« 「最高の人生の見つけ方」 | トップページ | 「Ju te veux(おまえが欲しい)」 »

2008年10月22日 (水)

「Night and Day」

Virtuoso 今月はバンドメンバーの都合が合わず(あ~バンドのサイトも更新しなきゃ!)、練習をスキップしたので、久しぶりに独りで地道にギターの練習をしています。

このところ練習しているのは、ジョー・パス大先生の「Night and Day」。

本当に「夜も昼も」こればっかり弾いています。

寝ても覚めても大先生のES-175の音が頭の中で鳴っています。

10年くらい前にも集中的に練習して、取り敢えず楽譜の面はたどれるようになったものの、ジョー・パス大先生のうねるようなグルーブ感やスムーズさは全く表現できず、挫折してしまった経緯があります。

楽譜の解説には、この演奏はジャズ・ギターのイディオムに溢れていると書かれていますが、果たしてこれを完璧に弾きこなせるようになった暁には、新たな地平が見えてくるのでしょうか?

確かに美味しそうなフレーズが満載ではありますが、応用力が限りなくゼロな僕には、これでジャズ・ギターの造詣が深くなるようなブレークスルーの予感は全くありません。まあ、宴会ネタにはなるかな。

しかし、楽譜もところどころ合ってないっポイのよね。どう聴いても和音に納得がいかなかったり、音数が合ってないような感じがしたりするのだけど、この速い複音パッセージを聴き取るのは至難の業。理論的に検証するだけの知識もないし。

あぁ~、また積読になるだけの理論書を買ってしまいそう。

|
|

« 「最高の人生の見つけ方」 | トップページ | 「Ju te veux(おまえが欲しい)」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

う~ん、よくわかるなー。その気持ち。
R&B系ギタリストにとってはジャズのスケールやコードはなじみがない分難しいですよね。
我々はペンタで弾きまくって指癖ついちゃってますからね。
時間をかけてじっくりやればいいやって思っているうちに
歳食っちゃいました。
そろそろ本格的に取り組みたい年頃。
でもJ-POPも良いな~。なんて思ったりもして。

投稿: ドバイ | 2008年10月22日 (水) 22時42分

ジャズはいくら勉強しても全然身につきません。
結局ブルースの指癖に戻ってしまうんですよね。

J-POPもいいですよね。
女の子のバックで渋くバッキングを決めるのもいいなあ。そういうバンドもやりたいですね。

投稿: akamatsu | 2008年10月23日 (木) 00時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「最高の人生の見つけ方」 | トップページ | 「Ju te veux(おまえが欲しい)」 »