« 「いつか読書する日」 | トップページ | 「世界最速のインディアン」 »

2008年1月15日 (火)

キリンジ

Kirinji 発売されると必ず新譜を買うアーティストは少なくなりましたが、日本ではキリンジがそうですね。

この連休は何故かキリンジをよく聴きました。

この兄弟バンドの紡ぐメロディーセンスと特異な歌詞のセンスは比類ないものですが、4枚目以降はちょっと歌詞が普通っぽくなってきてて、以前のような面白みに欠けると思うのは僕だけかな?

1~3枚目はどれも擦り切れるほど聴いている好きなアルバムですが、一番聴く回数が多いのはデビュー・アルバム「ペイパー・ドライヴァーズ・ミュージック」です。

ポップでキャッチーなメロディーに、どう聴いても変な言葉が連なる歌詞(しかしよく聴くと意味が深い)、それを甘い歌声とコーラスで仕上げられては耳に残ってしょうがない。

初めて聴いた時は、そのアイロニカルな詞と複雑なメロディー・アレンジからスティーリー・ダンを連想しましたが、彼らの趣味はもっと多岐に渡っているようです。

昨年はオリジナル・アルバムは出ませんでしたが、今年はデビュー10周年らしく、いろいろと楽しみな企画がありそうです。

|
|

« 「いつか読書する日」 | トップページ | 「世界最速のインディアン」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「いつか読書する日」 | トップページ | 「世界最速のインディアン」 »