« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005年11月29日 (火)

「あの頃ペニー・レインと」

今週はキャメロン・クロウ特集です。って最近、映画の話ばっかりですが。

almost_famousあの頃ペニー・レインと」はキャメロン・クロウの映画の中では一番好きかな。16歳でローリング・ストーン誌の記者になるキャメロン・クロウの自伝的な話でもあるのですが、そんな自分の経歴を嫌味もなく爽やかに描けるのはこの監督ならではでしょう。

ロックが産業化され始めてきた70年代のミュージシャン・グルーピー・評論家たちの純情で猥雑で混沌とした世界がストレートに表現されていて、当時の音楽が大好きな人はたまらない作品です。節目節目で当時の音楽を挿入して、臆面もなく「音楽」の力で映画を作り上げるのもキャメロン・クロウならではで、そんな曲たちのバックグラウンドや詩の内容を知っていれば、更に深く映画が楽しめます。

ストーリーの中核にある架空のバンド「スティル・ウォーター」のプロデュースはなんとピーター・フランプトンがやっていて、これがまたカッコイイ。こんなバンドが当時本当にいたら売れただろうなという音作りで、フランプトンも今からでもこんなバンド作ればいいのに。話の途中でフランプトンがいたバンド、ハンブル・パイがちょっとした悪者扱いで出てくるのも愛嬌です。

この映画はケイト・ハドソンの出世作でもありますね(2001年のゴールデングローブ助演女優賞)。白人にしてはちょっと平べったいファニー・フェイス(失礼)が私も好きなのですが、ゴールディ・ホーンの娘だとは最近まで知りませんでした(あまり似てない?)。しかもザ・ブラック・クロウズ(復活したと言っていいのかな?)のクリス・ロビンソンと結婚したとのこと。

「あの頃ペニー・レインと」という邦題より「Almost Famous」という原題のほうが2重3重の意味があって、映画を見た後は納得するのですが、やっぱり映画の題名としてはインパクトに欠けるのかな。キャメロン・クロウはささやかだけど実にいい題名をつけますよね。出世作「ザ・エージェント 」もそうでしたが。

キャメロン・クロウは切ない男(の子)の気持ちと音楽物を描かせればピカイチですね。次はデビュー作「セイ・エニシング」の話も書きましょう。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2005年11月27日 (日)

「父、帰る」

Chichi DVDで「父、帰る」を観ました。2003年のヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞のロシア映画です。

突然12年ぶりに家に帰ってきた父親と息子2人の葛藤が、ロシアの美しい風景をバックにロードムービーとして描かれていきます。少ない登場人物の人間関係はやや概念的ですし、何の説明もないストーリーには腑に落ちないところが沢山ありますが、この映画についてはそれはそれでよいのだと思わせる力があります。「本」でも「テレビ」でも描けない「映画」本来の力に満ちている作品だと思います。父親役、母親役、子役のそれぞれの俳優の演技も素晴らしく、時間を忘れて魅入りました。「映画」が好きな人にはお薦めします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月25日 (金)

「大宇宙101の謎」

daiuchu友人が出した本「大宇宙101の謎」を読みました。

仕事以外では理系の本を読むことはほとんどないのですが、これは楽しんで読めました。とは言っても、良く理解できないことが大半ですし、読んだといってもパラ読みに近いのですが、写真やCGを多用した美しい挿画が数多くちりばめられており、専門的な話とそれにまつわる歴史的・人間的なエピソードなどもほどよく配分されていて、私のような素人でも厭きさせないようにうまく編集されています。本の大きさもB5版で写真も見やすいし、これで880円は安すぎるよ、均さん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月24日 (木)

Joe Pass

joe_pass DVDでJoe Pass大先生のライブ映像を観ました。

すずしい顔で繰り出す驚異の指弾きのパッセージはもちろんすごいのですが、この映像でびっくりしたのはピック弾きのアプローチです。のけぞりながら小節に無理やり詰め込む速弾きフレーズに、豪快なコードストローク。ソロギターを弾いていながらまるでロックです。思わず画面にかぶり付いてしまいました。いや~カッコイイ。また、指弾きからピック弾きに替えるところがカッコよくて、左手だけのハンマリングでコードを鳴らしながら口で咥えたピックを摘み上げるわけです。これもまたロックのステージのようなパーフォーマンス。

私もジャズギターは好きだけど弾けないロックギタリストの御多聞に漏れず、「Virtuoso」の「Night and Day」は練習しましたが、あのグルーブ感は出ません。また練習してみようかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月23日 (水)

「インファナル・アフェア III 終極無間」

infernal_affair 昨日はDVDで「インファナル・アフェア III 終極無間」を観ました。

「インファナル・アフェア3部作」の完結篇です。このシリーズは大好きなのですが、この「III」だけ観ても全く何のことか分からないでしょう。まあ、ドラマシリーズみたいなもんです。私は「I」を観て「II」を観て、もう一回「I」を観なおしてから「III」を観ました(単純なドラマの時系列ではその順番になります)。それぐらい面白いんですが、やはり元々シリーズ化を想定はしていなかったようで、物語の整合性に多少のほころびがあるようです。要は辻褄が合わないところがあるということですが、そんな細かいところはまあいいかと思わせる魅力に満ちたシリーズでした。この「III」だけでも119分あり、派手なアクションシーンなどがあるわけでもないのに退屈しませんでした。基本的には全体的な映画の雰囲気=役者の力量で勝負が決まった作品といってもいいかもしれません。

いや~、トニー・レオンはほんとにカッコイイ。ハリウッドでリメイクするようですが、役者と舞台が異なる以上、筋書きのアイデア以外は全く異なる映画になるでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月18日 (金)

カローラという車

このところあまり時間が取れなかったのでご無沙汰していましたが、993もまだ返ってきませんので、今日は日本の車の話をしましょう。

COROLLA COTYも順当にロードスターに決まりましたが(乗ってみたいなあ)、来年で発売40周年を迎えるカローラの話です。

実は私の足グルマでもある993の代車としてゼネレイトからカローラをお借りしています。このカローラが乗っていて楽しい訳でも乗り心地がいい訳でもないのですが、日常で使うには実に過不足ないなと思うのです。街乗りはもちろん高速もそこそこ走るし、燃費もいいし。ですから、特に車好きでもない人や会社の車として使う人には必要充分。こりゃ売れるわけだ。

今乗っているカローラは9代目が登場する直前の2000年に登録された8代目の最後期モデル。1500ccだけど、車重は1335Kgと993よりも軽い。内装の質感は正直言って993よりもいいかも。リモコン・ドアロックもあれば、ドアロックに連動して室内ライトが点灯し、ゆっくりと消灯する(まるで高級車)。

@CARSのカローラ特集によると、トヨタは、「クラウン・王冠」「コロナ・光冠」「カムリ・冠」など、主力車種の名前に「冠」をつけるのだそうです。カローラとは「花冠」とのこと。なるほど。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年11月12日 (土)

「アビエイター」

Aviator DVDで「アビエイター」を観ました。

寝る間も惜しんで観るこたぁないだろう、と自分に突っ込みを入れながらの170分でしたが、退屈はしませんでした。

出演者も豪華でレオナルド・ディカプリオとマーティン・スコセッシのこの作品にかける並々ならぬ思いが伝わってきます。

でも、ちょっと空回りかな、と。ディカプリオも頑張っているのが良く分かる演技で、ヒューズのエキセントリックなところは伝わってくるのですが、周りを取巻く人達がどんな状況でも離れていかないヒューズの「魅力」については伝えきれていなかったように思います。

多くのエピソードを詰め込んで、混沌と狂気を描き出しているのは理解できますが、もっと短く刈り込んで「ハワード・ヒューズ」という人間に興味を持たせて欲しかったと思いました。あたかもヒューズの処女映画「地獄の天使」のように膨大な編集が必要だったのでは。

共演者ではキャサリン・ヘップバーンを演じたケイト・ブランシェットが良かったです。ジョン・C・ライリーの良さはいまいち出ていなかったかなあ(ここがうまく出ていればヒューズの「魅力」が分かったのに)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年11月10日 (木)

ジョニー・デップの愛車

一昨日、ジョニー・デップ主演の「ネバーランド」の感想を書いたところ、Naruさんから「そういえばこの人の愛車は911カレラ4だそうですよ」というコメントをいただいた。

で、ネットで調べてみたら、確かに黒のカレラ4に乗っているという記事がいくつか見られました。

carrera_4 ジョニー・デップは結構クルマ好きのようで(それもシブーイ車ばかり)、51年型マーキュリーやコバルトブルーの58年型シボレーのビックアップトラックも所有しているといった情報もありました。ジョニー・デップの乗っている「カレラ4」というと最初に996が思い浮かんだのですが、他の車から考えると964の可能性が高そうな気がします。ジョニー・デップは空冷オーナー?
(写真はゼネレイトのショールームにあった90年の964Carrera4です。)

でも、こういった情報もいつのものかは分かりませんけど。

ジョニー・デップはもともとはロック・ミュージシャンですから、ギターも弾きますよね(バンドではベーシストだったようですが)。「ショコラ」では実際の演奏シーンがありましたし、オアシスのアルバム「Be Here Now」ではゲストでプレイしていますね。

なんか親近感が沸いてきたぞ(笑)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年11月 8日 (火)

「ネバーランド」

Neverland 昨日はDVDで「ネバーランド」を観ました。

主演はジョニー・デップ。劇作家ジェームズ・バリが「ピーター・パン」を書き上げていく過程を、父親を失った4人兄弟と未亡人との交流の中で描いていく、「事実に着想を得た物語 (Inspired by True Events)」です。

ジョニー・デップは弱さと強さがない交ぜになった眼の演技で好演。アカデミー賞主演男優賞にノミネートされただけのことはあります。最近エキセントリックな役柄が多いデップですが、「ギルバート・グレイプ」の繊細な演技を思い出しました。

ジェームス・バリが「ピーター・パン」を書くきっかけを作った4兄弟の三男「ピーター」を演じるフレディ・ハイモアもいいのですが、もっとジョニー・デップとの間の心の葛藤が描かれていれば、さらに最後のシーンが生きてきたようにも思います。

ファンタジックに現れるネバーランドのシーンはこの映画の白眉でしょうし、このシーンが好きな人も多いと思いますが、そんな映像のマジックを使わなくても、地味にピーターとバリの心理劇を描いても充分感動できたんじゃないかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年11月 7日 (月)

Tube Amp

tube_amp

昨日はウチのバンドで野外ライブ+バーベキューというイベントに出演する予定でしたが、雨のため中止になってしまいました。

夜は友人たちが企画した「Tube Amp Feti ?」という集まりに参加してきました。

要はライブ・バーを借り切って、みんなでギターのチューブ・アンプを持ち寄り、弾き比べてセッションもしようという企画です。私はFenderの59年製Bassman67年製Deluxe Reverbを持ち込みました。また、友人たちのリクエストに応えて56年製 Les Paul Standard63年製 ES-335 TD65年製 Stratocaster も携えていきました。

DSCF0178私自身、これだけ並べて弾くのは久しぶりでしたし、何と言ってもその他に友人たちの錚々たるアンプたち―CORNEL Plexi20, Marshall 1974X, Dr.Z Mini Z, Dr.Z MAZ-38, Fender Princeton(1984), Fender Vibrolux(1974), Fender Deluxe Reverb(1965), Victoria 20112deluxe等々―の迫力に圧倒されました。どれひとつとして同じ音はしませんし、それぞれ個性があって、正直言ってどれでもこれでも手元においておきたくなるようなアンプばかりで、眼の毒(耳の毒?)でしたね(笑)。

DSCF0176しかし、59年製Bassmanは久しぶりに爆音で鳴らしましたが、なんとも言えないリバーブ感と色気のある音で、クリーンもクランチも別格でした。昔、ネットで知り合った方に譲っていただいたのですが、今では探しても見つからない博物館級のものです。もっと、普段から鳴らしてやらなきゃとも思いますが、なかなか場所も機会もなくて残念です。そういう意味では昨日は本当にいい機会でした。企画してくれた友人たちに感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 6日 (日)

同窓会

昨日は大学の軽音楽部の同窓会に行ってきました。

大学を訪ねるのは実に15年ぶり程になります。大学の周辺の街はすっかり様変わりしていましたが、大学の構内はほとんど15年前と変わるところがなく、懐かしいけれども、もう少し学生のホスピタリティに金を掛けてやってもいいのにとも思いました。

さて、同窓会に集まった面々は、ほとんどが15-6年ぶりの再会だったのですが、みんながあまり変わっていないのに驚きました。私のように今でもバンドをやっている者もいましたし、仕事が忙しくて楽器は触っていないけれども今でも音楽はよく聴くといった者ばかりですので、気持ちの上で変わっていないのでしょう。

DSCF0170 2次会はライブ・バーで深夜までセッション大会を繰り広げ、楽しい夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 4日 (金)

岡山国際サーキット走行会

DSCF0140 昨日は朝5時(!)に集合して、ポルシェクラブの岡山国際サーキット走行会に参加してきました。

サーキットを走るのはこれが初めて。サーキット・デビューです。

DSCF0151 まず、午前中はジムカーナなどが行われるミニコースで、ほとんど1-2速だけを使用するコースを回り、最後に散水した低ミューの路面でパイロン・スラロームをする練習をしました。低ミューでの走行は、ほんの少しでもアクセルを吹かしすぎたり、ハンドルを切りすぎたりすると簡単にスピンしてしまい、その様子は4駆のCarrera4でも、最新のPSMを搭載したものでも、ほとんど差はないように思われました。このことは、自分の993がRRであることやPSMがないことに日頃から若干の恐怖心を持っていた私にとっては、大変なカルチャーショックでした。路面の状態によっては、どんな最新のシステムを搭載していても、荒っぽい運転をすれば全く効果はなく、逆にそんな最新のシステムがなくとも、丁寧な運転さえすれば安全に走行できるわけです。

また、この練習ではプロのドライバーの同乗走行もあり、短い時間でしたが、参考になるお話も聞くことが出来ました。いわゆるハンドルさばきについては色々な意見があるのでしょうが、今回指導してくれたプロドライバーは教習所で習うハンドルさばきでよいと言っておられました。つまり、9時15分のところでハンドルを握り、その状態でいっぱいまで回しきったら、下になっている手を放して上の手の上にクロスさせる方法です。ポルシェの専門誌などでは松田秀士選手や羽根幸浩選手が、大きなカーブでは曲がる方向の手で迎えにいくようなことを書いておられますが、この日教わったプロドライバーはそれは必要ないと言っておられました。

お昼はお弁当を食べながらドライバーズ・ミーティング。午前中~お昼過ぎまで、本コースでは2輪やアルファロメオ・クラブの走行会をやっていました。

DSCF0154 午後から本コースで30分ずつ3回の走行を行いました。自動ラップ計測器が配られ車のリア・クォーター・ガラスの内側に貼り付け、走行開始です。また、岡山国際サーキットでは安価で車載ビデオを撮影してDVDにしてくれるサービスがあり、自分のビデオを用意していない私はこれを活用しました。

サーキットを走るのが初めてなら、ヘルメットを着けて運転するのも初めてなので、今回はとにかく丁寧に安全に、しかし公道で出せないようなスピードを出したときの車の挙動、カーブでの挙動、フルブレーキのときの挙動を確かめるように運転することに集中することにしました。

しかし、走り始めるともう夢中で、ついついコーナーの立ち上がりで2速でレッド・ゾーンまで引っ張っていまいガクガクと燃料カットが入ったり、ヘアピン前のヒール&トゥでブリッピングが足りなくてシフト・ロックしそうになったり、まあ短時間の間にいろんな経験をしました。でも、怖がりなので、とにかくオーバースピードでカーブに突っ込んでアンダーステアにならないようにだけは注意しておりました。

その甲斐あって、特に怖い思いもせず、自爆することなく何とか走り終えることができました。

と、いうところだったのですが、最後の最後で、小さな右カーブをインに着けて曲がっているところで、後ろから来た964RSに追突されてしまいました。

DSCF0157DSCF0159ボディーには傷は入っていませんが、右後のバンパーからホイールにかけて当たっており、右後輪の車軸が曲がってしまったようで、いわゆるトーが外向きの状態になってしまい、まっすぐに走らなくなってしまいました。

幸い何とか自走できる状態でしたので、そのままあまりスピードを出さないようにして帰路に着き、993の購入でお世話になったゼネレイトに寄り、あえなく入院となりました。

Arm 今日、ゼネレイトの後藤さんからメールと写真が送られてきて、アームが曲がっているとのこと。これだけで済めば御の字なんだけどなあ。

というわけで、今日からTT250Rでバイク通勤です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年11月 2日 (水)

誕生日

DSCF0138 今日は末の娘の1歳の誕生日でした。

ケーキに1本のローソクを立ててみんなでポーズ。

残念ながらケーキはほとんどお兄ちゃんたちが食べてしまいました。末娘はケーキのスポンジだけ少々。

今日は公園ではじめて靴を履いて歩けたようです。1歳おめでとう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年11月 1日 (火)

レーシング・スーツ

11月3日に岡山国際サーキットでサーキット・デビューすることになりました!

ドキドキです。

DSCF0122 で、ウレシがって何とレーシング・スーツ一式を買ってしまいました。

今後どのくらいサーキットに行けるのか分かりませんので、さすがにスーツはそこそこ安価なものにしましたが、グローブとシューズは少し贅沢をしました。しかし、レーシング・シューズは履いてびっくり。こんなにフィットして履き心地がいいものとは思わなかった。

すべてスパルコの正規代理店のラストラーダから通販で買いましたが、メールや電話での対応も丁寧で通販でも安心して購入できました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »