« よっこらしょ | トップページ | 保育園運動会 »

2008年9月26日 (金)

「トニー滝谷」

Tony 先日、急逝した市川準監督の2004年の作品「トニー滝谷」を観ました。

演劇的な視点で描かれた詩的な作品で、坂本龍一の静かだけれども妙に引っかかるピアノと相俟って、独特の叙情世界を作り出している映画です。

76分という上映時間が、このスタイルには短すぎず長すぎず絶妙なサイズだと思います。

村上春樹の世界を表現した映画としては、これ以上の作品はないかも知れません。

地味な映画ですが、観ている最中から、そして観終わった後も、じんわり体のどこかに響いてくるようです。

|

« よっこらしょ | トップページ | 保育園運動会 »

本・映画」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。