« ジェフ・ベック大阪公演 | トップページ | 長女 生活発表会 »

2009年2月20日 (金)

ジェフ・ベック

Jeff_beck 昨日はジェフ・ベックの大阪公演に行ってきました。

ジェフ・ベックは、クラプトンやラリー・カールトンと並んで、来日したら必ず観に行くギタリストの一人です。

ここ最近はライブアルバム以外の新譜はないのですが、好評だったロニー・スコッツ・クラブでのライブのリズム隊(ヴィニー・カリウタ、タル・ウィルケンフェルド)を擁しての来日です。

ジェフのライブはその時の出来不出来で結構差があることが知られていますが、昨日のライブは僕が観たここ最近の来日公演の中ではベストの出来だったかもしれません。

何よりも、激しく複雑なリズムの応酬の中でも、楽しげに笑いながら演奏するメンバーたちが印象的でした。

可憐なハイテク・ベーシスト、タルちゃんがメンバーに与える影響は大きいのかもしれません。

タル・ウィルケンフェルドのベースは繊細で正確に複雑なビートを刻んでいきますが、体の芯を揺さぶらせるグルーブには欠けるように感じました。その点は不満ですが、カリウタのドラムとの相性はいいようでしたし、バンド全体の雰囲気になくてはならない存在感を示していました。

手数の多いリズム隊をバックに、ジェフはあくまでも悠然と激しいロック・ギター・リフを掻き鳴らし、繊細にフィンガーピッキングやアーミングやスライドバーを操り、ヴォリューム・ノブやトーン・ノブを絶えず弄り、彼にしか出来ないギター・ミュージックを構築していきます。

ジャズ・ギタリストのように様々なスケールを弄することはないものの、その少ない音数を、これだけ豊かな表情で聴かせることが出来るギタリストは他にいないでしょう。

同じギタリストと言う立場からすると、自分と同じ「ギター」という楽器を使って音を出しているとは到底思えません。

クリームやブルーズ・ブレイカーズの頃のクラプトンが好きで、最近のクラプトンは好きになれないと言う人は少なからずいるようですが、昔のベックが好きで、最近のベックは嫌いだと言う意見はあまり聞いたことがありません。

ジェフ・ベックは、愛用のギターの種類やピッキングや奏法が変わっても、決してぶれない非常に個性的なフレージングやグルーブ感を持っていて、音楽環境が変わっても、芯の部分では全く同じギター・ミュージックを奏でているからだと思います。

ジェフ・ベック・グループのギターソロと、最近のインスト曲を続けて聴いてもあまり違和感はありませんから。

|
|

« ジェフ・ベック大阪公演 | トップページ | 長女 生活発表会 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジェフ・ベック大阪公演 | トップページ | 長女 生活発表会 »