« かまくら | トップページ | 吹雪 »

2008年2月26日 (火)

「あの日にドライブ」

Anohinidrive 荻原浩の「あの日にドライブ」を読みました。

やっぱり巧いなあ。

まず、文章のテンポがいいし、他にはないユニークな表現もたくさんあって、この辺はやっぱりコピーライター出身という経歴が大きいのかも。

大手都市銀行を辞めざるを得なくなったエリート銀行マンが、とりあえず腰掛けのつもりでタクシー運転手になったけれども・・・。中盤までは、なんだかやり切れないつらい話が延々続きます。同世代としては、身につまされる思い。でも、銀行内部ってこんなに保守的で酷い組織なのかなあ。

中盤からはちょっとポジティブな展開になってきて、最後は爽やかな気分にもさせてくれますので、読後感は悪くありません。

他の作品でもそうだけど、この作者はラストの展開と、そこへ流れ込むような筆致が本当に巧いと思います。

|

« かまくら | トップページ | 吹雪 »

本・映画」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。