« 「インファナル・アフェア III 終極無間」 | トップページ | 「大宇宙101の謎」 »

2005年11月24日 (木)

Joe Pass

joe_pass DVDでJoe Pass大先生のライブ映像を観ました。

すずしい顔で繰り出す驚異の指弾きのパッセージはもちろんすごいのですが、この映像でびっくりしたのはピック弾きのアプローチです。のけぞりながら小節に無理やり詰め込む速弾きフレーズに、豪快なコードストローク。ソロギターを弾いていながらまるでロックです。思わず画面にかぶり付いてしまいました。いや~カッコイイ。また、指弾きからピック弾きに替えるところがカッコよくて、左手だけのハンマリングでコードを鳴らしながら口で咥えたピックを摘み上げるわけです。これもまたロックのステージのようなパーフォーマンス。

私もジャズギターは好きだけど弾けないロックギタリストの御多聞に漏れず、「Virtuoso」の「Night and Day」は練習しましたが、あのグルーブ感は出ません。また練習してみようかな。

|
|

« 「インファナル・アフェア III 終極無間」 | トップページ | 「大宇宙101の謎」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

Joe PassはCDでしか聴いたことがなくて、「いやぁ、ホンマに独りで弾いいとるんかい」と感心していましたが、成る程、ホントに凄いんですな。

押尾コータローの師匠ってな感じですかいのぅ(笑)。

投稿: 鈴麻呂 | 2005年11月24日 (木) 21時23分

押尾コータローはもともとロックバンドのベーシストだし、やってることは完全にロックですね。
僕はすごいテクニックだと思いますし、映像を見ても口をアングリ状態ですが、クラシック・ギターの方々はヘタクソと言っておられました(!)。

投稿: akamatsu | 2005年11月24日 (木) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132412/7299841

この記事へのトラックバック一覧です: Joe Pass:

« 「インファナル・アフェア III 終極無間」 | トップページ | 「大宇宙101の謎」 »