« 993 タイヤ | トップページ | 「クリスマスの約束」 »

2007年12月27日 (木)

「P・U・L・S・E-驚異」

Pulse 年賀状書き(というか印刷)も終わって時間が出来たので、久しぶりにピンク・フロイドのライブDVD「P・U・L・S・E-驚異」を引っ張り出して観ました。

昨年出た、94年のロジャー・ウォーターズ抜きのフロイドのライブ映像です。

ライブDVDは一度観たらあまり観直さないものも少なくないのですが、これは何度も観直すもののひとつです。こんな凄い映像がお手軽に観られる時代に感謝です。

このDVDの白眉は、DVDならではの様々な特典映像もありますが(スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガンと演奏する「Wish You Were Here」!)、やっぱり「The Dark Side of The Moon-狂気」の全曲演奏でしょうか。

僕はギタリストとしてデヴィッド・ギルモアはとても好きなのですが、「狂気」のアンコールで演奏する「Comfortably Numb」のギター・ソロは圧巻ですね。

決して速弾きはしませんが、一音聴けばそれと分かる特徴のある分厚い音で、ブルーズを基本にメロディアスな旋律で歌いあげ、それでいてロック・ギターとして扇情的でもあります。

今回、改めて気がついたのですが、ニック・メイスンのドラムって、実はピンク・フロイドのサウンドの要ですね。泣きも笑いもしなくて正確だけど、決して無機的でもなく、穏やかなようでいて、激しく曲を盛り上げることもある。今さらですけど、いいドラマーですよね。セッション・ワークが多いのも頷けます。

|
|

« 993 タイヤ | トップページ | 「クリスマスの約束」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。無事帰国しました。私もPULSEは持っています。何度見ても面白いですね。フロイドは音楽的にも面白いのですが、映像による視覚要素が加わると更に面白さがますのだと思います。当方のバンドのキーボードがフロイドファンで、演奏したいと申すのですが、素人がやっても、やはり雰囲気が出ないのでは?と思います。コーラスも大変ですしね。 
次回のセッションも楽しみにしていますよ。

投稿: ドバイ | 2007年12月27日 (木) 14時02分

ご無事で何よりです。
また何か面白いお話があったら聞かせてください。
それこそギター2人、キーボード2人にコーラス隊もいるような大バンドなら、「狂気」全曲セッションとか楽しそうですけどね。

投稿: akamatsu | 2007年12月27日 (木) 17時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 993 タイヤ | トップページ | 「クリスマスの約束」 »