« '44 Martin OO-21 | トップページ | 「カンナさん大成功です!」 »

2008年6月25日 (水)

'44 Martin OO-21の音色

Img_2446_4

一年以上ぶりに弾いたOO-21。

弦は張り替えていませんが、コンディションは良好で、さすがに60年以上生きながらえてきたギターは丈夫なもんです。

録音はICレコーダーのオリンパスVoice-Trek V-50を眼の前に置いただけのシンプルなもの。リバーブもノイズ処理も全くなし。

優しいまろやかな音色が再現できているでしょうか。ちょっとアタックが強く出すぎているかもしれません。このへんの録音テクニックも勉強しなきゃね。

しかし、やっぱりアコギは苦手です。上手くなりたいと思って定期的に引っ張り出してみるものの、いつも挫折してしまいます。

老後にフィンガー・ピッキングの練習を取っておくという言い訳をして、また、ハードロック・ギタリストに戻るわけです。

|
|

« '44 Martin OO-21 | トップページ | 「カンナさん大成功です!」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« '44 Martin OO-21 | トップページ | 「カンナさん大成功です!」 »