« SHOEI MULTITEC | トップページ | 恐竜発掘 »

2007年10月 9日 (火)

阿部典史氏 事故死

ノリックこと阿部典史さんが公道で事故に巻き込まれ亡くなりました。

以下は日刊スポーツの記事から

-----------------------------------------------------------

 7日午後6時20分ごろ、神奈川県川崎市の市道で、2輪ロードレースの人気ライダー、阿部典史(のりふみ)さんが乗ったバイクがトラックと衝突、阿部さんは病院に運ばれたが間もなく死亡した。32歳だった。93年に全日本ロードレースにデビューすると、いきなり史上最年少の18歳で総合優勝を達成。世界選手権(WGP)でも通算3勝を挙げるなど「ノリック」の愛称でファンに愛され、日本に2輪ブームを再来させた立役者だった。
 世界を舞台に活躍したライダーが非業の死を遂げた。川崎署によると、阿部さんは同市川崎区大島1丁目の片側2車線の市道の右車線をスクーター型の500CCバイクで北上中、前方の左車線からUターンしようとした4トントラックを避けようとしたが、衝突して対向車線に放り出された。当初は意識があったものの、午後8時52分、搬送された市内の病院で死亡が確認された。阿部さんは胸を強打し、ろっ骨骨折や臓器の損傷などもみられたもようだ。
 現場はUターン禁止だった。トラックを運転していた51歳の男性は、道を間違えて引き返そうとしていたといい、同署が自動車運転過失致死の疑いで事情を聴いている。
 阿部さんはオートレース選手の父光雄さんの影響で、5歳でバイクレースを始めた。93年に全日本ロードレースにデビューすると、いきなり史上最年少の18歳で総合優勝するなど、若くして才能を開花させた。95年から当時、WGPの最高峰クラスだった500CCにフル参戦。翌96年の日本GPで初優勝し、日本人としては14年ぶりの優勝を遂げた。後輪を滑らせながら必死に逃げる姿は、伝説のレースとして多くの2輪ファンに語り継がれている。
 レース中になびかせる長髪がトレードマークで、気さくな性格から「ノリック」の愛称で親しまれた。WGPでは通算3勝、表彰台17回の実績を残し、岡田忠之、伊藤真一らとともに日本に2輪ブームの再来をもたらした。マイケル・ドゥーハンら世界を代表するライダーと対等に渡り合いながら突然、転倒することもあり、「速くて危険なライダー」とも言われた。
 スーパーバイク世界選手権などを転戦後、今季から全日本に復帰。5月のレースでは3位に入り、復活をアピールした矢先の事故だった。

-----------------------------------------------------------

事故の状況がこの通りであるのなら、本当に酷い話です。「過失」で片付けられる話じゃないと思います。

僕も昔はよくトラックに「殺されかけた」ことがあります。急に幅寄せされたり、突然前に割り込まれたり、意味もなく前で急ブレーキをかけられたり・・・。暇つぶしに遊んでいるつもりなのか、明らかに故意に仕掛けられることも多く、マナー以前の問題です。

最近はトラックの近くにはなるべく近寄らないようにしていますが・・・。

32歳、あまりに若過ぎます。

|

« SHOEI MULTITEC | トップページ | 恐竜発掘 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。