« 大学軽音楽部同窓会 | トップページ | キリンジ »

2008年1月14日 (月)

「いつか読書する日」

Itsuka_dokusho DVDで「いつか読書する日」を観ました。

田中裕子や岸部一徳らの芸達者な役者さんたちによる静かな大人の映画です。

多くを語らずとも、役者の表情や印象的なショットによって淡々とストーリーが進み、劇的な事件の後も淡々とした時間の流れを描いて終わります。

こういう映画は嫌いじゃないし、台詞以上に饒舌なカメラワークもいいと思いますが、それぞれのエピソードがちょっと長すぎるかな。いくつかの関係なく進行しているエピソードが、最終的にある程度収斂していくのだけど、そのそれぞれを饒舌に描き過ぎなような気がします。

もうちょっと刈り込んでくれた方が、むしろ多くのシーンが印象に残るようにも思います。編集次第で、もっと良い作品になるんじゃないかな。

|

« 大学軽音楽部同窓会 | トップページ | キリンジ »

本・映画」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。