« ムルティストラーダ 初期インプレ | トップページ | またまたタンデム・プチ・ツーリング »

2007年9月27日 (木)

ムルティストラーダ 初期インプレ その2

Img_2819 気になる点をいくつか。

噂に聞いていたとおり、ニュートラルに入りにくいことがあります。

全然問題なく入る時も多いのですが、入らない時にはどうやったって入らなくて、信号待ちの間クラッチを握りっぱなしのこともたまにあります。慣らしが済めば変わってくるかなと思って様子見です。

低回転のときに安定しないことがあります。

信号待ちの後、アクセルを開けようとしたら突然ストールしたこともありました。ドゥカティは電気系が弱くて、渋滞でストールする場合などにPPS(パワー・パルス・システム)なんかが効果的と聞いたこともありますが、これもそういったものなのでしょうか?今度、1000Km点検のときにディーラーに聞いてみようっと。もちろん、ある程度以上エンジンを回していれば全く問題はありませんが。

不用意にシフト・アップし過ぎると、ノッキングするのじゃなくて、クラッチが繋がらず、滑る感じで回転だけが上がり駆動力が伝わらないことがあります。

もちろんすぐにギアを落とせば何の問題もなく繋がるのですが、これはこんなもんなのかなあ。僕のこれまでの感覚ならノッキングしそうになって、慌ててシフト・ダウンするのだけど、エンジンを守るためにそういった造りになっているのかなあ。これもディーラーに聞いてみよう。

|

« ムルティストラーダ 初期インプレ | トップページ | またまたタンデム・プチ・ツーリング »

バイク」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ムルティストラーダ 初期インプレ その2:

« ムルティストラーダ 初期インプレ | トップページ | またまたタンデム・プチ・ツーリング »