« ビートルズ | トップページ | パワーウインドウ・スイッチ交換 »

2006年8月 8日 (火)

「M:i:III」

M_i_iii 先週末は久しぶりに劇場で映画を観ました。「M:i:III」こと「ミッション・インポッシブル・シリーズ第3作目」です。

シリーズ最高作との呼び声もあるようですが、エンターテイメント作品としては確実に一定の水準以上でしょう。このシリーズは毎回楽しませてくれるという点では裏切られることはありませんね。

これまでのシリーズでは、監督はブライアン・デ・パルマやジョン・ウーといった結構クセのある人選でしたが、今回はテレビシリーズの「エイリアス」などを撮っていて劇場映画はこれがデビューとなるJ・J・エイブラムスです。これまでの監督と違って、映像に凝っていない分だけ単純にストーリー中心に描かれているようにも思います。それがこの「III」の好いところでもあり、悪いところでもあるのかもしれません。この辺りは好き嫌いが分かれるかも。映像的にはジョン・ウーの「II」の方がずっと面白いし。

まあ、ストーリーといっても割とワンパターンなんですが(何て裏切り者の多い組織なんでしょう)、今回はトム・クルーズ=イーサン・ハントの結婚が絡んでくるところが肝でしょうか。それ故、非情なスパイ(達)ではないスパイ・チームとしての側面が、今回のストーリーを盛り上げる要になっています。

でも、結婚しちゃうと「IV」の設定は難しいかなあ。「IV」の頃にはトム・クルーズもイーサン・ハントも離婚してるかもしれませんけど。

そうそう、この映画、車好きにも楽しめます。ガヤルドやディスカバリーやらが活躍します。ランド・ローバーはスポンサーみたいですね。

|

« ビートルズ | トップページ | パワーウインドウ・スイッチ交換 »

本・映画」カテゴリの記事

コメント

チームの一員だった「マギー・Q」(変な名前。笑)が結構好みでした。教え子も婚約者もいい感じで、ヒロインの選定に「?」だった「Ⅰ」「Ⅱ」に比べて(何せ痩せすぎだよ)、この点は評価できると思います(笑)。
あ、あとローレンス・フィッシュバーンの肌が荒れているのが妙にきになったな(笑)。

投稿: 鈴麻呂 | 2006年8月 9日 (水) 07時05分

マギー・Qって父親がフランス&アイルランド系米国人で母親がベトナム人だそうです。中国系かと思ってた。
今回は確かにヒロインが健康的な感じで良かったです。

>あとローレンス・フィッシュバーンの肌が荒れているのが妙にきになったな(笑)。
そうそう!僕も気になりました(笑)。

トム・クルーズも44歳であの体型とあのアクションは立派だけど、やっぱり歳とったなあという印象は否めませんでした。

投稿: akamatsu | 2006年8月10日 (木) 12時23分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「M:i:III」:

« ビートルズ | トップページ | パワーウインドウ・スイッチ交換 »