« 「大宇宙101の謎」 | トップページ | 「あの頃ペニー・レインと」 »

2005年11月27日 (日)

「父、帰る」

Chichi DVDで「父、帰る」を観ました。2003年のヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞のロシア映画です。

突然12年ぶりに家に帰ってきた父親と息子2人の葛藤が、ロシアの美しい風景をバックにロードムービーとして描かれていきます。少ない登場人物の人間関係はやや概念的ですし、何の説明もないストーリーには腑に落ちないところが沢山ありますが、この映画についてはそれはそれでよいのだと思わせる力があります。「本」でも「テレビ」でも描けない「映画」本来の力に満ちている作品だと思います。父親役、母親役、子役のそれぞれの俳優の演技も素晴らしく、時間を忘れて魅入りました。「映画」が好きな人にはお薦めします。

|

« 「大宇宙101の謎」 | トップページ | 「あの頃ペニー・レインと」 »

本・映画」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「父、帰る」:

» ВОЗВРАЩЕНИЕ [la nourriture de l'esprit]
ロシア映画です。 あらすじはというと。 12年前に蒸発した父親が突然兄弟のもとに帰って来て。 3人で数日間の旅に出る、というお話。 道中、厳格な面を多々見せる父親に反発する弟イワン。 旅は思わぬ形で終わります。 この映画には。 最近では見かけられなくなった... [続きを読む]

受信: 2005年12月 4日 (日) 19時07分

« 「大宇宙101の謎」 | トップページ | 「あの頃ペニー・レインと」 »