« 味噌おでん | トップページ | 大山 »

2008年12月11日 (木)

「WILD HOGS/団塊ボーイズ」

Wild_hogs DVDで「WILD HOGS/団塊ボーイズ」を観ました。

アメリカ中年バイク事情

実業家として成功していたウディ(ジョン・トラボルタ)は、自己破産し、モデルの妻とも離婚。メタボ気味な歯科医のダグ(ティム・アレン)は、息子に相手にされず、ストレスを溜める毎日。文筆家を目指す配管工ボビー(マーティン・ローレンス)は、家族から粗大ゴミ扱い。オタク・プログラマーのダドリー(ウィリアム・H・メイシー)は、何をやってもうまくいかないしがない独身。
こんな旧友たちで作ったバイカー・チーム「WILD HOGS」で、たまにつるんで走るのだけが楽しみの4人が、「俺たち、まだまだ終わっちゃいないぜ」と爆発。ハーレーでアメリカ横断3200キロの「自由な旅」に出たはいいが、トラブル続きの珍道中。そして、途中で寄った街で、札付きバイカー集団「デル・フエゴス」に睨まれ・・・

日本では、ここ最近は若い人のバイク人口は伸び悩み、中高年のバイカーが増えているようですが、アメリカではどうなのでしょうか?

アメリカの中年バイク事情もしのばれるコメディー映画です。

全体としては、テンポのいい、楽しいコメディー映画ですが、やはり日本人の気質には合わないアメリカン・ギャグと、西洋文化に根ざしたギャグ(男の裸やゲイに対する考え方)、アメリカのTV番組に関連したローカル・ギャグ、などが織り交ぜてあるため、どうしても笑いがスポイルされるところはあります。

日本語吹き替えに日本語字幕を表示した状態で見たのですが、翻訳家達も苦労しているようで、吹き替えと字幕に大きな違いがあるところが散見されました。

ともあれ、そんなに深く考えずに、中年バイカーが楽しむにはいい映画です。(別にバイクに関するマニアックな話は出てきませんので、バイク乗りでなくても十分楽しめます。)

映画の最後にチラリとカメオ出演したピーター・フォンダが、「バイカーなら時計は外せ」と言って立ち去るシーンはなかなか渋い演出でした。(「イージー・ライダー」で時計を投げ捨てるシーンがありますね。)

|

« 味噌おでん | トップページ | 大山 »

本・映画」カテゴリの記事

コメント

コレ!これ!おまけは映画館で観て面白かった。久し振りのアメリカン晴れなポップコーンが似合う映画。考えずに大笑い出来る。しっぽとDVDでこないだ観たのだけど・・・
ピーターフォンダが判らんかった・・・最後の感動が無かった・・・さみしかった。
私もイージーライダー観たことないけど知ってたで有名だもんね・・・

投稿: しっぽのおまけ | 2008年12月12日 (金) 09時41分

ラストに暴走族の一番の大将が出てきたでしょ。暴走族たちのたまり場のバーを最初に建てたっていう。あの白髪ロン毛の内田裕也みたいな(笑)。あれですよ。

投稿: akamatsu | 2008年12月12日 (金) 21時16分

この記事へのコメントは終了しました。

« 味噌おでん | トップページ | 大山 »