« 旧友たちとの再会 | トップページ | 四度目の氷河期 »

2007年7月24日 (火)

「O型は最も事故率高い」

だそうだ(笑)。

なるほど。そうかもしれない・・・と一瞬思ってしまうところで、すでにバーナム効果に翻弄されている訳か・・・

以下は朝日新聞の記事から

-----------------------------------------------------------

免許講習で、県警OB講師が「O型は最も事故率高い」

 O型の運転者は事故に遭いやすい? 福岡自動車運転免許試験場(福岡市)の講師2人が、「車の事故を起こす確率は血液型ごとに違う」との内容の講習をしていたことが分かった。受講者からは「根拠のない不適切な発言」との批判が出ている。講師は「講習に関心を持ってもらおうとしたが、軽率だった」と話しているという。

 福岡県警から講習業務を委託されている同県交通安全協会によると、2人は県警を定年退職したあと講師になった60代の男性。

 2人は運転免許の更新時の講習で、受講者に「どの血液型が最も事故を起こしやすいと思うか」などと質問して挙手を求めたあと、スライドを使って「O型は最も事故率が高い」「A型は安全運転」「B型はメカ(機械)に強くて自信過剰で、不注意事故が目立つ」「AB型は神経質で疲れやすく、睡魔に襲われての追突事故が多い」などと説明していた。

 こうした講習は今年2月ごろから続いていた。2人は同協会に「書籍か何かから引用したが、覚えていない。データに科学的根拠はない」と話しているという。

-----------------------------------------------------------

ちなみに「ニセ科学×血液型」で検索するとめちゃくちゃ面白い!

実は「血液型性格診断」に根拠がないということを科学的・論理的に正確に説明するのは結構大変なようです(固く信じている人たちは常に様々な反証を用意しているようです)。

|

« 旧友たちとの再会 | トップページ | 四度目の氷河期 »

日々雑感」カテゴリの記事

コメント

血液型で、1つの傾向ができるのは事実と思います。
でも、色んな人がいるので難しいですよね・・・。

投稿: モアイ | 2007年7月24日 (火) 20時29分

血液型によって性格に一定の傾向があることを否定するデータはないようです。
ただし、たとえごく僅かな傾向があるとしても「性格診断」が可能なほどの強い「傾向」はなく、その意味において「血液型によって性格診断はできない」と言えるようです。
尤も「性格」自体が定量化することは不可能とも考えられますので、そのように考えると、そもそも科学的に「血液型」と「性格」とを結びつけることは出来なくなります。

投稿: akamatsu | 2007年7月26日 (木) 23時12分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「O型は最も事故率高い」:

« 旧友たちとの再会 | トップページ | 四度目の氷河期 »