« 再考 佐野元春 | トップページ | 伊賀の里モクモク手づくりファーム »

2008年11月29日 (土)

「COYOTE」

Coyote そして、昨年出た佐野元春の最新作「Coyote」。

佐野元春が表現者として深化を続ける姿勢には驚くばかりです。

素朴なくらい生真面目な人柄はインタビューなどの露出でも明らかですが、常に独自のラジオ・プログラムや雑誌やウェブ・サイトを持ち、それらをフルに活用した自己表現プロデュース能力に長けたところが、そういった姿勢を支えているのでしょう。

前作「THE SUN」もそうでしたが、派手なコマーシャリズムとは一線を画しているため、一聴してみただけでは平板なサウンドに聴こえますが、聴きこめば聴きこむほど深さを感じるアルバムです。何度も聴くうちに、様々なフレーズの断片が頭から離れなくなります。

しばらく一緒に活動していた超一流セッションミュージシャン集団「THE HOBO KING BAND」を離れて、若いミュージシャンたちとの勢いのあるセッションが、今の佐野元春の「言葉」を支えています。

Coyoteと呼ばれる男の視点を通して、12篇のサウンド・トラックとして作られた本作。トータル・アルバムとしても高いクオリティーを示しています。

どんな時代にあってもメッセージを発し続ける佐野元春。実に強靭な心をもったミュージシャンだと思います。

|
|

« 再考 佐野元春 | トップページ | 伊賀の里モクモク手づくりファーム »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再考 佐野元春 | トップページ | 伊賀の里モクモク手づくりファーム »