« 訃報 | トップページ | ネック・ウォーマー »

2007年12月21日 (金)

ムルティストラーダ クラッチの握り その2

12月16日の記事で、ムルティの「クラッチの握り」について書きました。

ディーラーのメカニックにクラッチがデリケートなので4本掛けで握ってくださいと言われたという話です。

最近は分厚いグローブをしていて指をバラバラに動かしにくいこともあり、基本的に4本掛けで握っていたのですが、クラッチ・レバーの位置を遠くして人差し指と中指の2本掛けで握るようにしてみると、これがなかなかやりやすい。

ドカのクラッチはレリーズを付けていてもそこそこ重いので、遠い位置での2本掛けというのはちょっと握力が要りますが、微妙な半クラもやりやすいし、僕は割と手が大きいので交差点でクラッチ操作とウインカー操作を同時にすることもあるのですが、これがやりやすい。

当分これだな。

|

« 訃報 | トップページ | ネック・ウォーマー »

バイク」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。