« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

「モダンタイムス」

Modern_times 伊坂幸太郎の「モダンタイムス」を読みました。

「観る角度をいじれば、事実はいくらでも捏造できる」

魔王」から50年後の日本。とあるサイトの作成に携わったSE(システム・エンジニア)たちが、ある言葉を検索したことから、事件に巻き込まれていく・・・

今のところ、これが最新刊になるのかな。

漫画週刊誌「モーニング」に1年あまりにわたって連載され、大まかな粗筋をもとに、毎回編集者とディスカッションしながら作品が作られていったそうです。

そういう意味では、全体を通して読むとかなり異色なストーリー体裁を持った小説ですが、それを差し引いても、長編としての構成力は褒められたものではありません。

特殊な連載形態をとったせいか、全体の構成の短所を補って余りある、いつもの伊坂幸太郎らしいシーン毎の描写力もやや低調。伊坂幸太郎らしい魅力あるキャラクター描写も、あまり冴えていません。

こういう形態で作品を書き上げたことはひとつの挑戦だったのでしょうが、正直言うと、作品としては失敗作かも。

ただ、作者自身のSEという経歴を生かした着想点や、作者自身の考える作家論や組織論・国家論などが作中にちりばめられていて、新たな作品の芽吹きを予感させるところも少なくありません。

ちょっと引用すると、こんな感じ。

≪「いいか、小説ってのは、大勢の人間の背中をわーっと押して、動かすようなものじゃねえんだよ。音楽みてえに、集まったみんなを熱狂させてな、さてそら、みんなで何かをやろうぜ、なんでことはできねえんだ。役割が違う。小説はな、一人一人の人間の身体に沁みていくだけだ」「小説で世界なんて変えられねえ。届くかもしれねえ。どこかの誰か、一人」≫

≪動物というのは絶えず、進化の可能性を探しているんだ。突然変異の試行錯誤を繰り返している。国家や組織も一緒だ。見えない触手を無数に伸ばして、「変化のきっかけ」や「生き残る確率が増す道」を探している。国家も同じなんだ。自分が生き残ることだけを考えている、生き物だ。≫

この小説は、きっと伊坂幸太郎の今後の作品を生み出す土壌となることでしょう。これからの作品に期待します。

ちなみに・・・

・・・人は知らないものにぶつかった時、まず何をするか?「検索するんだよ」

ということだそうですが、僕も小説の主人公たちと同じキーワードでネット検索をしてみました。

恐ろしい事件に巻き込まれるということは今のところありませんが、講談社も粋なことやってますね。

まあ、そこは、読んで、検索してのお楽しみということで。

| | コメント (0)

2009年3月30日 (月)

「ザ・マジックアワー」

The_magic_hour DVDで「ザ・マジックアワー」を観ました。

映画への愛がたっぷり!

守加護という港町を仕切るギャングのボス・天塩(西田敏行)の愛人・マリ(深津絵里)に手を出してしまった手下の備後(妻夫木聡)。命の代償として、天塩を狙う伝説の殺し屋「デラ富樫」を連れて来ることを約束させられた彼は、映画のロケと偽って、売れない映画俳優・村田(佐藤浩市)に富樫を演じさせることを思い付くが…。

最早コメディ映画の巨匠の風格さえ感じさせるようになった三谷幸喜監督の最新作。

ありふれた言い回しですが、スタジオ・セットから、すべての端役も含めたキャスティングまで、丹念に丹念に、映画作りに拘った、映画への愛が満ち溢れた作品です。

脚本から編集まで、とにかく丁寧に作り込まれているので、たいていの人が心から楽しみ満足できる映画だと思います。

あえて難を言えば、あまりにキッチリ作りすぎ。

まあ、そんなことでケチをつけられたら、身も蓋もありませんが、普通の商業映画なら、もうすこし刈り込まれてもいいはず。136分の映画だけれども、120分を切るようには編集出来るかも。それをこの時間でリリースしてこられるのは、それだけ三谷監督の制作環境が恵まれているのでしょう。

それから、ストーリー的には、ちょっととって付けたような最後の展開も好き嫌いはあるかな。

でも、いずれにしても、ほとんどの人が楽しい映画の時間を過ごすことができると思います。

| | コメント (0)

2009年3月29日 (日)

長女 保育園の卒園式

Img_2453

昨日は長女の保育園の卒園式。

この保育園では2年間お世話になりました。通い始めた時は、まだオムツをしていたんだけど、早いものです。

来月からは2年保育の幼稚園に行く予定。

Img_2489Img_2534

次女が生まれてから、家族写真というものを撮っていなかったので 今日は次女の1歳を記念して近所の写真館へ。

EOS 5D+EF28-70 f2.8Lで数十枚撮影した中から、モニターで見て5-6枚の写真を選ばせてもらう。やっぱりプロは子供の自然な笑顔を引き出すのが上手い。

さすがに撮影の様子までは撮れないので、僕は待合室でパチリ。

| | コメント (0)

2009年3月26日 (木)

咲いた

Img_2401Img_2406Img_2408Img_2411

朝は氷の張る寒さでしたが、昼には庭はこんな様子。

| | コメント (0)

2009年3月24日 (火)

WBC 優勝!

今日はどこもこの記事ばかりでしょうが、本当に素晴らしい試合でした。

試合直後のインタビューで、先発の岩隈が、9回裏にダルビッシュが打たれて同点に追いつかれたことについて聞かれ、「野球だなと思いました」というようなことを答えていましたが、まさに「野球」の醍醐味がギュッと詰まった試合でした。

その分ハラハラでしたが。

計算して戦えるところ、計算できないところ、計算してもそこからずれていくところ、いろんな要素がない交ぜになって、脚本のないうねるようなドラマがありました。

けれども、そんな中で、まるで脚本に書かれていたようなイチローの決勝打。

原監督が「生涯忘れない」と語ったあの一本が打てる実力と運命を持った千両役者が、それまで不振の筋書きを見せていながら、最後に持っていきました。

ヒット直後のクールな様子とは裏腹に、試合後のインタビューでのイチローのハシャギぶりも印象的でした。

リアルタイムで見られたのは終盤だけでしたが、野球の面白さを存分に味あわせてもらいました。

センバツも始まり、また「野球」のシーズンがやってきます。

野球って楽しいね!

| | コメント (0)

2009年3月23日 (月)

大型児童館ビッグバン

Img_2299

昨日は大阪の友人家族と待ち合わせて、「大型児童館ビッグバン」へ。

一昨年まで、この施設からそう遠くないところに住んでいたので、よく遊びに行っていたのですが、今回はおよそ2年ぶり。

最近は、大阪府の代表的な不採算施設として、橋下知事にも槍玉に挙げられて有名になりました。

いろいろと個性豊かな室内遊具も揃っているし、遊びながら実験して学ぶ科学遊具のようなものもあり、幼児から小学生くらいなら半日は十分楽しめます。

連休の最終日で、天気が良くなかったこともあり、結構混み合っていました。

それでも大きな赤字を抱えているのは、この宇宙船のような建物の建設に莫大な費用がかかったからだそうですが・・・。別にこんな形してなくてもいいのにね。

Img_2304Img_2318

生まれて初めて、大挙して走り回る子どもたちを見た次女は、カルチャーショックだった模様。

しばらく茫然と立ちすくんでいました。

Img_2333Img_2336

4階から8階までの53mの高低差を、様々な形のジャングルジムをくぐって登り降りする「遊具の塔」は圧巻の面白さです。

Img_2350

こういった体験(実験)的な遊具もたくさん。

| | コメント (0)

2009年3月21日 (土)

つくし採り

Img_2274Img_2275Img_2278Img_2281

2-3日前よりは冷え込んだとはいえ、寒さも彼岸まで。

子どもたちは畑でつくし採り。

庭のチューリップももう少しで咲きそう。

| | コメント (0)

2009年3月20日 (金)

子供会 歓送迎会

Img_2245

今日は町の子供会の歓送迎会でした。

今回の行事から役員になった僕ら夫婦。僕は次女を背負って準備に司会。家内はカレー作り。

50人ほどの子供が集まりましたが、子供の数が減っているのに昔のままのレシピでカレーを作ったので、たくさん余って役員のみんなで持ち帰り。

夕食もカレーでした。

| | コメント (0)

2009年3月19日 (木)

「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」

Funukedomo DVDで「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」を観ました。

「自分の面白さに気が付いていない!」?

北陸の山奥の集落で、交通事故で一緒に亡くなった夫婦の葬式が行われていた。悲しみにくれる長男・宍道(永瀬正敏)と次女・清深(佐津川愛美)の前に、勘当同然で女優を目指して上京していた長女・澄伽(佐藤江梨子)が突然帰ってくる。徹底して自己中心的で傲慢で自分は他人とは違うと思い込んでいる澄伽は、女優としての才能もないばかりか、その性格ゆえに仕事ももらえず、借金がかさみ、兄の仕送りに頼っていた。それなのに、傍若無人に我儘放題にふるまう澄伽。そんな澄伽から逃げ隠れするように、自室に籠って漫画を描く妹・清深。やがて、家族の恐ろしい秘密が明らかになっていく・・・

基本的には、マンガ的に過度な人物表現を徹底して行うことで、人生の可笑しみや哀しみを浮かび上がらせてくる「嫌われ松子の一生」などにも通じる手法の映画かと思います。

誇張されたキャラクター達を描いていますが、そこにほんのちょっとずつのリアルな設定を忍ばせることで、単なる現実離れした物語に終わらせず、観客もある程度は感情移入してついて行くことができます。

そういうところは上手いと思いますが、そのマンガ的なキャラクターが少々中途半端な感じも否めません。

この映画が第1作目となる吉田大八監督はCM畑出身だそうですが、同じCM出身で高い評価を得ている「下妻物語」「嫌われ松子」の中島哲也監督にはまだちょっと及ばない印象。

けれども、観せるツボは押さえた作りの映画だと思いますので、今後の作品が楽しみです。

| | コメント (0)

2009年3月17日 (火)

次女 1歳の誕生日

Img_2186Img_2087

今日は家族みんなのアイドル、たまちゃんの1歳の誕生日。

お兄ちゃん、お姉ちゃんたちにも本当に可愛がられた1年でした。

たまちゃんはまだ食べられないけど、みんなの大好きなフルーツ・タルトでお祝い。

| | コメント (2)

2009年3月15日 (日)

春がいっぱい

Img_2065Img_2064Img_2070Img_2073Img_2075

庭は新芽がいっぱい。春がいっぱい。

なのにわが家は病人がいっぱい。

で、僕がバイクでツタヤまでひとっ走り。子どもたちはビデオを見て過ごす一日。

Img_2081

午後の僕は心斎橋でバンド練習。久々にストラトを引っぱり出して、オーバードライヴだけのシンプルなサウンドを楽しむ。

ジミヘン風「傘がない」が気持ちいい!

| | コメント (0)

2009年3月14日 (土)

「人のセックスを笑うな」

Let_me_fly_like_an_angel DVDで「人のセックスを笑うな」を観ました。

let me fly like an angel

19歳の美術学生みるめ(松山ケンイチ)は、39歳の講師ユリ(永作博美)に絵のヌード・モデルを頼まれる。ユリの自由奔放さに振り回されるうちに、みるめは彼女の虜になり、彼女のアトリエに泊まるようになる。ところがユリは結婚しており、みるめとの仲を後ろめたいとも思っていない。得恋の有頂天から突き落とされたみるめはユリと別れようと決心するが・・・

ちょっとドキッとするようなタイトルとは裏腹に、昔からよくあるタイプのフツーの恋愛青春映画で、特に扇情的なシーンもありません。

ストーリー的には殊更に斬新なところもありませんし、とりたてて今の時代性を反映しているようなところもなく、20年前の映画であっても不思議でない作りです。

しかし、シンプルな恋愛ストーリーを描くには冗長すぎるほどの時間(137分)をかけて、主人公みるめと、みるめの友人や、彼に思いを寄せる同級生(蒼井優)らの心情を丁寧に描いており、好感が持てます。

永作博美は、ガサツなような繊細なような捉えどころのない、小悪魔的で自由奔放な女性を伸び伸びと演じていて、彼女ならではの魅力を見せています。

'let me fly like an angel' というのは映画の中で彼女が口ずさむ歌。

ある女性ライターの映画評を見たら、黒ストッキングの上にグレーのデカパンを履くというユリ(永作博美)のような女に、男の子が虜になるという設定が現実的でない、と書かれていましたが、う~ん、男はそういう訳の分んなさにどうしようもなく惹かれてしまうところがあるんですよ。女の人には分からないのかな・・・

特にオチのある話ではありませんが、甘酸っぱさと切なさをじんわり味あわせてくれる映画です。

| | コメント (0)

2009年3月12日 (木)

インフルエンザ 風邪 花粉症

Img_2037

今週のわが家は病気ウィーク。

月曜日に突然熱を出して学校を早退してきた長男は、インフルエンザA型と判明。

予防接種は受けていたものの、遠足やイベントは必ず雨、みんなで歩いていても独り犬の糞を踏んでしまうという星の下に生まれた彼には、さもありなん。

で、流行が下火になりかけた時に掛かるのも実に彼らしい。

とりあえず、隣の僕の両親宅に長男を隔離し、リレンザの吸入のみで快方に向かってひと安心。

と、思いきや水曜日から次男が発熱。

ああ、こりゃ来たなと思いインフルエンザ・テストをするも陰性。

高熱時に坐薬で熱を下げただけで、後は鼻づまりの点鼻薬のみで、翌日にはピンピンしているのは実に次男らしい。

今日は、来週に1歳の誕生日を迎える次女が発熱。

彼女も予防接種はしていたけれど、長男が舐めまわすように可愛がっていたのだから仕方ない。判定はインフルエンザA型。

しょうがないので、嫌がる口をこじ開けて、タミフル・ドライシロップの粉を水滴で練って突っ込む。

幸い機嫌は悪くなく、汗を沢山かいて寝ているので、すぐに良くなりそうな感じ。

一番「病気になりたい」長女は、4人の中では一番病気知らず。

でも、もし熱を出したら、一番わがままを言いまくりそうなので、頼むから熱を出すな!

僕と家内は、昨日から、クシャミ・鼻水・肩凝り・頭痛。

単純な風邪にしては鼻炎症状が強く、風邪+花粉症か?

大人は漢方薬を飲んで、早く寝ます。

おやすみなさい。

| | コメント (2)

2009年3月10日 (火)

「幸せのちから The Pursuit of the Happyness」

The_pursuit_of_hapiness

最近、以前の職場の名簿が流出したらしく、自宅に、前の職場の関係者を名乗るセールスの電話がかかってくるようになりました。

電話を取った家内から僕に代わると、何の自己紹介もなくセールス・トークを始める相手。

相手の話を遮って、「この電話番号はどこでお知りになったのですか?」と尋ねると、「それが人の話を聞く態度ですか」と逆ギレ。

あまりの非常識さに思わず「ハハハ」と笑うと、「何笑ってるんですか」と怒り出し、突然「あなた、そういう態度は改めたほうがいいですよ。一体どういう教育を受けてきたんですか!」などと言い出す始末。

あまりに腹が立ったので、「もう切らせてもらいますね!」と一方的に電話を切りました。

非常に不愉快な気分になったのですが、恐らく話を聞かない相手には、こういった個人攻撃をして憂さを晴らしているのでしょう。怒れば怒るだけ相手の思うつぼということか・・・

(ちなみに個人情報保護法第25条において、当該本人が識別される保有個人データの開示の義務が定められており、セールス電話撃退法を掲げるサイトなどには、個人データの入手先を聞くことを挙げていることもありますが、こんな電話には全く無意味ですね。)

*****

幸せのちから」。以前、DVDでも観たことがあるのですが、先日テレビ放映でも観たので。

売れない医療機器のセールスマン、クリス・ガードナー(ウィル・スミス)。妻が家を出て行き、家賃を滞納していたアパートも追い出され、息子と二人でホームレス状態に追い込まれる。しかし、彼は、大手証券会社の研修生となり、息子を育て、夜は寝る場所を探すという、壮絶な生活を始める・・・

ウィル・スミスが実の息子と共演し、実話に基づいて描かれた映画です。

証券会社の研修生となった主人公は、電話番号のリストを片手に、受話器を下ろす時間も惜しんで、一日中電話を掛けまくります。

そして、とある会社のCEOとの通話に成功し、「今から20分以内に来られるのなら、話を聞こう」と言われます。

しかし、ギリギリ時間に間に合わず、CEOには会えず仕舞い。

CEOにとっては数多あるセールス電話の一本にすぎなかったでしょうが、クリス・ガードナーは、次の休日に息子を伴ってCEOの自宅を訪れ、先日の非礼を謝罪します(セールス・トークなしの謝罪のみです)。

これを機に、彼の運命は少しずつ変わり始めます。

自宅まで行くことの是非もあるでしょうし、「運」という要素は大きいとも思いますが、彼が努力を惜しまず、誠意を尽くした結果、道が開かれたのは間違いのないことでしょう。

もし、先日ウチに電話してきたセールス・マンが、電話口での非礼を謝罪するためだけにわが家にやって来たとしたら、もしかしたら話くらいは聞こうと思うかもしれません。

ただし、僕は金を持っていないので、彼のその選択は誤っていますが(笑)。

*****

この映画の原題は「The Pursuit of the Happyness」。'Happyness'の綴りは正確には'Happiness'ですが、この綴りを使っているのは映画の中のエピソードによるものです。

「The Pursuit of the Happiness」=「幸福の追求」とは、独立宣言の中でのトーマス・ジェファーソンの言葉。

「すべての人間は平等であり、神により、生存、自由、幸福の追求という侵されざる権利を与えられている。」

幸福の「追及」の権利は与えられていても、幸福の「実現」の保証はしてもらえない…というのは映画の主人公のつぶやき。

家族愛、努力した結果としての成功、幸福という、アメリカ映画らしい分かりやすいストーリー(その分、妻の描き方など雑な部分もあります)と、ウィル・スミスの嫌みのない演技で、爽やかな印象を残す映画です。

映画のモデルとなったクリス・ガードナー氏は、証券会社から独立し、大きな成功を収めたといいます。

100年に一度という金融危機の今となっては、金融業界で独立することが、幸福かどうか分かりませんが・・・

| | コメント (2)

2009年3月 9日 (月)

カメラ・ストラップ

Img_4355Img_4356

デジタルカメラ・マガジンがARTISAN & ARTISTとコラボして販売している「Quick Buckle 斜めがけストラップ」というのを買いました。

僕は、子どもと一緒に遊びに行ったり、バイクにチョイ乗りしたりするときに、カメラ・ストラップを斜めがけにして両手を空けることが多いのですが、以前から、簡単にストラップの長さを変えられる機動性の良いストラップはないものかと思っていました。

で、見つけたのがこの商品。

瞬時にストラップの長さを調整できるバックルが付いているのが売りです。

実際に使ってみて、このバックルはかなり便利です。本当に一瞬で長さを変えることができますし、バックルもしっかりしていて、重たいカメラ+レンズでも不安感はありません。

柔らかい布製のベルトは、僕が使っていたキヤノン純正のもののようにクルクルと捻じれれることもなく、短くして片手に巻きつけて使う場合にも使いやすく、なかなかの優れものです。

| | コメント (0)

2009年3月 8日 (日)

姫路城

Img_1910_2Img_1919Img_1923Img_1936Img_1939Img_1956

今日は家族で姫路城に行ってきました。

桜もチラホラ咲き始める陽気。

隣接する姫路市立動物園とミニ遊園地でも遊んで充実の一日でした。

| | コメント (0)

2009年3月 7日 (土)

兵庫県立丹波並木道中央公園

Img_1870

今日は家族全員で、近くで造成中の兵庫県立丹波並木道中央公園へ。

この公園の基本コンセプトは

 森の保全や再生についてモデル的に提示していくこと
 ふるさと丹波の景観をつくり育んでいくこと
 森で学び、森で遊び、生活空間としても使い、コミュニティを形成していくこと

だそうですが、田舎の山中をこれだけだだっ広く切り拓いて、「森」で遊べと言われても・・・

特に遊具があるわけでもないし、すれ違うのは犬の散歩と中高年のウォーキングの人たちばかり。

これだけ税金使って、兵庫県は何をしたいのやら・・・

まあ、そんなことは関係なく、子どもたちは走り回っていましたが。

Img_1853Img_1868

| | コメント (0)

2009年3月 6日 (金)

いよっ!兄弟!

Img_1830Img_1834

長男が学校で作ってきました。

ダンボールで出来た自画像?

| | コメント (0)

2009年3月 5日 (木)

オートバイの運転で脳機能向上!?

Img_1836

以前から、川島”脳トレ”隆太教授がヤマハとこの研究をしているというのが話題になっていましたが、結果が出たようですね。

まあ、予想通りというか、ヤマハが資金提供している研究ですから、これ以外の結果が出たら困るわけで。

バイクに乗ること自体は、身体的にも頭脳的にも非常に刺激に溢れたことですので、ほどほどに楽しみ、怪我をする危険を差し引いて考えれば、ポジティブな結果を生み出すのは当然だと思います。

でも、これは、他の好きな趣味やスポーツを、怪我をしたりストレスにならない程度に楽しむのも変わりないんじゃないかなとも思いましたが・・・

川島教授によると、この「脳が楽しいという信号を出している状態」が実験期間の2ヶ月間もの長期に渡って継続したというのは、他では見られない現象なのだそうです。そして、4輪車の運転ではこういった脳の活性化は認められないとのこと。

まあ、短時間でもバイクに乗ることはよいストレス発散にはなりますが、普段からバイクに乗っている者にしてみれば、記憶力や空間認知能やメンタルヘルスの向上に寄与してると言われてもね。家族に対するいい口実にはなりますが(笑)。

| | コメント (0)

2009年3月 4日 (水)

「インディ・ジョーンズ/ クリスタル・スカルの王国」

Indiana_jones DVDで「インディ・ジョーンズ/ クリスタル・スカルの王国」を観ました。

ご存じインディ・ジョーンズ19年ぶりの復活作。
1957年のアメリカ。インディ(ハリソン・フォード)を捕えて米軍基地を襲ったKGBスパイ・スパルコ(ケイト・ブランシェット)率いる集団。彼らはインディに、基地内に隠された秘密資料「クリスタル・スカル」の捜索を強要するが・・・

オープニングからエンド・クレジットまで、どこを切ってもインディ・ジョーンズ印なのも、19年前と変わらず衰えを見せない(悟らせない)ハリソン・フォードにも感服です。

筋の描き方や、ゲーム感覚の映像の見せ方も、前作と何ら変わらず、テーマ・パーク的映画の元祖としての矜持を、肩ひじ張らず披露してくれています。

2時間、退屈せずに楽しませてくれ、観終わったら映画のことを忘れさせてくれるのも、前作と一緒。

ジョージ・ルーカスが主張して持ち込んだという、宇宙人ネタに白け気味にならなくもないですが、まあ、もともとそういう映画ですから、固いこと言いっこなしということで。

| | コメント (0)

2009年3月 3日 (火)

ひなまつり

Img_1809

ひなまつり。

まもなく1歳になる次女にとっては初節句です。

暴徒たちのいるわが家では、当分の間、お雛様はこの小さな立ち雛だけ。

Img_1794

夕食は家内のお手製ちらし寿司。

Img_1817

| | コメント (2)

2009年3月 1日 (日)

兵庫県立コウノトリの郷公園

Img_1779Img_1772Img_1775

長男が友達のところに遊びに行き、わが家には次男の友達とそのお母さんたちが遊びに来たので、久しぶりに僕ひとりフリーになった日曜の午後。

無計画にひたすら北に向かって走ってみたものの、 予想外の寒さと、にわか雨にやられて、豊岡で挫折。当初は日本海まで行くつもりでしたが。

で、コウノトリくらい見て帰るか、と寄ってみた兵庫県立コウノトリの郷公園

思った以上に多くのコウノトリが放鳥されていて、観光客を怖がるでもなく、優雅に佇み、舞う。

道中、たくさんのツアラーたちとすれ違うけれども、ほとんどがハーレー。

ジーパンに革ジャンという出で立ちも少なくなかったけど、根性あるなあ。寒くないのかな。

| | コメント (2)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »