« Ducati 1198 試乗 | トップページ | テレビを買った! »

2009年5月14日 (木)

思秋期

いまだにキヨシロー・ショックから立ち直れずに、何となく気分の晴れない毎日。

飛び込んできた三木たかし氏の訃報にコメントを寄せていませんでしたが、やっぱりスルーすることはできませんので、遅ればせながら・・・

非常に多作で、そのジャンルも多彩なことから、都倉俊一氏と比較されることも多いようです。僕のイメージとして、都倉氏は数多くのメロディーの引き出しを持っていて、それをいろいろと組み合わせて楽曲を練り上げるプロデューサー的な曲作りをしているような印象ですが、三木氏の場合は、自分の内からあふれ出るメロディーを書き留めていった、根っからの作曲師といった感じです。

興味深いのは、歌手をあきらめて作曲家に転身した三木氏が、これだけ作曲家として成功していながら、最後まで歌手に対する憧れを口にしていたこと。

数え切れないほどのヒット曲の中で、僕の家で一番よく聴かれるのは、やっぱり「アンパンマンのマーチ」。

今回の訃報に際して、改めていろいろな楽曲を聴きなおしましたが、僕が個人的に好きな曲は岩崎宏美の「思秋期」かな。

作詞の阿久悠氏も鬼籍に入り、このビデオの羽田健太郎氏のピアノももう聴くことはできません。

僕らの十代と共にあった昭和のメロディーがまたひとつ遠くなったような気がします。

|
|

« Ducati 1198 試乗 | トップページ | テレビを買った! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

最近の歌謡曲やJ.POPも悪い物ばかりじゃありませんが、
編曲やアレンジが良くって良い唄に聞こえる物が多い気がしてなりません。
昭和時代の所謂作曲家が書いた曲にはメロディー自体が非常に綺麗でかつ曲に起承転結があったような気がします。

投稿: ドバイ | 2009年5月15日 (金) 12時08分

>最近の歌謡曲やJ.POPも悪い物ばかりじゃありませんが、
>編曲やアレンジが良くって良い唄に聞こえる物が多い気がしてなりません。

確かにそうですね。
デジタル録音になって、後からの編集は何でもアリなので、きめ細かく多彩なアレンジで耳に残るものは多いですね。
でも、後からいろんなアレンジでカヴァーされても残り続ける曲は、あの頃のものに多いような気はします。
優れた「職業作曲家」が少なくなるのは寂しい限りです。

投稿: akamatsu | 2009年5月15日 (金) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Ducati 1198 試乗 | トップページ | テレビを買った! »