« 東京出張 | トップページ | Canon EOS Kiss X2 »

2008年4月15日 (火)

「フィッシュストーリー」「死神の精度」

Accuracy_of_death Fish_story 出張の往き帰りに伊坂幸太郎の「フィッシュストーリー」と「死神の精度」を読みました。

「死神の精度」の映画化や、「ゴールデンスランバー」の本屋大賞と、飛ぶ鳥を落とす勢いの伊坂幸太郎ですが、とにかく文章が上手いと思います。

誤解を恐れずに言うと、ストーリー・テラーではないでしょう。

特異な状況や「死神」の視点など、独特の切り口によって展開させていくものの、ストーリー的には纏まりのないものも少なくなく、ミステリーとしても決して斬新ではないと思います。

しかし、とにかく描写力がすごい!決して飾り立てた文章ではないけれども、個性的でかつ的確。卓越した心理描写で登場人物のキャラクターを作り上げていく筆致には唸らされるばかりです。

ストーリーや構成的な面から、まだもう少し直木賞は獲らせて貰えないかもしれませんが、僕個人的にはそんなことどうでもいいような気がします。この作者の文章が作り上げた人物の息吹を感じられるだけで十分です。そんな読後感に浸らされた作品群でした。

|

« 東京出張 | トップページ | Canon EOS Kiss X2 »

本・映画」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。