« 「最後の授業 ぼくの命があるうちに」 | トップページ | MTB »

2008年7月 3日 (木)

「ヘアスプレー」

Hairspray DVDで「ヘアスプレー」を観ました。

ハッピーな歌と踊りが満載のミュージカル

60年代のボルチモア。トレイシーは歌と踊りに夢中なポッチャリ体型の女子高生。高校生たちが主役の人気TV番組「コニー・コリンズ・ショー」に憧れる彼女は、ダンス・パーティーで踊るところをスカウトされ、晴れて番組のレギュラーになるのだが・・・

60'sテイストにあふれた青春ミュージカル映画です。

実際のオーディションで主役に抜擢されたニッキー・ブロンスキーの幸福感に満ちた歌と踊りは圧倒的で、のっけからの「グッドモーニング・ボルチモア」で映画の世界にグイグイ引きこんでくれます。

とにかく全編を通してハッピーな歌と踊りが満載で、古き良き青春映画らしいワクワク感がいっぱい。

けれども、予定調和なストーリーと目新しさのない映像はちょっと退屈で、中盤からはダレ気味。

ファット・スーツと特殊メイクでトレイシーの母親になりきったジョン・トラボルタが話題ですが、トラボルタがやる意味があったのかな。もっと魅力的なお母さんを演じられる女優はいると思うけど。

トラボルタとクリストファー・ウォーケンが愛を語らうシーンを見たい人はそれほど多くないのでは・・・

このところ、コメディー、ホラー、ミュージカルと観てきたのは、子育てで疲れた家内が眠くならないための選択。けれども、この映画の後半は眠かったです。

|

« 「最後の授業 ぼくの命があるうちに」 | トップページ | MTB »

本・映画」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。