« 誕生日 | トップページ | 同窓会 »

2005年11月 4日 (金)

岡山国際サーキット走行会

DSCF0140 昨日は朝5時(!)に集合して、ポルシェクラブの岡山国際サーキット走行会に参加してきました。

サーキットを走るのはこれが初めて。サーキット・デビューです。

DSCF0151 まず、午前中はジムカーナなどが行われるミニコースで、ほとんど1-2速だけを使用するコースを回り、最後に散水した低ミューの路面でパイロン・スラロームをする練習をしました。低ミューでの走行は、ほんの少しでもアクセルを吹かしすぎたり、ハンドルを切りすぎたりすると簡単にスピンしてしまい、その様子は4駆のCarrera4でも、最新のPSMを搭載したものでも、ほとんど差はないように思われました。このことは、自分の993がRRであることやPSMがないことに日頃から若干の恐怖心を持っていた私にとっては、大変なカルチャーショックでした。路面の状態によっては、どんな最新のシステムを搭載していても、荒っぽい運転をすれば全く効果はなく、逆にそんな最新のシステムがなくとも、丁寧な運転さえすれば安全に走行できるわけです。

また、この練習ではプロのドライバーの同乗走行もあり、短い時間でしたが、参考になるお話も聞くことが出来ました。いわゆるハンドルさばきについては色々な意見があるのでしょうが、今回指導してくれたプロドライバーは教習所で習うハンドルさばきでよいと言っておられました。つまり、9時15分のところでハンドルを握り、その状態でいっぱいまで回しきったら、下になっている手を放して上の手の上にクロスさせる方法です。ポルシェの専門誌などでは松田秀士選手や羽根幸浩選手が、大きなカーブでは曲がる方向の手で迎えにいくようなことを書いておられますが、この日教わったプロドライバーはそれは必要ないと言っておられました。

お昼はお弁当を食べながらドライバーズ・ミーティング。午前中~お昼過ぎまで、本コースでは2輪やアルファロメオ・クラブの走行会をやっていました。

DSCF0154 午後から本コースで30分ずつ3回の走行を行いました。自動ラップ計測器が配られ車のリア・クォーター・ガラスの内側に貼り付け、走行開始です。また、岡山国際サーキットでは安価で車載ビデオを撮影してDVDにしてくれるサービスがあり、自分のビデオを用意していない私はこれを活用しました。

サーキットを走るのが初めてなら、ヘルメットを着けて運転するのも初めてなので、今回はとにかく丁寧に安全に、しかし公道で出せないようなスピードを出したときの車の挙動、カーブでの挙動、フルブレーキのときの挙動を確かめるように運転することに集中することにしました。

しかし、走り始めるともう夢中で、ついついコーナーの立ち上がりで2速でレッド・ゾーンまで引っ張っていまいガクガクと燃料カットが入ったり、ヘアピン前のヒール&トゥでブリッピングが足りなくてシフト・ロックしそうになったり、まあ短時間の間にいろんな経験をしました。でも、怖がりなので、とにかくオーバースピードでカーブに突っ込んでアンダーステアにならないようにだけは注意しておりました。

その甲斐あって、特に怖い思いもせず、自爆することなく何とか走り終えることができました。

と、いうところだったのですが、最後の最後で、小さな右カーブをインに着けて曲がっているところで、後ろから来た964RSに追突されてしまいました。

DSCF0157DSCF0159ボディーには傷は入っていませんが、右後のバンパーからホイールにかけて当たっており、右後輪の車軸が曲がってしまったようで、いわゆるトーが外向きの状態になってしまい、まっすぐに走らなくなってしまいました。

幸い何とか自走できる状態でしたので、そのままあまりスピードを出さないようにして帰路に着き、993の購入でお世話になったゼネレイトに寄り、あえなく入院となりました。

Arm 今日、ゼネレイトの後藤さんからメールと写真が送られてきて、アームが曲がっているとのこと。これだけで済めば御の字なんだけどなあ。

というわけで、今日からTT250Rでバイク通勤です。

|

« 誕生日 | トップページ | 同窓会 »

」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
いつも楽しく拝見させてもらってます。

私も、11/3に茂木に行って初走行を楽しみました。
同じSボディーが三台もいました、
サーキットでも、公道でも、もらい事故はいやですね。
お互いに気をつけましょうね。

投稿: れん | 2005年11月 5日 (土) 10時26分

ご愁傷様でした。サーキットでは保険が効きませんし、過失割合も50:50なので辛いですよね。私も昔、TIと呼ばれていた頃に走ったことありますが、場所によってはエスケープが狭いし、あそこでF1やったなんて信じられません。板金不要なのが不幸中の幸いですが、貴重なターボホイールと足回りが1日も早く復活する事をお祈りしております。来週末頃、私もオイル交換でゼネに行くかもしれません。

投稿: ヒゲヲヤヂ | 2005年11月 5日 (土) 10時26分

ま、怪我がなくて良かったね。
それが何よりでしょう。

投稿: 鈴麻呂 | 2005年11月 5日 (土) 20時52分

お疲れ様でした。走行会といっても結構大変な世界ですね。ちょっとしたタイミングで起こるアクシデントなのでしょうが、逆にいうと違う方向にタイミングがずれるともっと大きな事故だったかもしれないわけで、本当に怪我がなくてよかったと思います。
 時速100kmなら1秒に走る距離は28メートル、40kmでも11メートル走るわけだから、くれぐれもご注意を。まあこれは公道でも同じことで、こちらだけが気をつけていれば大丈夫というわけではないでしょうが・・・
次回も健闘を祈ります。

投稿: Naru | 2005年11月 6日 (日) 10時01分

ご無沙汰しております。
お体は大丈夫でしたか!?
早くお車が直ると良いですね。

投稿: モアイ | 2005年11月 6日 (日) 12時50分

みなさん、たくさんのコメントありがとうございます。

>れんさん
また茂木の話も聞かせてください。
Sボディーが三台ですか。並んでるところを見てみたいですね。

>ヒゲヲヤヂさん
本当にあそこでF1があったなんて、嘘のようです。
素人が遊ぶには楽しいですが、ストレートで4速に入るか入らないかといったところでしたよ。

>鈴麻呂さん
そう、怪我がないこと。それが一番です。

>NARUさん
そういうスピードの怖さを、公道よりも遥かに低リスクで知ることが出来るのも、走行会の良いところなのかもしれません。

>モアイさん
お久しぶりです。体は大丈夫です。
12-13日のオフ会には参加できませんが、また次のイベントでご一緒しましょう。

投稿: akamatsu | 2005年11月 7日 (月) 01時08分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岡山国際サーキット走行会:

« 誕生日 | トップページ | 同窓会 »