« 最近のムルティストラーダ | トップページ | 「バベル」 »

2008年2月22日 (金)

「しゃべれども しゃべれども」

Shaberedomo DVDで「しゃべれども しゃべれども」を観ました。

古典落語にこだわり、行き詰まりを感じている二つ目の落語家、今昔亭三つ葉(国分太一)。彼のもとに、美人だけれども無愛想で口下手な女性、大阪から引っ越してきて言葉や文化の違いからクラスに馴染めない小学生、強面で解説が下手な元プロ野球選手が集まり、「話し方教室」=「落語教室」を始めることになり・・・というストーリー。

僕にはテレビや映画の中でしか馴染みのない東京の下町を舞台に描かれる映画です。

今の下町ってこんな感じなのかな。僕らが刷り込まれているイメージ通りの人情味豊かな様子が伝わってくる映像です。

伊東四朗や八千草薫といった、立っているだけで芸になるような役者に支えられて、国分太一が奮闘しています。決して巧くはないけれども、誠実さの伝わってくる彼の演技を不快に思う人はいないでしょう。

話としては、国分の成長物語としても、恋愛映画としても中途半端で、ちょっと消化不良な感じもしますが、全体的に爽やかな雰囲気は悪くはないかな。

清々しい気分には浸れる映画です。

|

« 最近のムルティストラーダ | トップページ | 「バベル」 »

本・映画」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。