« 大阪市立科学館 | トップページ | 思秋期 »

2009年5月12日 (火)

Ducati 1198 試乗

Img_3388

先日、ムルティストラーダのタイヤ交換作業の間に、小一時間ばかり1198に試乗しました。

跨っての第一印象は、とにかく小さく軽い。L型2気筒ならではのスリムなボディのため、とても1200ccもあるバイクとは思えません。

走り出せば、その軽さはさらに際立ちます。マスの集中化や、低重心設計のバランスがとてもいい感じです。

Lツイン・エンジンは、低回転では相変わらず線の細そうな音を奏でますが、このエンジン、低速・低回転からモリモリとトルクがあります。レプリカ/Superbikeなのに、低速でのトルク感はムルティストラーダの1100エンジンを上回っていると思います。

ことエンジンに関しては、正直言って、街乗りでもムルティより扱いやすい! これは驚きでした。

軽くて小回りもきくから、Uターンも楽々だし。

それでいて、ひとたびエンジンに鞭を入れれば、Lツインの気持ち良く伸びあがる機械音と共に、あっという間に振り落とされそうなくらいの加速・・・

乾式クラッチも、シャラシャラいった音を聞いて初めてそうと分かるくらいで、扱い難さは全くありません。

これは参ったな。欲しくなっちゃうよ。

単純にムルティと比較して、ライディング・ポジションと積載性以外では、乗り物として、すべてにおいて上回っていると思います。悔しいけど・・・

でも、やっぱり、あのポジションは長時間は無理。

肩の力を抜いて乗るには、腹筋と背筋がよっぽど強くないと・・・

あの積載性では、ロング・ツーリングは厳しいし、タンデムは出来ないし。それにエンジンの熱さは尋常じゃないです。真夏にジーパンで乗るのは厳しいかも。

結局、バイクという乗り物に、全方位的に優れた車種を望むのは無理なのでしょう。どこを取って、どこを捨てるか。そこに、そのバイクの個性があり、乗り手の趣味があるわけです。だから何台も欲しくなっちゃうんだけどね。

|

« 大阪市立科学館 | トップページ | 思秋期 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

結論:

オフロードも高速も気持ちいいバイクはなかなかありません=+1
峠もツーリングも気持ちいバイクはなかなかありません=+1
お買い物も遠出も気持ちいバイクはなかなかありません=+1

内臓脂肪ぢゃありませんが、増えるのは止めようがありません(>_<)

投稿: しっぽ | 2009年5月13日 (水) 23時31分

しっぽさん、ご無沙汰!

隠岐の島は楽しかった?
キヨシローが死んじゃったんで、僕は喪に服しモードからぬけられないよ~

バイクは、とりあえず、オフローダーとツアラーとレプリカは欲しいな(笑)。
でも、一度に3台は乗られないし、乗る時間もないし・・・
宝くじでも当たれば、1198なんて、眺めるためだけにでも置いておきたいくらいのバイクです。
でも、この値段はとんでもないなあ。インサイト+軽自動車が買えちゃうもんなあ。

投稿: akamatsu | 2009年5月14日 (木) 01時19分

1198はそんなにいいんですね~(--;
やはりこの価格は伊達ではないですね・・・。

以前、モンスターS4Rを試乗したときに、私が知っている世界とは
別のパワーだったのでビックリしました。
・・・っと同時に「これはダメ」っという意識がインプットされましたw

ムルティも手に負えない私は、次は696・・・なんて思ってます。

投稿: さるちか | 2009年5月14日 (木) 12時51分

ムルティはどんな乗り方でも許容してくれる懐の深さがあるように思いますよ。ひとそれぞれの乗り方で乗ればいいので、手に負えないことはないですよ。

1198は「そんなに」良かったです。宝くじに当たったら買います(笑)。買ってもなかなか距離は伸びないでしょうが。

投稿: akamatsu | 2009年5月14日 (木) 21時46分

この記事へのコメントは終了しました。

« 大阪市立科学館 | トップページ | 思秋期 »