« 993その後 | トップページ | ポルシェ・クラブ讃岐うどんミーティング »

2006年1月20日 (金)

「ウォッチング・ザ・スノー」

watching_the_snow 最近のヘビー・ローテーションから。マイケル・フランクスの「ウォッチング・ザ・スノー」です。

一昨年の冬(というか2003年の秋ですが)に出た、今のところマイケル・フランクスの最新作です。タイトル通りクリスマス・シーズン~冬をテーマにした曲がならび、寒い季節に暖かい部屋の中で熱いお茶でも飲みながら・・・といった場面に最適なアルバムです。BGMとして聴き流しててもいいし、じっくり聴き込んでも味がある作品です。

ボサノヴァで始まる1曲目から(確かその昔ユーミンがボサノヴァはむしろ冬に似合うと言っていましたが、まさにその通り)、不思議な「ニホンゴ」が連なる「クリスマス・イン・キョウト」や、南国で迎えたクリスマスを題材にしたユーモラスな曲、ひとひらの雪が語りかけてくるロマンチックな曲など、冬の生活を楽しくさせてくれる曲がならびます。

しかし、マイケル・フランクスは歌声も曲の雰囲気もデビューの頃からほとんど変わりませんね。歌は決して上手くはないのですが、単純にAORやジャズ・フュージョンといった枠に納まらない独自の世界を持ったミュージシャンだと思います。

|
|

« 993その後 | トップページ | ポルシェ・クラブ讃岐うどんミーティング »

音楽」カテゴリの記事

コメント

マイケル・フランクスは名前だけ知っていて、ちゃんと聴いたことがなかったので、「Watching The Snow」買ってみました。
いや、なかなかいいですね。
AORは、ともすれば「商業主義」と批判されるけど、良質なのは結構気持ちよく聴けますからなぁ。
ま、そればっかり聴いてると、人間まで甘くなっちゃうような気がしてくるけど(笑)。

投稿: 鈴麻呂 | 2006年1月26日 (木) 21時21分

他の作品もいいですよ。「The Art of Tea」とか「Sleeping Gypsy」とか有名なやつ。バックがカールトンがいた頃のクルセイダーズだったりします。AORというよりかフュージョンというかスティーリー・ダンに近い感じもあります。

投稿: akamatsu | 2006年1月27日 (金) 01時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132412/8247188

この記事へのトラックバック一覧です: 「ウォッチング・ザ・スノー」:

« 993その後 | トップページ | ポルシェ・クラブ讃岐うどんミーティング »