« オイリー・ボーイ | トップページ | カート大会/バンド練習 »

2005年10月22日 (土)

ポルシェのイメージ

イギリスでも日本でもヤング・エグゼクティブが乗る車として連想されるのは、BMW、メルセデス、アウディという話を書きましたが、ポルシェはどうなのでしょう。

engine_200511 雑誌「ENGINE」の最新号(11月号)のポルシェ特集の座談会で、ドイツ在住のジャーナリスト木村好宏氏が「ドイツでマジメにまともな仕事していて、911に乗ると、911!?という感じがある」と発言されています。確かに「成功者の車」というイメージはあるらしくて、同じ号のドイツのポルシェ・オーナーズ・クラブ・ミーティングの取材の記事ではオーナーは年配者かリタイヤした人が多いようです。一方で「ビジネスマン・エクスプレス」なんて言われて、忙しいビジネスマンが都市から都市へアウトバーンで移動するのに使う手段のように表現されることもありますね。ここで言う「ビジネスマン」はかなりのエグゼクティブということになるのでしょうか。

映画での扱われ方としては、エグゼクティブが乗る車として記号的に使われることはあまりないように思います。どちらかというと「速い車」として記号的に使われていることの方が多いと思います。ただし、ティプトロが普及して、誰でもが難なく乗れるイメージができてきた最近では、「お金持ちの車」として登場することもあるようです。最近の映画で憶えているのは「キューティー・ブロンド」で、主人公のお金持ちのお嬢さんの愛車としてボクスターが登場していました。

僕は993の前にはBMW330ciカブリオレに乗っていたのですが、BMWに乗っていた頃の周囲の反応としては「いい車だねー。また乗せてね。」といったようなフレンドリーな感じが多かったのですが、993に乗り換えるとみんなちょっと「引いて」いる感じがします。単純に値段のことだけで言うと当時1年落ちで購入したBMWの方がむしろ993よりは高かったぐらいなのですが。

911という車は面白いですよね。みんな非常に先入観が多い。「お金持ち」とか「運転が難しい」とか「維持費がかかる」とか。実際はどれも違うように思います。ただし、最新のポルシェは高いですけど。

僕が911を買おうと思い立って、いろんな資料を集めたり多くのWeb Siteや雑誌に眼を通したりするようになってからのイメージはずっと一貫していて、「エグゼクティブの車」でも「お金持ちの車」でもなくて、「クルマ好きの車」というイメージです。

|

« オイリー・ボーイ | トップページ | カート大会/バンド練習 »

」カテゴリの記事

コメント

「クルマ好きの車」というのは確かにイメージとしてありますね。
あと個人的には「花形満が乗るような車」(いや、多分花形満は違ってたと思うけど)、「ロマンスグレーに似合う車」「ブラックバード」・・・かな。
いずれにせよ、何らかの色眼鏡では見られる車であることは確かでしょう。

投稿: 鈴麻呂 | 2005年10月22日 (土) 23時48分

まあ、ひとに何言われようと、気にしなきゃいいんだけどね。でも、お金持ちのお坊ちゃんがデートに使うのには向いてないと思います。

投稿: akamatsu | 2005年10月23日 (日) 01時30分

akamatsuさん、

どうもです。リンク完了しましたのでご確認くださいませ。

僕がポルシェに乗っていて思うのは、「車が好きで好きで行き着いた」っていう感じの方が多いような気がします(特に911系)。国産スポーティカーからの移行組も多いですし。僕自身も「よっぽど好きなんだねー」って言われたことがあります。

投稿: ぷもぷも | 2005年10月24日 (月) 11時30分

ぷもぷもさん、リンクありがとうございます。
「車が好きで好きで行き着いた」、まさにその通りですね。クルマ好きのひとつの到達点でしょう。だって、見て楽し、弄って楽し、乗って楽し、ですから。

投稿: akamatsu | 2005年10月25日 (火) 01時05分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポルシェのイメージ:

« オイリー・ボーイ | トップページ | カート大会/バンド練習 »