10日 (土)

秋祭り 宵宮

Img_2864

長男が神輿に乗りました。

子どもが少ないため、3年連続で乗りましたが、恐らく今回が最後。

Img_2895Img_2912Img_2931Img_2932

街中を練り歩き、神輿は神社へ帰っていきます。

明日は本宮。本宮では、もう少し小さな子どもたちが乗ります。

| | コメント (2)

2009年10月 9日 (金)

Revolution 9

The_beatles 10月9日生まれのジョンのラッキー・ナンバーが「9」だったのは有名な話です。

ホワイトアルバムの「レボリューション9」は、10代の頃はいつも跳ばして聴いていましたが、最近は「我慢強く」聴くことが増えました(笑)。

「レボリューション9」が終わり、「グッド・ナイト」のイントロのオーケストラが聴こえてきたときのあの素晴らしいカタルシス!

まさにこの混沌とした名アルバムの大団円。

「レボリューション9」は、ジョンとヨーコが、未だジョンのエピゴーネンであったジョージを引き入れて勝手に作ったものだと思っていましたが、実際はジョージ・マーティンも一緒に取り組んだというのが真相のようです。

ああいったコンクレート・ミュージックについては、きっとヨーコが一柳 慧から学んだものを持ち込んだのでしょうが、意外にジョージ・マーティンも意気投合していたんですね。

どんな風にスタジオで作業を進めていたのでしょう。想像すると楽しいな。

| | コメント (2)

2009年10月 8日 (木)

「月が昇れば」

515m3zfiugl__ss400__2 先ごろ出た斉藤和義の新譜「月が昇れば」。

基本的には前作の延長上にある作品だと思いますが、楽曲・アレンジ・演奏の円熟味はますます増していますね。

この1-2年、デビュー15周年を迎えてノリに乗って充実した活動をしてきた印象ですが、それがウマい具合に集約されて作品に仕上がったようです。

斉藤和義の魅力は、いい意味で「スキがある」ところだと思いますが、恐らくそれは独り多重録音バンドの演奏によるところも大きいのでしょう。

インタビューで、同じ人が重ねて録れば同じ場所でリズムがヨレたりして上手く合う、というようなことを言っていましたが、そういった「ヨレ」が独特の「スキ」を生み出しているように思います。

それぞれの楽器はかなり巧いですし、僕は彼のドラムも大好きですけど、「ヘタウマ」とまでは言わないものの、スタジオ・ミュージシャンたちが隙間なく組上げる構成とは大きく異なる持ち味があります。

その持ち味が、非常に文学的なラインと下世話なラインが「スキ」だらけで絡み合う歌詞と、独特のグルーヴを生み出していて、他の誰のアルバムでも聴けない世界を作り上げています。

デビュー間もないころから彼の音を聴き続けてきましたが、ここ最近は本当に彼の世界にドップリ嵌っています。

せっちゃん最高! 大阪城ホール行くぜっ!!

| | コメント (0)

2009年10月 5日 (月)

秋の田園をTTRで

Img_4595

久しぶりに乗るとオフ車の乗り方忘れてるなあ。

大型車みたいに思わずリーンインしてしまう。

非力だけど、軽快さこそがバイクの醍醐味。

オフ車のメット越しに撮ったから水平出てないな。情けない。

| | コメント (0)

2009年10月 4日 (日)

アート・クラフト・フェスティバル

Img_2719

近所の公園で「アート・クラフト・フェスティバル」という催しがありました。

木工品・陶芸・革製品・手芸品などの手作りの製品が数多く展示・販売されていて、見て廻るだけで、ワクワクするような作品がいっぱい!

Img_2721Img_2764Img_2769Img_2768

| | コメント (0)

2009年10月 3日 (土)

ガリガリ君パズル

Img_2717

子どもが応募していた懸賞に当たったらしく、こんなものが送られてきました。

見た目のチャチさ以上には楽しめるみたいです(笑)。

Img_2771

| | コメント (0)

2009年10月 1日 (木)

晴れ間

Img_2714

先日から雨が続き、今日やっと晴れたと思ったら、また明日から雨らしい。

こんな日にバイクに乗らずにどうする!とばかりに、夕方の隙間時間に小一時間。

近所の峠を越えて、田畑の中を北上し、北近畿豊岡自動車道を南下して帰宅。

僅かな時間にこれだけの道のりを楽しめる、バイク乗りにとって素晴らしい環境が近くにあることに改めて感謝。

僅か40-50分のライディングだけで、ストレスが発散できる自分の単純さにも。

| | コメント (4)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »