« 運動会~バイク・ツーリング | トップページ | 「東京奇譚集」 »

2005年10月10日 (月)

バイク・ツーリング

昨夜は最終的に19時に出発して快適にナイトランをしていたのですが、思わぬトラブルに見舞われました。

高速出口前でバイクを止めて電話をして、さあ出発と思いきや、セルが回りません。既に50Km程度は快調に走ってきており、エンジンは問題ないはず。しかし、キーを捻ってスターターボタンを押しても、インパネが薄暗く光るのみ。セルはうんともすんともいいません。バッテリーに問題はないはずだし、ままよっと思い、料金所前の広場で押しがけをしたところ、一発始動しました。エンジンはかかるし、レギュレーターか?今さら戻るわけにもいかないし、このツーリングは押しがけで通そうと決心して、再出発しました。

真っ暗な山道をすすむにつれて、ヘッドライトがだんだん暗くなってきて、怖いやら心細いやら。ライトもある程度以上は暗くならない様子だし、エンジンを吹かせば少しだけ明るくなる。このまま止まることはないだろうと思いながら、21時に約束の林道入口付近の空き地に到着しました。

そこで友人たち5人と合流して、テントを張って、食事とビール。満点の星空の下でぐっすり。

DVC00253 翌朝(本日)はゆっくり起きて、テントをたたんで、友人たちの力を借りて押しがけ。一発始動。やっぱりエンジンは大丈夫そう。エンジンは止められないなあ、と思いながら林道へ。

DVC00250 久々のダートは爽快で、ついついペースを上げてしまいましたが、やはりブランクと体力不足は否めず、苦手の下り右カーブの轍で滑ってひとコケ。幸い人車ともに損傷はなく、また押しがけ。あとはペースを落として無理をせず下山。

ところが、またまた、トラブル。ガソリンが残り少なくなり、リザーバー・タンクに切替えたとたんに、エンスト。今度は押しがけでも始動せず。見るとリザーバー・タンクのラインが詰まっていました。やはり、日ごろ乗っていないと、こういうことがあるもんです。友人のガソリンを分けてもらい再出発。

夕方から多少の雨に遭いましたが、概ね天気も良好で、久々に楽しいツーリングでした。再三トラブルに見舞われながらも、無事に家にたどり着くことができたのは、他でもない友人たちのおかげです。みんな、ありがとう。

帰りに自宅近くのバイク屋さんに寄り、バイクはそのまま入院。たぶんレギュレーターでしょう、とのこと。TTR、ごくろうさん。直ったら、また走りに行こう。

|

« 運動会~バイク・ツーリング | トップページ | 「東京奇譚集」 »

」カテゴリの記事

コメント

私の息子がTTRに乗っていた時も、同じような症状でバッテリーがダメになりました。
この時は、バッテリーを新品に交換して以後問題は起きなくなりました。
新品バッテリーを付けたそうですが、バッテリーも疑ってみた方がいいですよ。
以前書かれたように新品からして、終わっているものもあるようですから。

投稿: ドカポル | 2005年10月12日 (水) 00時06分

バッテリーかなあ。
とりあえずバイク屋さんの診断待ちです。
ツーリングも無事に帰ってこられれば、トラブルもまた楽し、ですけどネ。

投稿: akamatsu | 2005年10月12日 (水) 00時25分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バイク・ツーリング:

« 運動会~バイク・ツーリング | トップページ | 「東京奇譚集」 »