« クリスマス | トップページ | 今年最後のセッション/993の洗車 »

2005年12月27日 (火)

「Mr. & Mrs. スミス」

mr 久しぶりに映画館で新作映画を観ました。「Mr. & Mrs. スミス」です。

まあ、基本的には2大映画スターがカップルになって(どうやら実生活でもカップルになったようですが)、映画という虚構の枠内―お約束どおりのストーリーとエンディング―で思う存分ふざけている様子を楽しむ映画です。安心してスクリーンを観ている時間を楽しむことができるので、カップルで観るには最適でしょう。映画そのものの内容はあまり記憶に残らないかもしれませんが、デートの夜に映画を観たという記憶は残ります。映画を観るというイベントを楽しむには悪くない映画だと思います。英語(スラング)の細かいニュアンスが分かれば、主人公ふたりの掛け合いがもっと楽しめるのかもしれません。

|

« クリスマス | トップページ | 今年最後のセッション/993の洗車 »

本・映画」カテゴリの記事

コメント

アンジェリーナ・ジョリーが好きなので、何とか観たいと思っています。

ところで、これって「女と男の名誉」のリメイクらしいですね。ジャック・ニコルソンとキャスリーン・ターナーの渋い作品で、割と好きでしたが、まあ別モンになってるんでしょうな。
アレは結構ハリウッドらしからぬラストでしたから。

投稿: 鈴麻呂 | 2005年12月28日 (水) 21時01分

らしいですね。でも実は「女と男の名誉」は観ていません。観る価値あり?

投稿: akamatsu | 2005年12月29日 (木) 01時57分

監督ジョン・ヒューストン、主演ジャック・ニコルソン、キャスリーン・ターナーで、最後に勝つのが「アンジェリカ・ヒューストン」(笑)という映画。
ジョン・ヒューストンの最上の映画ではないけど、カッチリとは作られている、って感じかなぁ。好き嫌いはハッキリ分かれると思います。(僕は好きな方)

投稿: 鈴麻呂 | 2005年12月29日 (木) 16時18分

鈴麻呂さん、ありがとう。
正月にでも観てみます。

投稿: akamatsu | 2005年12月29日 (木) 21時12分

「Mr. & Mrs. スミス」が「女と男の名誉」のリメイクだというのはすごく驚きました。「女と男の名誉」は昔映画館で見ました。可もなく不可もなくといった印象で、つまらなかったわけではないのですが、あまり印象にも残っていませんでした。確かに渋めの作品でしょうか。
「Mr. & Mrs. スミス」は見ていませんが、当代きっての人気スターを格好よく見せるための映画でしょうから、かなり雰囲気は違うでしょうね。

投稿: Naru | 2006年1月 2日 (月) 22時22分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「Mr. & Mrs. スミス」:

« クリスマス | トップページ | 今年最後のセッション/993の洗車 »