« 次期ファミリー・カー選定 続報 | トップページ | 「にぎやかな天地」 »

2006年3月 3日 (金)

アストン・マーティン

1週間ぶりですが、前回の続きです。

aston_martinosaka レインジ・ローバーの試乗に行ったランド・ローバー箕面に併設されたアストン・マーティン大阪八光には、何とDB9とV8 Vantageが展示してありました。そのうえディーラーの方は気前良く、「どうぞ乗ってみてください」と言いながら色々と解説してくれます。客は他にはいませんでしたが、どう見てもアストン・マーティンを買うとは思われない我々夫婦に色見本まで見せて説明してくれました。私たちはまたとない機会と、思う存分いじり倒してきました。

雑誌でV8 Vantageを見て以来、次はポルシェじゃなくてアストンと言い続けている家内は嬉々として「試乗はないのですか?」と質問(笑)。さすがに予約したとしても試乗できるような態勢はとっていないようで、「お客さんは皆さん試乗せずにお買いになられます」とのこと。確かにこのレベルの車になると、「所有する」ということで目的の半分は満たされるでしょうから、「F430よりもドライブ・フィールが良くないからやっぱり買うのはやめます」なんてことを言う客はまずいないでしょうけど、冷静に考えると変な話でもあります。工芸品のように美しい車ではありますが、やっぱり車なんですから乗ってナンボでしょう。以前、コーンズに物見遊山に出かけたとき、如何にも買いそうな雰囲気でF430の解説を受けている親子(どうやら子供の車を買う様子だが、どう見ても子供は20代前半)が試乗の申し出をしていましたが、コーンズでは「はい、地下駐車場に試乗車がございます!」と答えていました。さすがコーンズ。

vant09 vant05 vant08-1さて、半年ほど前からポルシェ乗りの間でもずいぶん話題になっているV8 Vantage。スペックや値段も911と拮抗するため、次はアストンもいいなと心が揺らいでいる911フリークも多いと聞きます。きっともうすでに予約でいっぱいだと思いきや、V8 Vantageはまだ半分くらい残っているとのこと。DB9は2006年型の発表後すぐに予約がいっぱいになり納車は1年以上待ちの状態で、「やっぱりアストンは12気筒とお考えになるお客さんがほとんどのようです」とのこと。ふーん。

db9a db9i db9oしかし、V8 VantageもDB9も本当に美しい車でした。この2車は一見似ていますが、並べて見ると全く雰囲気が違います。フェンダーが張り出しホイールベースも切り詰められ、筋肉質なエクステリアのV8 Vantageに対して、フェンダーの張り出しも少なく流麗なサイドラインのDB9は非常に優雅な感じがします。スポーツ・カーは小さく引き締まった雰囲気が好きなので、個人的にはV8 Vantageのスタイルに好感を持ちますが、雑誌の記事などではV8 Vantageのスタイルはアストンとしては中途半端と断じているものもあるようです。確かに野性味溢れる豪快なVanquishなどに比べるとソツなく小さくまとまり過ぎで、アストンのブランド・イメージを背負うにはちょっと役不足なのかもしれません。走りについても「悪くないが911には一歩及ばず」とか「MTのシフト・フィールはよくない」とかいった、出始めの車のやや未完成さを指摘する記事が多いように思います。DB9は芸術的な雰囲気すら漂う様相を呈していますが、実際目の当たりにすると非常に大きく感じます。月並みな表現ですが、車から発せられる強いオーラがあって、これに負けないオーナーになるのは大変なことかもしれません。

|

« 次期ファミリー・カー選定 続報 | トップページ | 「にぎやかな天地」 »

」カテゴリの記事

コメント

ちょっと昔の「未来カー」みたいな感じしない(笑)。

まあ元007の愛車だから、もともとそういう気配はあったけどね。(好きなんだけどサ)

投稿: 鈴麻呂 | 2006年3月 3日 (金) 21時05分

うーん。。。。。
「この車と人生を共にしたい!」と自分が思える
車であれば試乗せずに買いますね。
最近では599GTBでしょうか。f^^;
今までフェラーリの新型を欲しいと思ったことはなかった
のですが、599GTBは違いました。
スタイリングを見て素直に欲しいと思いましたね。
やはりあの手の車は、それが放つオーラが決め手でしょうか?
そしてオーナーには車に負けないオーラが要求されると
思います。私はまーだまだです。笑

投稿: モアイ | 2006年3月 3日 (金) 22時10分

見に行くだけでもすごいなあ・・・アストン・マーチンって乗る乗らないという以前に、他の人と車の話をしていても「あすとん・まーちん」っていう言葉が出たのを聞いたことがありません。昔から007のファンで過去の作品はすべて見ているのですが、「007ダイ・アナザー・デイ」のボンドカー、V12ヴァンキッシュは確かにオーラがありますね。

投稿: Naru | 2006年3月 4日 (土) 20時08分

>鈴麻呂さん
「昔の」未来カーというのが味噌ですね。
僕らの子供の頃の夢がどこかに宿っている。そんなスタイルがオーラを放っているのかな。

>モアイさん
がんばって車に負けないいい男になろーぜ!

>Naruさん
見に行くだけならタダですよ!今回は同じショールームの隣に並べておいてあっただけですし。夫婦ふたりで子供みたいにいじくり回してました。いつかジェームズ・ボンドに負けない(?)いい男になって、これぐらいの車乗りこなしてやる!って・・・頑張ります!

投稿: akamatsu | 2006年3月 7日 (火) 00時04分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アストン・マーティン:

« 次期ファミリー・カー選定 続報 | トップページ | 「にぎやかな天地」 »