« 大型児童館ビッグバン | トップページ | 咲いた »

2009年3月24日 (火)

WBC 優勝!

今日はどこもこの記事ばかりでしょうが、本当に素晴らしい試合でした。

試合直後のインタビューで、先発の岩隈が、9回裏にダルビッシュが打たれて同点に追いつかれたことについて聞かれ、「野球だなと思いました」というようなことを答えていましたが、まさに「野球」の醍醐味がギュッと詰まった試合でした。

その分ハラハラでしたが。

計算して戦えるところ、計算できないところ、計算してもそこからずれていくところ、いろんな要素がない交ぜになって、脚本のないうねるようなドラマがありました。

けれども、そんな中で、まるで脚本に書かれていたようなイチローの決勝打。

原監督が「生涯忘れない」と語ったあの一本が打てる実力と運命を持った千両役者が、それまで不振の筋書きを見せていながら、最後に持っていきました。

ヒット直後のクールな様子とは裏腹に、試合後のインタビューでのイチローのハシャギぶりも印象的でした。

リアルタイムで見られたのは終盤だけでしたが、野球の面白さを存分に味あわせてもらいました。

センバツも始まり、また「野球」のシーズンがやってきます。

野球って楽しいね!

|
|

« 大型児童館ビッグバン | トップページ | 咲いた »

日々雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大型児童館ビッグバン | トップページ | 咲いた »