« 「ポール・マッカートニー・アンソロジー 1970-2005 」 | トップページ | 次期ファミリー・カー選定 マツダMPV? »

2007年11月22日 (木)

「Songlines Live 」

Songlines_live 昨年のクラプトン来日公演で大活躍したデレク・トラックスのバンドのDVDです。

ご多聞に洩れずクラプトンのサイドワークで呆然とさせられてこのDVDを購入したのですが、何故か棚にしまったまま忘れていました。もったいない。

で、このDVDなんですが、デレク・トラックス・バンドはCDも持っているのですが、やっぱり映像で見ると圧巻ですね。

言葉では表現しようがないスライド・ギターの超絶テクニック・・・。興味がある方はぜひ映像で見てください。

チューニングはオープンEのようなんですが、押弦プレイもそのままオープンチューニングでやっていて、全く違和感のないブルースも聴かせてくれます。これはギターを弾いている者からすれば本当に型破りで目が点です。

スライドも押弦もフィンガー・ピッキングだけれども、激しいプレイで弦も切っているから凄い。結構涼しい顔で棒立ちでプレイしているんですけどね。

サウンド的にはブルースというよりもフュージョンっぽい曲も多くて、ジョン・スコみたいな切れたプレイからスティーヴ・ヴァイみたいなリディアン・スケールを多用した曲もあって面白い。

惜しむらくは、どの曲もギターのトーンにあまり変化がなくて、映像抜きでは飽きてしまいそう。

ちょうど来週から来日公演があるみたいだから、チャンスがある方は観に行かれてはいかがでしょう。

http://www.derektrucks.com/tour_info.html

|
|

« 「ポール・マッカートニー・アンソロジー 1970-2005 」 | トップページ | 次期ファミリー・カー選定 マツダMPV? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ポール・マッカートニー・アンソロジー 1970-2005 」 | トップページ | 次期ファミリー・カー選定 マツダMPV? »