« 「アビエイター」 | トップページ | 「インファナル・アフェア III 終極無間」 »

2005年11月18日 (金)

カローラという車

このところあまり時間が取れなかったのでご無沙汰していましたが、993もまだ返ってきませんので、今日は日本の車の話をしましょう。

COROLLA COTYも順当にロードスターに決まりましたが(乗ってみたいなあ)、来年で発売40周年を迎えるカローラの話です。

実は私の足グルマでもある993の代車としてゼネレイトからカローラをお借りしています。このカローラが乗っていて楽しい訳でも乗り心地がいい訳でもないのですが、日常で使うには実に過不足ないなと思うのです。街乗りはもちろん高速もそこそこ走るし、燃費もいいし。ですから、特に車好きでもない人や会社の車として使う人には必要充分。こりゃ売れるわけだ。

今乗っているカローラは9代目が登場する直前の2000年に登録された8代目の最後期モデル。1500ccだけど、車重は1335Kgと993よりも軽い。内装の質感は正直言って993よりもいいかも。リモコン・ドアロックもあれば、ドアロックに連動して室内ライトが点灯し、ゆっくりと消灯する(まるで高級車)。

@CARSのカローラ特集によると、トヨタは、「クラウン・王冠」「コロナ・光冠」「カムリ・冠」など、主力車種の名前に「冠」をつけるのだそうです。カローラとは「花冠」とのこと。なるほど。

|

« 「アビエイター」 | トップページ | 「インファナル・アフェア III 終極無間」 »

」カテゴリの記事

コメント

ときどきトヨタの車を試乗したり、アルファードをレンタルしたりするのですが、日常で使用するには本当に良くできていると感心します。
レクサスGS350も試乗しましたがある意味すごかったです。
「恐るべきトヨタ」と思います。

投稿: まこと | 2005年11月19日 (土) 13時15分

昔はトヨタの車(平成元年式セリカ、もう先々々代になるのかな?四つ目の前のリトラクタブルヘッドランプのやつです)に乗っていましたが、決して悪くはありませんでした。トヨタ車は非常にユーザーも多いし、そこから得られた情報をフィードバックしているので、製品には誰にも一応の満足が得られるのではないでしょうか。カローラはやはり代車として借りたことがありましたが、使い勝手はよかったと思います。
現在家にははスバル・フォレスターXT(2002年式)とフォルクスワーゲン・ゴルフGTX(2005年式)があります。ゴルフはもっぱら家内が使っているので、私の足はフォレスターですが、スバルはトヨタと対極的な存在で、一部の少数のファンのためにあるようなメーカーだと思います。
トヨタと同じ方向を向いていないからこと存在意義があったと思うのですが、最近スバルはトヨタを筆頭株主として傘下に入ってしまいました。非常にショックですが、生き残りのためにはやむなしということなのでしょう。

投稿: Naru | 2005年11月19日 (土) 18時21分

まことさん、Naruさん、コメントありがとうございます。

トヨタの車は、世の中の80%の人が80%の満足を得られるという意味では非の打ちどころがないと思います。
でも、レクサスは世の中の80%の人を相手にしているのではありませんよね。そういう意味では非常に興味があります。でも、色んなインプレッションを読んでいると、「運転することは徒労である」というトヨタの哲学からは基本的に抜け出ていないように思えます。
まことさん、GSの運転どうでした?楽しかったですか?

スバルはGMを離れたらやはりやっていけないんでしょうね。一方でトヨタはスバルの技術やプレミアム性に強い興味があるのでしょう。むしろスバルがトヨタに影響を与えて欲しいものです。

投稿: akamatsu | 2005年11月19日 (土) 18時38分

現在、代表的な車漫画(笑)は「頭文字D」と「湾岸ミッドナイト」だと思いますが、どちらもトヨタをはじめとする国産車にマイナスイメージを持ってないですよね。ここら辺が「機械」としての日本車の現在のポジションを如実に表してるんじゃないかなぁ、などと思います。
一昔前(いや二昔か?)のスポーツカー・ブームの時は、やっぱり「国産は二流」って感じだったモン。

でも「レクサス」はどーかなーと思いますけどね。

投稿: 鈴麻呂 | 2005年11月19日 (土) 21時12分

GS350のある意味すごいというのは、運転することに疲れないと言う点です。エンジン静か、よく回る、ブレーキ思ったよりタッチがいい。カーブもよく曲がります。乗り心地もいいというより、悪くない。でも運転していて楽しいかと言われると、楽しくはありません。見た目がそそるかというとまったくそそりません(笑い)

雑誌にも書いてありましたが、レクサスを“車のようなもの”という評価があたっているかもしれません。

ただ普段毎日911に乗って通勤しているのですが、ときどき運転していることを意識しない車で楽に移動したいと思うときがあります。
そういう意味ですごく興味がある車です。
今、ベンツのEのワゴンにも乗っていますが、長距離クルーズするならGS350の方が疲れないという点では優れていると思います。

レクサスはある程度以上年収が高い層をターゲットにしていると思われますが、その層の中にも意外とレクサスのような車でいいやと思っている人が多いのではないかと考えるのです。(ベンツユーザーやBMWユーザーはすぐには流れないと思いますが)

車雑誌ではあまりいい評価でないかもしれませんが、販売台数は予定以上らしいですよね。そういう意味でもトヨタはすごいと思います。

投稿: まこと | 2005年11月19日 (土) 22時55分

>まことさん
なるほど。レクサスでもトヨタの哲学は揺るぎないようですね。
僕も911で通勤してきて、今はカローラな訳ですが、通勤の運転は疲れないかもしれませんが、仕事の疲れは癒されませんね(笑)。
その辺の考え方が「トヨタ哲学」を受け入れられるかどうかの境目でしょう。

>鈴麻呂さん
トヨタの車でももちろん好きな車はありますよ。セリカGT4は本当に好きな車でした。ある意味911より好きだったかも。でも運転は911より疲れました。トヨタにはクルマ好きにとって911のようなちょうどいいクルマはないのかもしれません。

投稿: akamatsu | 2005年11月20日 (日) 00時14分

>仕事の疲れは癒されませんね(笑)。

そうですよね~。僕も仕事帰りに911に乗って帰るのは癒されるし、やっぱ楽しいです。997でもそうですから、993ならもっとその感じは強いのではないでしょうか?
911がはやく戻ればいいですね。

投稿: まこと | 2005年11月20日 (日) 06時39分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カローラという車:

« 「アビエイター」 | トップページ | 「インファナル・アフェア III 終極無間」 »