« 誕生日 | トップページ | 猩紅熱 »

2009年5月20日 (水)

新型インフルエンザ

Img_3522

新型インフルエンザについては、まだまだ分からないところが多く、季節性インフルエンザと危険性は変わらないという意見、重症例が20代~50代に集中しており、合併症による死亡ではなく、ウイルスそのものによる死亡例が考えられるため、危険性を看過してはならないという意見、現時点では弱毒性であるものの、いつ強毒性に変異するか分からないという意見、等様々です。

ネット上でも多種多様な情報があふれており、その真偽についてほとんどの人が判断基準を持たないため、一体何を信じてよいか分からない状態になってきています。

ただ、客観的事実として、「現時点」のメキシコのデータでは、感染率・死亡率ともに、季節性インフルエンザをわずかに上回る程度であるようです。

そんな中、兵庫県下のすべての公立幼稚園・小中学校・高等学校では、今週月曜日の午後から、最低でも今週いっぱいは休校という措置がとられました。

感染者が出た学校ならまだしも、感染者の出ていないすべての学校まで休校にするというのは、役人の事なかれ主義が前面に出た対応で、学校によっては、毎日担任が自宅に電話をして、自宅待機をしているかを確認しているところもあるという、まったく馬鹿げた話です。さすがに神戸市では、来週からは学校が再開する動きもあるようですが。

ただし、このウイルスがどういうものか誰もまだ把握し切れておらず、今後の展開も予想できない以上は、「現実的かつ的確な」自衛手段は取っておくべきでしょう。

結局は、手洗い・うがいや、「的確な」マスクの使用、「不必要に」不特定多数集団と交わらないといったことになるのでしょうが。

わが家の子どもたちは退屈そうにはしていますが、まあ、ウチは子供が多いので、みんなで大騒ぎして毎日を過ごしています。

僕の住む市では、まだ感染者は出ていないようですが、それも時間の問題でしょう。学校はきっと来週には再開になるだろうな。

|
|

« 誕生日 | トップページ | 猩紅熱 »

日々雑感」カテゴリの記事

コメント

神戸では子供を持つ親が外出できず、経済状況にも悪影響がでてきます。 外食産業などでは来客数が激減し死活問題にまでなってきている様子です。
早く治まって欲しいものですね。

投稿: ドバイ | 2009年5月21日 (木) 09時38分

ドバイさん
シンガポールは落ち着いているようですね。
現段階では、日本人の対応は過剰反応だとは思いますが、ウイルスについての詳細が分からないだけに、どうにも不気味です。
強毒性への変異などの悪いシナリオも杞憂に終わってくれればいいのですが・・・。

投稿: akamatsu | 2009年5月22日 (金) 00時25分

教えて~
仮に今僕が感染したら、社会的にうんぬんは置いておいて、
普通のカゼより病状はひどいことになるのかな?
社会的には、おうちで寝てるなんて許されず、
どっかに隔離されちゃったりするのかな?
なんだかくしゃみがちなしっぽです・・・

投稿: おまけのしっぽ | 2009年5月26日 (火) 23時15分

しっぽ君、ご安心を!

今の「弱毒性」ウイルスの状態だったら、それほど症状は強くない上に、このウイルスはタミフルやリレンザが良く効く遺伝子を持っているので、すぐにこれらの抗インフルエンザ薬を服用すれば効果が出るはずです。グズグズ長引く風邪より、よっぽど治りやすいかもです。

神戸市の対応を見てても、もうこれからはよっぽど重症じゃない限り、薬を飲んで自宅療養というパターンになるようです。ただし、7日間は外に出るなとか言われるみたいですが。

関東では、A型インフルエンザによる学級閉鎖の数は、実は関西より多いらしくて、新型インフルエンザかどうかを調べる遺伝子診断をしていないだけみたい。もしかしたら関西よりも本当は患者は多いかも。

要するに、「今のところは」大騒ぎしなくても、比較的軽いうちに治すことができる病気です。ウイルスが「強毒性」に変異しない保証はありませんので、あくまでも「今のところは」ですが。

投稿: akamatsu | 2009年5月27日 (水) 00時26分

おお~今のところ安心!
アドバイスありがとサンですcoldsweats01

投稿: おまけのしっぽ | 2009年5月27日 (水) 17時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 誕生日 | トップページ | 猩紅熱 »