« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

Volvo 2.5L・直列5気筒エンジン

Img_2701

XC90は先週の1週間で1000Km以上走る大活躍でしたが、高速走行が多かったため、燃費は満タン法で9.0Km/Lと2トンを超えるクルマに6人+フル積載としては上々。

このクルマのエンジン、2.5L・直列5気筒・DOHC・インタークーラー低圧ターボ(209ps/5000rpm、32.6kg-m/1500~4500rpm)はボルボの名作でしょう。

残念ながら現行モデルではXC90に2.5L・直5エンジンはなくなってしまいましたが。

この車格で2.5Lは非力なように思われますが、現行の直6エンジン・モデルよりも車重が軽く、出足の加速は良いと思います。もちろん、中間加速や最高速度では敵わないのでしょうが、日本の高速道路で走るには全くストレスは感じません。

しかも、燃費がいい。代車で直6のV70に1週間乗りましたが、街乗りで5km/L代と、燃費の悪さに閉口しました。

Volvoは、プレミアム・ラインから直5エンジンは外して直6にしてしまいました。

もちろん、今や絶滅危惧種である直6を横置きにするなんていうユニークさも評価はしたいですが、これからは大きな車でも小さなエンジンで勝負する時代。

Volvoにしかない直5エンジンはもっと評価されてもいいと思います。

| | コメント (0)

2009年9月28日 (月)

質志鍾乳洞公園

Img_2647

旅行から帰って間もないのに、またもお出かけ。といっても比較的近所ですが。

昨日は、関西では数少ない鍾乳洞のひとつ、質志鍾乳洞へ行ってきました。

Img_2607

お弁当を食べて、いざ出発!

Img_2609Img_2612Img_2615Img_2624Img_2630Img_2632Img_2642

途中から、ほぼ垂直の縦穴を梯子で降りるので、僕は次女をおぶって敢行!

残念ながら人が入れるのは高低差で25メートル程度の深さまで。

洞穴としてはあまり長くはないと思いますが、お手軽に冒険気分を味わえます。

Img_2661

洞窟から這い上がってきた後は、公園内の小さなダム池の釣り堀で虹鱒釣り。

竿と餌(イクラを使います)の一式300円で、ほぼ入れ食い状態。

ただし、釣りあげたら一尾200円でお買い上げ。でも、炭火や食器などは無料で用意してくれて、その場ですぐ食べられるから、格安では? 調理はセルフですが。

新鮮な鱒は本当においしかったらしく、大人たちの口にはほとんど入りませんでした。

こんどはバーベキューセットを持って行かなきゃ!

Img_2671Img_2677 

| | コメント (4)

2009年9月27日 (日)

三原市~ヒロシマ~宮島

Img_2377

松山市を後にして、21日の夜はしまなみ海道を渡った対岸の三原市で宿泊し、22日の朝は広島市へ。

Img_2348

三原市の小高い丘にある古びた宿で6人雑魚寝。窓からは港が一望。

Img_2362

連休中は22日のみ雨模様。終日、平和記念資料館と平和記念公園の周辺で過ごす。

慰霊碑の前に立つと、何か抑えきれない力を感じて、自然と涙が滲んだ。

Img_2364Img_2381Img_2410Img_2417Img_2452

夕方にはおこのみ村へ。

Img_2468_2

なぜか広島の人たちはアーケード街を左右に分かれて歩かない。どちらの方向からも左右全体に広がって混ざり合うようにして歩く。

Img_2486

翌日は雨も上がり、宮島へ。

Img_2494Img_2520Img_2535Img_2542

世界遺産に指定されたせいか、20年前に来た時と比べると様相が変わっていた。

Img_2566

焼き立てで、プラスチックの包装に包む前の、カリッとしたもみじまんじゅうが売っていなくて残念。昔はそういう売り方をしている店がたくさん並んでいたのに、今は全部機械で仕上げるせいか、未包装で売っている物はないらしい。

お昼は宮島でもお好み焼き。おこのみ村より安くて美味しかった。

宮島を出て、夕方には帰宅。突発的に決めた旅行だったけど、充実の4日間でした。

| | コメント (0)

2009年9月26日 (土)

松山市

同窓会の翌日は、夏のような日差しの中、家族全員で松山城へ。

僕も、天守閣に登るのは30年ぶり。

Img_2072Img_2078Img_2083Img_2101Img_2103Img_2104

お城を降りた後は、松山へ行くと必ず訪れる「キッチンハウスさんりんしゃ」へ。

今回もおじさんとおばさんは僕らを家族のように迎えてくれました。

おじさんおばさん、ありがとう!!

Img_2122Img_2131Img_2184Img_2274Img_2298

| | コメント (0)

2009年9月25日 (金)

25年目の同窓会

9月20日(日)。

この日の夜に高校の卒後25年目の同窓会が開かれるとの連絡を受けたのが約2か月前。

その日は子どもの運動会で、雨ならば翌日に順延。

同窓会は愛媛県松山市。とても行けるスケジュールじゃないな。

断りを入れたのは1か月前。

そもそも、中学・高校の同窓会にはいまだかつて出席したことがない。

卒後10年目の時も、20年目の時も出欠の検討さえしなかった。

忙しいのは建前で、とても母校に胸を張れる生き方をしてきたわけじゃなので、今更どんな顔で恩師や同級生に会えばいいのか分からなかった。

でも、この25年の間に、懐かしさに駆られて、2回だけ母校を見に行ったことがある。

裏口からそっと覗くと、幼さの残る後輩たちの顔は輝いて見えて、やっぱりオレの来るところじゃないなと思い、立ち去った。

同窓会の1週間前。突然、幹事をしている同級生から電話がかかってきた。

25年ぶりに聞く声だ。

懐かしさもそこそこに話を聞くと、卒業生250名の内30名程度しか出席の返事がないと言う。そこで、番号が分かる者だけにひとりひとり電話をかけていると。卒業時の担任の先生は5人中4人は来てくれるのだが・・・

個人情報保護法が施行されてから、連絡が取れなくなっている者も少なくないようだ。

25年目にしてようやく繋がったラインだったが、子どもの運動会の件を話し、参加の誘いを丁重に断った。

電話を切ってから、しばし考えた。

週間天気予報では連休は全国的に晴れだったな。ということは運動会の順延はないし、20日の昼過ぎには終わるはずだから、それから松山へ行けるかも。

松山まではほぼ高速道路ばかりで400Km。バイクを飛ばして行くか。

家内に相談すると、せっかくだから家族みんなで車で行きたいと。それもいいけど、今から宿が取れるか??

それから、家内とふたりで手分けして松山市内のホテルに順番に電話をかけまくった。家族6人が泊まれるところなんて、連休1週間前に到底見つかるわけもなく、僕が一人で行くにしても、シングルの部屋のひとつも空いていない。

やっぱりテントでも担いでバイクで行くかと思いかけたとき、1件のビジネスホテルでツイン2部屋なら空いているとの返事。

すぐにそこを押さえて、翌日・翌々日は瀬戸内海対岸の広島で宿を押さえ、連休中の予定も立てた。

そして、20日の運動会が終わるや否や子どもたちにシャワーを浴びせて、家族全員で車に飛び乗ったのが午後2時。

幸いにして高速道路の混雑はほとんどなく、午後7時に松山へ。

少し遅れて同窓会の会場に入ると、しばらく誰が誰だか分からなかったが、じわじわとそれぞれの顔を覆う膜が剥がれていくように25年前の面影が現れてきた。

それと同時に僕のつまらない拘りも氷解しているのに気がついた。

四半世紀ぶりに会ったにもかかわらず、先生たちも僕のことは憶えていてくれた。

今では他校の校長を務める先生に、僕は先生に叩かれたことがあるんですよ、と言うと、にこやかに笑って、それだけ君に期待していたということでしょう、と言われた。

穏やかな先生の顔の向こうに、まだ30代だった熱血漢の顔が蘇った。

Img_2038Img_2063

| | コメント (2)

2009年9月24日 (木)

運動会

Img_4408

9月20日は小学校・幼稚園合同の運動会でした。

雨ならば翌日に順延、また雨ならば翌々日に・・・という予定だったので、快晴に一安心。

連休中の予定も立てられませんから。

写真はすべてKX2+EF70-300mm。望遠と機動性を優先してKX2を使いました。

予想のつかない動きをする子どもたちを望遠で撮ると、いわゆる「日の丸構図」にならざるを得ないのが泣き所です。

Img_4425Img_4454Img_4548Img_4581

| | コメント (0)

2009年9月19日 (土)

「地球が静止する日」

The_day DVDで「地球が静止する日」を観ました。

何のためのリメイク?

セントラルパーク出現した巨大な球体からクラトゥ(キアヌ・リーブス)という宇宙よりの使者が現れる。政府の危機対策チームに召集された生物学者ヘレン(ジェニファー・コネリー)とその息子はクラトゥと直接接触し、彼の目的を知らされるのだが・・・

「1951年に製作されたロバート・ワイズ監督のSF映画史に刻まれる金字塔『地球が静止する日』を、『マトリックス』のキアヌ・リーブス主演でリメイクしたSFアクションスペクタクル!」(amazon.co.jp)ということだそうですが、残念ながら僕はオリジナルの『地球が静止する日』は観たことがありません。

オリジナルがどういう作品だったのかはよく知らないのですが、どういう意図でリメイクされたのでしょうか?

過去の優れたSF作品を、現在のSFX技術・CG技術をもって作り直せば、もっと優れた作品になると考えたのでしょうか?

そういう意図でリメイクされたSF作品はいくつか思い当たりますが、往々にして画像以外ではオリジナルに及ばない出来であることが多い印象があります。

それは、恐らく、そのオリジナル作品が作られた時代背景や、その時代背景の上に立つ製作者たちの意気込みなどが、リメイク作品を凌駕する力を持っているからだと思います。

この映画も、51年当時の製作者たちが作った額縁を持ってきて、その中に最新の技術で「画」を描いただけという印象は拭えません。

どんなに素晴らしい額縁であっても、今同じように作り直したからといって輝きが増すわけではありませんし、第一中に新しく描かれた「画」とちぐはぐです。

しかも、その中に描かれた「画」を構成する映像もどうも中途半端な感じがします。もっと圧倒的な映像を見せてくれれば、それだけでも観客はお腹いっぱいになれたかもしれませんが・・・

| | コメント (0)

2009年9月16日 (水)

「容疑者Xの献身」

X DVDで「容疑者Xの献身」を観ました。

悪かないけど・・・

ある殺人事件に疑問を持った刑事・内海(柴咲コウ)は、天才物理学者・湯川学(福山雅治)に捜査協力を依頼する。当初は非協力的だった湯川だが、彼が「天才」と認め、心を通わせ合った大学の友人の数学者・石神哲哉(堤 真一)と事件との関わりに興味を持ち始め・・・

東野圭吾がようやく直木賞を「獲らせてもらった」作品の映画化です。テレビドラマの「ガリレオ」シリーズの映画化ということにもなるそうですが、僕はテレビは観ていないので、キャストや細かなエピソードなどの連続性については一切分かりません。でも、テレビドラマを知らなくても十分楽しめる内容にはなっていたと思います。

以前に原作を読んだ印象からすると、どのキャラクターもこのキャストとはイメージが合わないのですが、まあ、悪くはなかったかな。

特に数学者の石神は、原作からは無骨で不器用な学究の徒といった印象を強く受けるため、「二枚目俳優」のイメージがある堤 真一はどう考えてもミスキャストだと思っていたのですが、これが案外無理なくドラマに嵌っていて、堤 真一の演技力を見直しました。

それから、松雪泰子。彼女の演技はいいですねえ。ここ最近の彼女の様々な脇役ぶりは特筆すべきものがあると思います。本当にいい役者になりましたね。

しかし、どうもドラマの内容の割には全体的に軽い印象があるんですよね。そのあたりがフジテレビ・亀山千広プロデュースのなせる業か? まあ、決して悪い意味の「軽さ」ばかりでなく、作品の取っ付き易さといったところに貢献していると言えなくもありませんが・・・

| | コメント (0)

2009年9月14日 (月)

TT250R 完全復活

Img_2008

完全復活を目指して、バイク屋に預けていたTTR。

走行距離こそ15000Km程度しかありませんが、17年目(93年製)で、数回は草レースも走っているので、思った以上のダメージがあったようです。

破れかけたフロント・フォークのブーツをめくってみると、オイル漏れがありましたし、チェーンも伸びきっていて、結局交換になりました。

タイヤは、まだ山はありましたが、もう7-8年は履きっぱなしでゴムが劣化しているので、これまでより少しオンロード向きのDunlop D605に換えました。

破れていたシートカバーは意外に安く純正品が手に入ったので、張り替えてもらいました。

という具合に、予想を上回る出費でしたが(今までが手を掛けなさ過ぎでした)、跨ってみると、おお~っ!・・・新車のころの感触があるじゃない!

やっぱり、ちゃんと定期的に点検と部品交換をしなきゃだめだね~。

| | コメント (2)

2009年9月13日 (日)

姫路セントラルパーク

Img_1859

昨日の雨が嘘のように晴れ渡った今日は、僕の母も誘って、家族全員で姫路セントラルパークへ。

Img_1876

自家用車でサファリを1周した後は、そのサファリで見てきたキリンやゾウに直接餌やり体験ができるコーナーなどもあって楽しい。

Img_1886Img_1965

遊園地内では入園料だけで観られるサーカスのイベントも。イリュージョン・マジックと体操競技顔負けの迫力の演技が交互に登場する演出で、時間の経つのも忘れるほど。

Img_1980

サファリはそこそこの込み合いでしたが、遊園地のアトラクションはどれも待ち時間なし。幼稚園児でも乗れる遊具は多く、フリーパスでもすぐ元がとれるくらい。

今回は保護者(大人)が3人いたので、子どもたちはみんな思う存分遊具を楽しめた様子。

盛り沢山の一日でした。

Img_1988

| | コメント (0)

2009年9月12日 (土)

夕景

Img_1817

久しぶりに雨の降り続いた一日。やっと雨の上がった夕方に空を見上げる。

| | コメント (0)

2009年9月10日 (木)

ビートルズがやってきた!

Img_1790

EMIの阿漕な商法に乗せられて、またお布施を納めてしまいました。

Img_1793

さて、デジタル・リマスターの音は如何に!・・・ですが、どこから聴こうかなあ。

順当に「プリーズ・プリーズ・ミー」から聴いたとしても、もともとはステレオ・ミックスじゃなかった訳だから、これと比べるのは邪道だしなあ。んじゃ、「アビイ・ロード」から聴こうかなあ・・・などと聴く前から楽しんでおります。

でも、このでかいボックスはちょっと不便。CDが平積みになっているし。

以前のジョージ・マーティン・リマスターの観音開きの箱のほうがコンパクトで良かったですね。

だいたい、紙ジャケというのはあまり好きではありません。だって、CD出すのが面倒くさいでしょ。どうせアナログ・レコードは全部持ってるんだから、ジャケットはそれで十分楽しめるし・・・

と思いながら、アナログ・レコードの棚を久しぶりに見ていたら、こんなものが出てきました。

Img_1797

小学生のころ、アルバムを買えるほどお小遣いがなかったから、ちょくちょくこういったのを買っていたのだったかな。それでも当時(74-75年頃)1枚700円。これも十分高いですね。

昔はレコードは高くて高くて、買うのにすごーく勇気がいったのを思い出しました。どのレコードを買うのか、お店で1時間も2時間も悩んだりしたものです。

ついでに、こんなのも見つかりました。これはほぼリアルタイムのやつじゃないかな。

Img_1798

| | コメント (10)

2009年9月 8日 (火)

秋の田園風景

Img_1722

昼休みに近所をチョイ乗り。

稲刈りもほとんど終わり、バイクで流すと秋の風が心地よい。

| | コメント (2)

2009年9月 7日 (月)

ムルティストラーダ帰還

Img_1720

昨日、24カ月点検とオイル漏れ修理の終わったムルティストラーダを引き取ってきました。

オイル漏れはオイルクーラー付近のパイプの亀裂によるもの。

今年の4月にあった駐車中の立ちゴケで、オイルクーラー付近のステイの一部が変形して、パイプに干渉していたことが遠因だったようです。

あの立ちゴケは、柔らかい土の上にじんわり倒れたので、シフトレバーの先が折れた以外には外見的なダメージはほとんどなかったのですが、こんなところに影響していたとは!

いずれにしても保証で対応してくれたので助かりました。

その他には点検上特に問題なし。

リア・ブレーキ・パッドが結構減っていて、来年の車検まで持つかどうかといったくらい。

ピカピカに磨いてくれていたので、子どもたちにも「バイクが前よりもきれいだ~」と言われて機嫌良く帰ってきました。

| | コメント (0)

2009年9月 6日 (日)

兵庫県立美術館~王子動物園

Img_1598

今日は兵庫県立美術館へ「だまし絵―アルチンボルドからマグリット、ダリ、エッシャーへ」展を観に。

美術館のHPやテレビ・ニュースなどで、その人気と混雑ぶりは知っていましたが、開館前に着いたにもかかわらず結構な人が並んでいてびっくり。

新旧洋邦の「だまし絵」が多彩に展示されていて、大人も子どもも存分に楽しめる展示でした。

Img_1621Img_1605

美術館は麻耶埠頭を対岸に見る運河に面したロケーション。

この辺りは、震災以後に整備された新しい街並みになるのかな。

運河はお世辞にも綺麗だとは言えませんが、新しいマンションやショッピングセンターの並ぶ一角にある、「港町」らしいところです。

末娘が爆睡していてくれたおかげで、館内のこ洒落たレストランで食事をして、昼から美術館の真北に車で15分ほどのところにある王子動物園へ。

Img_1627Img_1638

パンダやコアラは観られましたが、あまりの暑さに、キリンやふれあい広場の動物たち(子供たちが触って一緒に遊べるウサギなど)も屋内に引っ込んでいる様子。

Img_1641

帰りはDUCATI神戸に寄って、整備・修理の済んだムルティストラーダを受け取って帰路へ。

長い一日でした。

| | コメント (0)

2009年9月 5日 (土)

ドルツ・ジェットウォッシャー

Img_1511

先日、歯医者さんにFBI(フロス・ブラッシング・イリゲーション)という話を聞いてきて、早速購入した歯の洗浄機

「イリゲーション」というのは「洗浄」ということでしょうか。

あまり深く考えずに、とりあえず家電量販店で買えるものを購入したのですが、思っていた以上に効果がありそう。

僕はいつも「ながら」でブラッシングするので、ブラッシングに10分程度はかけるのですが、その後でも、このジェットウォッシャーを使うと食べ物カスが出てきます。

最初は、水しぶきがかなり飛び散るのと、130mLしかないタンクの水がすぐになくなることに戸惑いましたが、使い慣れると問題なし。

高容量タンクと噴射機が分かれているものもありますが、このタンク容量で1度の洗浄に2-3回水を入れなおして使うほうが、衛生的だし場所もとらないし、多分使い勝手はいいんじゃないかな。

| | コメント (0)

2009年9月 4日 (金)

YAMAHA TT250R 復活

Img_1581

長らくガレージのオブジェと化していたTT250R。

少しずつ復活作業にかかっています。

バッテリーは外していたので、完全放電はしていないものの、それでも充電器を繋がないとセルは回りません。

でも、1年以上エンジンをかけていなかった割には、あっけなく一発始動。

まあ、ちゃんとガソリン抜いたり、バッテリー外したりしていましたが、やるじゃんTTR。

週末にはエンジンオイルやエアフィルターも交換して、チェーンの張りも調整して、いっそのことタイヤや破れかけたシートカバーも交換しようかな。

| | コメント (4)

2009年9月 3日 (木)

「1Q84」

1q8421q841

遅まきながら、純文学作品としては異例のベストセラーになっている、村上春樹の新作「1Q84」を読みました。

実は、初版が出版されてすぐに購入していたのですが、読み始めるのも読み終わるのもなんだかんだで遅くなってしまいました。

基本的には、丁寧に噛みしめるように読んだつもりですが、結果としてはそれほど楽しめなかったというのが、率直な感想かな。

物語としては、多分これで完結はしていなくて、早晩「Book 3」が出るでしょうから、結論を出すのはまだ早いとは思いますが。

お勧めかどうか聞かれたら、僕はハルキ・ファン以外にはあまり勧めないかも。

まだ未読の方に「予断なく読んで」もらうためにも詳しくは書きませんが、この物語をどう読み解くのかは、人によってかなり分かれるとは思います。僕は割と単純に「喪失と愛の物語」(「愛と喪失」ではなくて)という捉え方で読んだかな。

でも、いずれにしても、これ何百万部も売れる本じゃないよ。普通は。

フランツ・カフカ賞受賞や、エルサレム賞の授賞式でのスピーチが話題になったというタイミングもあるのでしょうが、もうちょっと、こそっと読む本だと思います(笑)。

| | コメント (0)

2009年9月 2日 (水)

夏の終わりに庭でプール

Img_1542

すっかり秋の風が吹き始めたこの頃ですが、今日の日中は久しぶりに汗のにじむような天気。

最後のチャンスとばかりに、この夏は出し損ねたプールに水を張りました。

Img_1516

今日までは小学校・幼稚園は午前のみ。僕も昼休みの僅かな時間につきあいました。

Img_1531Img_1522

お兄ちゃん・お姉ちゃんのはしゃぎっぷりに、末娘はついていけなかった様子。

| | コメント (0)

2009年9月 1日 (火)

ブラックジャック

Img_1508

手塚治虫記念館内のショップで売っていたブラックジャック全17巻のボックス・セットが欲しくて、家内に相談したら、古本屋で買いなさいと。

はい、そうします・・・

というわけで、アマゾンの古本セットを約半額で注文し、今日到着。

ちなみにアマゾンに出ていた新品同様のボックス・セットは、プレミアム価格が付いていて、記念館ショップで買うよりも3000円以上も高い!

ブラックジャックは、以前全巻揃えていたけれども、10年以上前に友人に貸したまま返ってこない。

何年も会っていない友人に返してくれとも言えず、もう一度買うことに。

どうせ、これから子どもたちも読むだろうし、古本が気兼ねなくていいか。

今は家内が熟読中。

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »