« シドニー・ポラック | トップページ | 「友達でいさせて Can We Still Be Friends」 »

2008年5月28日 (水)

ムルティストラーダ ゼログラヴィティ・ウインド・スクリーン

Img_1705 Img_1723 Img_1727 Img_1725

Webikeで注文して、納期が6月末と言われたゼログラヴィティのウインド・スクリーンでしたが、結局注文から2週間あまりで届きました。どこかに在庫があったのかな。

5月23日(金)に届いたので、雨が降りしきる夜中、ガレージの中で交換作業をしました。25日(日)の長浜行きには生憎の雨で活躍できませんでしたが。

今回選んだのは、ゼログラヴィティが出している中でも一番高さの高いスポーツ・ツーリングというタイプ。高さの差は写真の通り、純正と比べると中央部で7-8cmといったところ。

色はクリア、スモーク、ダークスモークの中からスモークを選択。

交換は簡単で所要時間は10分程度。ただし、T7というかなり細いT型トルクス・ドライバー(レンチ)が必要。

取り付け穴の位置はほぼ正確で、ネジを締めるのには問題はないけれども、完全にはチリは合っていません。純正のようにネジ穴が1-2mm縦長になっていればいいのでしょうが。気になる方は、ネジ穴を縦に少し広げることをお勧めします。僕はあまり細かいことは気にしないので、これでOK。

さて、日曜日の長距離ツーリングには使えませんでしたが、週明けからの通勤に使った印象は・・・

①ヘルメットの額あたりに当たる風はそこそこ軽減。顔に当たる風が減った分、肩に当たる風が気になるようになったかな。高速を長時間走れば、疲れ方が違うかも。
②ただし、ヘルメット・シールドに当たる虫はそれほど減らない。まあシールドの中に顔を隠している訳ではないので・・・
③スクリーンの上端が顔の近くで震動するので、慣れないうちは気になるかも(すぐに慣れましたが)。
④スクリーンを通して前方を見ることはないので、スクリーンの色は何でも一緒。外見の好みだけの問題。通常のスモークでもちょっとイカツイかも。

総じて印象は良好。ただし、バイクを乗り換えたほどの劇的な変化はありません。

他のメーカーのスクリーンとの比較はできませんが、交換スクリーンの中では一番安い製品なので、僕はこれで十分満足です。

|

« シドニー・ポラック | トップページ | 「友達でいさせて Can We Still Be Friends」 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

おお!納品されましたか!

高速での使用感、期待できそうですかね。

投稿: MIYA | 2008年5月28日 (水) 22時46分

MIYAさん、使用感は悪くないと思います。
絶大的という程ではないですが、程々の効果は得られます。
過度の期待は禁物ですが、少なくともネガティブなところはないし、コストパーフォーマンスからしても、一番薦められるスクリーンかもしれません。

投稿: akamatsu | 2008年5月28日 (水) 23時02分

おお、黒も渋いね。
こないだ静岡にツーリングに行ったとき、
GIVIのスクリーンに変えてあるうちのTDMに
さらに効果を期待した¥100均チューンをしました。
詳細はまた今度実際にお見せします。笑うよ(*^_^*)

投稿: しーらかんすのしっぽ | 2008年5月28日 (水) 23時25分

>さらに効果を期待した¥100均チューン
気になるなあ~。また見せてね!

投稿: akamatsu | 2008年5月29日 (木) 13時03分

この記事へのコメントは終了しました。

« シドニー・ポラック | トップページ | 「友達でいさせて Can We Still Be Friends」 »