« カート大会/バンド練習 | トップページ | マジシャインの自転車 »

2005年10月24日 (月)

「ニュースの天才」

stephen_glass 土曜日にDVDで「ニュースの天才」を観ましたので、その感想を。

94分という最近の映画としては短い時間の間にギュッと心理ドラマが詰まっていて、こういう映画は好きですね。ドンパチもないし、誰も死なないし、でもそれぞれの登場人物の心理を丁寧に描いています。

記事を捏造していた主人公に好意的であった編集部員たちの反応が一変する最後の展開はちょっと端折りすぎた感じもありますが、むしろ短い時間にまとめ上げたことで映画として締りがでたように思います。(実話の映画化ですので、いわゆるネタばれにはならないでしょう。)

事実を事実として問題が生じないように世の中に発表するということが如何に大変で責任のあることか。ジャーナリズムの世界に身を置く人たちにとっては当たり前のことかもしれませんが、ちょっとカルチャーショックを受けました。

ブログを書いていて、特にジャーナリズムとして世に出そうという気はなくとも、多くの人の目に触れる文章を書く上で身が引き締まる思いもしました。

「スター・ウォーズ エピソード3」でのアナキン役のヘイデン・クリステンセン主演。製作総指揮はトム・クルーズ。

|

« カート大会/バンド練習 | トップページ | マジシャインの自転車 »

本・映画」カテゴリの記事

コメント

最近、朝日新聞で捏造記事の話がありましたね。ま、あれはもっと情けない話ではありましたが。
僕は何となくヘイデン君の顔が嫌いで、おかげで「エピソード3」も観ておりません。

投稿: 鈴麻呂 | 2005年10月25日 (火) 22時31分

僕も「エピソード3」は観ていません。
ヘイデン君は「ニュースの天才」では小賢しい感じがよく出てて、演技はうまいんでしょうね。

投稿: akamatsu | 2005年10月26日 (水) 00時07分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ニュースの天才」:

« カート大会/バンド練習 | トップページ | マジシャインの自転車 »