« ウインド・スクリーン | トップページ | 母の日 »

2008年5月10日 (土)

無印良品 体にフィットするソファ

Img_0978 我が家では、この一年余り無印良品の「体にフィットするソファ」を使っています。

子供が小さいので、床に直接座ることが多く、大きくて場所も固定されるソファよりも、こういった簡易ソファのほうが使いやすいと思ったからです。

微粒子ビーズを、ナイロン製のストレッチ素材と帆布素材が交互に組み合わせられたカバーで包んであり、どちらのカバー素材に体を預けるかで、座り心地が変わってきます。

ストレッチ素材を上面にして座ると、体はすっぽりと沈み込みますが、前後左右は帆布素材で支えられるので、やわらかいソファに包み込まれるような座り心地になります。

帆布素材を上面にして座ると、座った面はあまり沈み込みませんが、左右から座面を支えるストレッチ素材が伸びるため、ソファ全体が広く円形に変形して、広い面で全身を受け止めます。広くて柔らかい座布団のような感じかな。

僕は「寝る」よりも「座る」ことの方が多いので、ストレッチ素材を座面にするのが好きです。

クッションとして考えると安くはありませんが、一般的なソファよりは遙かに安くて使いやすいかなと思います。

問題は、年中使っているとカバーがヘタってくることかな。どうしてもストレッチ素材が伸びきってしまうようです。

もちろんヘタっても使えないことはありませんが、先日、新しいカバーに交換したら、座り心地の差は歴然。

年に1~2回はカバー交換が必要かもしれません。

|

« ウインド・スクリーン | トップページ | 母の日 »

日々雑感」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。