« 新型インフルエンザ | トップページ | 栗本薫氏逝去 »

2009年5月26日 (火)

猩紅熱

Img_3552

1歳2カ月になる次女が39度以上の高熱を出し、解熱剤を使ってもほとんど熱が下がらない状態が3-4日続きました。

明らかな薬の効果が見られないのが3日も続くとさすがにちょっと焦って、一晩中、1時間ごとに検温しながら、4-5時間ごとに坐薬を使い、様子をみました。

自覚症状の訴えられない1歳児のことですし、発熱以外のはっきりした症状がなかったので、すぐには原因が分かりませんでしたが、どうやら猩紅熱だったようです。

発熱2日目から抗生剤を使い始め、ようやく4日目ぐらいから効果が見られるようになりましたが、その2日ほどの間がとても長く感じました。

昔は重篤な病気だったようですが、確かに、まともな薬がなければ、これは厳しいな。

ようやく今日くらいから、いつもと変わらない食欲も見せてくれるようになりましたが、まだまだ体調が優れないようで、機嫌も良くありません。

全身には、「猩紅熱-scarlet fever」の名前の由来となった紅い発疹が出始め、痛々しくもあります。

上の3人には、これまで高熱を伴う咽頭炎はあったけれども、これほどの症状はありませんでした。

ということは、抗体を持っていないかも。

うつるかな・・・^_^;

|

« 新型インフルエンザ | トップページ | 栗本薫氏逝去 »

コメント

たまちゃんガンバレ!
病気に負けるな。

投稿: おまけ | 2009年5月27日 (水) 21時07分

おまけちゃん、ありがとう!
たまちゃんは今日からやっと以前の笑顔が戻ってきました。まだまだ、機嫌の悪い時も少なくないけど、ひと安心です(^^)

投稿: akamatsu | 2009年5月27日 (水) 21時53分

この記事へのコメントは終了しました。

« 新型インフルエンザ | トップページ | 栗本薫氏逝去 »